2019年10月15日

スシロー・天理店@奈良県天理市中山町

スシローの天理店です。この日は、日曜日の11時台に訪れました。こちらの店舗は初めての利用ですが、私のよく利用するスシローと比較すると、とても混雑していたように思います。ただアプリの予約をして訪れましたので、すぐに座ることができました。

お店は51号線沿い、天理から桜井市に進む途中、柳本の付近にあります。郊外型のスシローの店舗で分かりやすく、お店の前に広い駐車場が完備されています。

店内は入ってすぐのところが広めの待合スペース。カウンター席、テーブル席が多くあり、お店の方の接客もトレーニングされたものでした。

この日は以下のものを注文。

〇鯖さば味噌まぜそば
期間限定メニューのようでしたので注文。二切れの厚切りのサバが乗っていて、味噌だれを使ったまぜそばとなっています。ゴマ、紫蘇がトッピングされています。

こちら食べ始めると、濃厚な味噌の味と同時に鯖の強い魚介の風味が口の中に広がります。この旨味がとても良く、サバの身も大きめのものが入っているのでお得感が強いです。麺もスシローさんの全粒粉入りの平打ち麺で食感も心地よいものでした。なかなかの一品だったと思います。

〇炙りさんまのデュクセルソース、のどぐろ炙り、とろ、かながしら天ぷらにぎり
炙りさんまは、揚げねぎと合えてブラウン系のデュクセルソースがかけられています。脂の乗ったさんまと濃い目のソース、揚げネギの相性が良く食が進む一品でした。この中で唯一の150円皿ののどぐろ炙りは、大きめのネタで脂の乗りもそこそこで満足度が高かったです。

とろは100円サービス品だったのですが、こちらも悪くなかったです。かながしらは、さっぱりとしつつカリッとした天ぷらに仕上がっていて、寿司というより単品で食べてみたかったです。

〇釜揚げしらす軍艦、かつおたたき身軍艦(生姜風味)、若鶏グリルステーキ
かつおたたき身軍艦は、生姜風味で味付けられており、さっぱりしつつも濃厚な旨味が堪能できます。しらす軍艦はたっぷりのしらすの満足度が高いです。若鶏グリルステーキは、大きめの若鶏が乗ってくるので食べ応えがありました。

こちらの店舗は初めて入りましたが、とても繁盛している店舗だなという印象。今回いただいた鯖のまぜそばも個性的な一品で良かったと思います。また通りがかった際には使いたいと思います。

↓鯖さば味噌まぜそば
191015-1.JPG

↓炙りさんまのデュクセルソース、のどぐろ炙り、とろ、かながしら天ぷらにぎり
191015-2.JPG

↓釜揚げしらす軍艦、かつおたたき身軍艦(生姜風味)、若鶏グリルステーキ
191015-3.JPG
posted by たぬき at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年10月13日

無添くら寿司・木津川店@京都府木津川市州見台

無添くら寿司の木津川店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。待ち客もおられましたがスマホアプリで予約していましたので、すぐに座ることができました。

お店は、木津川市の新興住宅街の州見台の中央通り、州見台から梅美台方面へ進むレーン沿いにあります。外観は、くら寿司の郊外店の基本的な造りで駐車場も完備されています。

店内は入ってすぐのところが待合スペースです。カウンター席、テーブル席が多く並びます。お店の方の接客も丁寧なものです。

この日は、ちょっと気になった点と言えば・・お昼時、満席の繁忙期になると注文できるメニューが限定されるんですね。よく行くスシローさんや、他のくら寿司の店舗では経験したことがなかったのですが、サイドメニューや変わり種のメニューが注文できない時間が続き不便でした。

そして以下のものを注文。

〇7種の魚介とんこつ醤油らーめん
スープは茶濁し、表面は多めの脂分が浮いています。チャーシュー、玉子、ネギがトッピングされてます(ネギは有無を選択できました)。また、おろしにんにくが付いてきます。

スープは魚介の風味がほんのりと聞いた、まろやかな味わい。豚骨のコクがしっかりしていて、醤油も柔らかい味わいでコクがあり飲みやすいです。にんにくを入れると、若干ジャンクな風味が増す感じです。

麺は平打ちの中太ストレート麺で食感も心地よく、チャーシューも味が濃い目に入っていて悪くない印象。意外なほど本格的でラーメン専門店に負けない味だと思います。

〇魚介ユッケ(ネギあり)、金華さば、ホタルイカ柚子醤油漬、あぶりベーコン
期間限定品を中心に注文。ホタルイカは具が小さくて少し残念でしたが、柚子醤油の濃い目の味が効いていて意外と良い印象。逆にあぶりベーコンは、炙りの美味しさもなく、ハムのような貧相な味に思えました。金華さばは厚切りで良く、魚介ユッケはお酒のつまみにしたい一品でした。

〇カラフトししゃも天
かりっと揚がったシシャモが5匹。衣の揚がり具合はパリッと、身も柔らかく満足のいく一品です。

〇肉厚〆トロさば、とろかれい、うに入り海鮮軍艦、うな玉
うに入り海鮮軍艦は、うによりもイカなどの方が多い感じですが、うにの風味も活きていてよい感じです。うな玉は濃い味わいでよく、とろかれいは比較的あっさりしていました。なにより、トロさばの具が本当に厚みがあり、お得なネタだなと思いました。

しばらくぶりに訪れた、くら寿司の木津川店ですが、最近スシローばかりに行っていたので、見慣れないメニューも多く楽しめました。混雑時は、商品の提供が遅くなるのは残念でしたが、全体的に美味しく楽しめたと思います。

↓7種の魚介とんこつ醤油らーめん
191013-1.JPG

↓魚介ユッケ(ネギあり)、金華さば、ホタルイカ柚子醤油漬、あぶりベーコン
191013-2.JPG

↓カラフトししゃも天
191013-3.JPG

↓肉厚〆トロさば、とろかれい、うに入り海鮮軍艦、うな玉
191013-4.JPG
posted by たぬき at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年10月11日

スシロー・精華町店@京都府相楽郡精華町大字柘榴小字権谷

スシローの精華町店です。ちょくちょくリピートしているお店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。日曜のお昼時は混雑していますが、アプリの予約ですぐに席に座ることができました。

お店は、国道163号線沿い。京都府の端っこに位置しています。京都というより生駒市、奈良市の方が近い位置です。お店の外観はスシローらしい郊外型店舗の見た目で、駐車場も完備されています。

店内は入ってすぐのところが待合スペースとなっています。テーブル席が多く並びます。お店の方の接客もトレーニングされた丁寧なものでした。

この日は以下のものを注文しました。

〇鯛の塩豚骨ラーメン
期間限定で出されていた一品。スープは白濁していて、鯛の切り身が1つとゴマペースト、ネギなどがトッピングされています。

スープはライト豚骨という感じですが、魚介の風味とゴマの風味が効いていて意外な旨味を感じます。麺はスシローさんの平打ち中太麺を使われていて、コシも良く心地よい食感。鯛の切り身も入っているので、意外とコスパにも優れたラーメンだと思います。

〇傑作鱧カツにぎり、えびのスパイシーエスニック揚げ
こちらは京都のブランカさんとのコラボで期間限定で出されている商品だったようです。鱧カツのほうは、カイワレとチーズ、厚切りの鱧カツが合わさり予想以上に食べ応えのある創作寿司という印象。スパイシーエスニック揚げは、複数のスパイスが使われていて、辛味はそれほどではないのですが、食べていて刺激が楽しい一品。お酒とともに食べたいものでした。

〇〆いわし、真いかソーメンたらこのせ、あなご天ぷら
真いかソーメンたらこのせは、紫蘇とたらこの味がアクセントとなっていて、良かったと思います。イワシの脂の乗りはそこそこ。あなご天は大ぶりで100円ではお得かなと思いました。

〇焼き赤にし貝、炙りサーモンバジルチーズ
焼き赤にし貝は食感がとても良いですし、炙りサーモンバジルチーズは脂の乗りも良く、バジルとの相性も良くて、最近の回転ずしでは鉄板メニューの一つだと思います。

スシローさんは、いろいろなメニューが期間限定で追加されるので、ついついリピートしてしまうお店です。また機会があれば再訪したいと思います。

↓鯛の塩豚骨ラーメン
191011-1.JPG

↓傑作鱧カツにぎり、えびのスパイシーエスニック揚げ
191011-2.JPG

↓〆いわし、真いかソーメンたらこのせ、あなご天ぷら
191011-3.JPG

↓焼き赤にし貝、炙りサーモンバジルチーズ
191011-4.JPG
posted by たぬき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年10月08日

らぁ〜めん京・河原町三条店@京都市中京区中島町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

らぁ〜めん京(みやこ)さんの河原町三条店です。京さんは、本店とイオンモール大和郡山のお店には訪れたことがあるのですが、こちらは初めてです。

この日は、土曜日の14時台の微妙な時間帯に訪れました。そのためか私以外は一組のお客さんしかおられませんでした。

お店は、河原町三条の交差点から少し東側、もともと「だるま屋」というラーメン屋さんが営業されていたところにオープンされています。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、店外から見渡せるオープンな造りとなっていて、テーブル席が並んでいます。厨房は二階にあるようで、そちらから料理はおりてきます。清潔な店内で、お店の方の接客も丁寧なものでした。

一つ気になったことは店頭でお店の宣伝動画が大画面で流されていて、麺をすする音が大音量で流れてます。なので、客いないのに、なんでこんなに「ずずず・・・!」と音がするのかな?とずっと気になりました。

メニューは、背脂醤油系の京らぁ〜めん、濃厚スープの特濃こってりが中心です。他に、神様の中華そば、昔ながらの中華そば、和、生野菜、味噌、白味噌、朱、辛味噌などバラエティーに富んだ品ぞろえがあります。期間限定の冷やし中華、冷たい中華そば、冷やし担々麺なども存在しました。それぞれサイズとトッピングで値段が変わります。

また麺と単品メニューを組み合わせたセットメニューも充実していました。

この日は、特濃こってりの、とろ旨ちゃあしゅうめん(並)1050円を注文しました。こちらは、特濃こってりに名物の蒸し煮込みチャーシューを乗せたものとのことです。

しばらくすると登場するラーメン。少し小ぶりの器に入ってきます。スープ表面は、背脂が浮き、トッピングは、とろ旨チャーシュー、チャーシュー、煮玉子、メンマ、ネギとなっています。

スープをいただくと、粘度の高いゼラチン質が強めに出ているのが特徴的。鶏の旨味、野菜の旨味がそこそこ活きていて、予想以上にニンニクが効いています。こってりということですが、味が濃厚なわけではなく、粘度が高いという感じで、こってりが苦手な方にも飲みやすいと思います。鶏の旨味もしっかりしています。

麺は、低加水の細麺ストレートを使用されています。しっかりとしたコシもありますし、噛んだ時のしっとりとした食感も心地よいものです。粘度のあるスープとの絡みも良いものだと思います。

チャーシューは二種類。とろ旨の方は、いわゆる角煮タイプで、味付けが濃厚で甘辛いばら肉です。ごろごろと多めに入っていて、意外と脂分は抜かれているので食べやすいです。厚さもたっぷりなので食べ応えがあります。普通のチャーシューは、ばら肉の薄切りタイプを使われていました。こちらも味付けが控えめなので、スープの味を邪魔せず食べやすいと思います。

ひさしぶりに入ったらぁ〜めん京さん。味のバランスも良いですし、メニューも豊富なので、使いやすいお店だと思います。また別のメニューも楽しみに再訪したいと思います。

↓特濃こってり・とろ旨ちゃあしゅうめん(並)
191008-1.JPG

↓チャーシュー
191008-2.JPG

↓麺とスープ
191008-3.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2019年10月06日

おいでやす泉@京都市東山区東山区二町目

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京阪三条駅近くにありますラーメン店「おいでやす泉」さんです。この日は、ふらふら歩いていて、偶然見つけたので入りました。土曜日のお昼時を過ぎた微妙な時間帯でした。

お店は、三条駅の東側、花見小路通りに入ったすぐのところにあります。こじんまりとした見た目の店舗で、白色の暖簾が目印となります。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内はカウンターのみの、こじんまりとしたスペースとなっています。微妙な時間帯に訪れたからかお客さんは他におられず、男性店員さん二人が座って談笑されていました。お店の方の接客は庶民的で素朴な印象です。

メニューは、らーめんが、特製醤油、柚子香る塩、鶏白湯、鶏豚骨。まぜそばは準備中となっていましたが、鰹香る花見そば、台湾まぜそば。素らーめんが、鶏ガラ醤油、鶏ガラ塩となっています。それぞれトッピング、麺の大盛りなどで値段が変わるようになっています。素らーめんがあるのは、場所柄、飲んだ後のお客さんのためかもしれません。

単品は、ごはん類、餃子、鶏天、鶏唐揚げ、おつまみ類などがあり、それらと麺類を組み合わせたセットメニューも存在しました。またニンニク、辛子ニンニクなどが無料サービスとなっています。

この日は、店舗外に、一押しとして鶏白湯と書かれていたので、鶏白湯らーめん800円+チャーシュートッピング+200円でお願いしました。

しばらくすると登場するラーメンは、白濁した鶏白湯スープは今風に泡立てられて登場します。チャーシュー、青ネギ、ネギ、糸唐辛子、メンマがトッピングされています。

スープをいただくと、鶏の旨味がしっかりと出ている、クリーミーかつ、やや濃厚な味わい。とてもまろやかで高レベルな鶏スープだと思います。

麺は低加水の細麺ストレートを使われています。何かが練りこまれているような面で、食感も心地よいものでした。スープが濃厚なだけに、麺との絡みはとても良いものです。

チャーシューは、薄切りのバラ肉で、炙りが少し入っています。鉢一面に載せられているだけでなく二層になるくらいの分量が入っていてボリューム満点。さらに脂分が多めで、とてもジューシーです。味付けもスープを邪魔しないような薄味なのが良いかなと思いました。

初めていただいた、おいでやす泉さんの鶏白湯らーめん。しっかりとした本格派鶏白湯スープで、チャーシューもなかなかのもの。とてもバランスの良い一杯だったと思います。いろいろな味があるようなので、また機会があれば再訪してみたいと思います。

↓鶏白湯らーめん+チャーシュートッピング
191006-1.JPG

↓チャーシュー
191006-2.JPG

↓麺とスープ
191006-3.JPG

↓お店の外観です。
191006-4.JPG
posted by たぬき at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2019年10月04日

しみじみ・祇園店@京都市東山区清本町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

祇園にある札幌のラーメン店「しみじみ」さんです。この日は別のお店に行こうと思っていたら休みだったので、ふらふら歩いていたら、偶然こちらのお店の前に出たので入ってみました。

お店は花見小路通りから少しだけ入ったところにあります。周りの雰囲気に馴染んだ飲み屋さんのような外観。最初は昼間なのでやってないんだろうなと思って近づいたら白い暖簾がかかってました。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、バーのような落ち着いた雰囲気。カウンター席のみのこじんまりとした造りです。お店は男性店員さん一人で切り盛りしておられ、客は私一人でした。

メニューは、一番人気のこっさり、あっさり、さっぽろらーめんの3種となっており、それぞれ味噌、醤油、塩から選べます。トッピング等で値段が変わるようになっています。他にセットメニューや単品メニューも存在しました。

この日は、こっさりの特製らーめん1350円を注文。特製は、普通のラーメンにチャーシュー、煮玉子、岩ノリ、九条ネギ、しじみなどを増量したようなメニューのようです。

しばらくすると登場するラーメンは、やや濁った色合いのスープ。チャーシュー、しじみ、煮玉子、岩ノリ、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、札幌の味噌ラーメンを想像すると、味噌の味は控えめで優しい風味。しかしながら、しじみの出汁が出ていて旨味たっぷりです。ほんのり後味に甘みを感じるような柔らかなスープは、飲んだ後や二日酔いの日でもいただけそうでした。

麺は中細の多加水ちぢれ麺を使用されています。茹で具合は普通くらいでスープとの絡みもまずまずです。また岩ノリが絡まると味に変化が出て楽しいものでした。

チャーシューは薄切りのものが4枚。脂分は少な目で味付けも優し目。スープの味と調和しています。煮玉子も強すぎない味付けがかえって好印象が残るものでした。

はじめていただいた「しみじみ」さんのラーメン。少々値が張るのですが、優しい味わいのスープは、アルコールで疲れた体にもとても良さそうな一杯でした。落ち着いた雰囲気で、ゆったりとラーメンをいただくことができるお店です。

↓こっさり・特製らーめん
191004-1.JPG

↓チャーシュー
191004-2.JPG

↓麺とスープ
191004-3.JPG

↓お店の外観です。
191004-4.JPG
posted by たぬき at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2019年10月02日

らーめんまがり@京都府木津川市川原田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

木津川市の老舗のたこ焼き、お好み焼きのお店「きづいち」さんの店舗を文字通り間借りされて営業されている「らーめんまがり」さんです。この日は久しぶりに土曜日のお昼時に訪れました。

以前は「らーめんまがり」としては、お昼のみ営業のようでしたが、今は夜もされているようでした。

お店は、国道24号線沿い、木津駅に近いところにあります。外観は、きづいちさんなので、お好み焼き屋さんぽく見えるのですが、ラーメンの大きな垂れ幕をかけておられるので目印になります。お店の前に数台ですが車は停められるようになっています。

店内は、カウンター席、座敷、テーブル席が並びます。鉄板焼きのお店なので、テーブルには鉄板があります。お店の方の接客は庶民的な雰囲気です。

ラーメンメニューは、貝塩ラーメン、担々麺の二本立て。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。その他、単品がいくつかある他、きづいちとのコラボメニューも存在します。

この日は、担々麺のメニューの中から極みとろみ担々麺1080円の炙りチャーシュー3枚トッピング+240円をお願いしました。極みは通常の担々麺と比べても濃度が高く、胡麻が4.5倍加えられているなど特徴があるようです。

しばらくすると登場する担々麺。平たい器で提供されます。トッピングは別のお皿で提供されます。白濁したスープにたっぷりの黒ゴマが加えられ、チャーシューのほか、肉味噌、水菜、レタスがトッピングされています。そこに自分で追加のチャーシューを加えます。

スープをいただくと、最初に驚くことは、平たい器で、さらにスープの量が少なめなので、レンゲですくおうとしても、少量しか取れないことです。ただ味自体は、豆乳を使用されているというクリーミーな風味に、胡麻、肉味噌の味が合わさり、とても旨味たっぷりです。辛味油のようなものも浮いていて、スパイスも効いています。

それと肉味噌が特徴的で、ナッツ等も使われているのでしょうか。独特のコクを加えてくれるのも印象的でした。

麺は、細麺ストレートを使用されています。そこそこコシのある食感が心地よいもの。それと少量のスープですが、濃い目なので麺との絡みがとても良いです。極みは「スープを食べる」感覚と書かれていましたが、まさしく、そのような印象で濃厚なスープを楽しむ一品という印象です。

また炙りの入ったチャーシューも脂分が多すぎず食べやすく、味付けは濃い目で、濃厚なスープにも負けない一品だったと思います。

初めていただいた「まがり」さんの極みとろみ担々麺。本当にスープを食べるような印象で、濃厚でクリーミーなスープを堪能でいる一品だったと思います。また普通のバージョンの担々麺も試してみたいなと思います。

↓極みとろみ担々麺
191002-1.JPG

↓炙りチャーシュー(別皿での提供時)
191002-2.JPG

↓炙りチャーシュー
191002-3.JPG

↓麺とスープ
191002-4.JPG

↓お店の外観です。
191002-5.JPG
posted by たぬき at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2019年09月30日

神来・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都のラーメン店「神来」さんのイオンモール高の原店です。この日は久々に日曜日のお昼時に訪れました。11時台前半でしたので、お客さんはまだ少なく、すぐに着席することができました。

お店はイオンモールの2Fレストラン街の中にあります。駐車場も完備されています。

店内は、外観よりも広く感じられ、カウンター席、テーブル席が並び、そこそこの人数が入れそうです。お店の方の接客も、程よい元気さがあり好感が持てるものでした。

メニューは、背脂醤油系のラーメン、チャーシューメン、特製炙りチャーシューメンを中心に、トッピングやサイズで値段が変わるようになっています。他に昭和の中華そば、夏季限定の涼麺があります。

単品は唐揚げ、餃子、キムチ、ごはんものなどがあり、それらとラーメンを組み合わせたランチメニューもあります。紅ショウガ、辛子ニンニクなどがトッピング無料となっています。

この日は、涼麺(並)830円と餃子330円を注文。涼麺はゴマだれ、醤油ダレの選択が可能でしたので、ゴマでお願いしました。最初にお茶が提供されますが、涼しげな器だったのが好感持てました。

続いてガラスの器に入った涼麺、餃子の順番に提供されます。涼麺は、白濁したゴマだれの上に麺が盛られ、チャーシュー、きくらげ、ねぎ、カイワレ、錦糸卵、トマト、それと揚げた餃子の皮などがトッピングされています。また器に辛子が添えられています。

特徴的なのはゴマだれで、ゴマの風味はそこそこ聞いていてまろやかですが、とても酸味が強めです。酸味の強さが逆に涼しい感覚を増すようで良かったと思います。

麺は、細麺ストレートを使用されています。そこそこのコシのある麺で、たっぷりの具との絡みはとても良いもの。また揚げた餃子の皮が丁度良い食感のアクセントとなっていました。チャーシューも多めに刻まれて入っていて、満足度は高かったです。

餃子は、関西の餃子のスタンダードという感じのパリ皮のものでしたが、具がみっちりと入っている感じで好感が持てる一品でした。ラーメン店の餃子としては、とてもレベルの高い一品だと思います。

神来さんの涼麺、初めていただきましたが、暑い時期にも食べやすい味わいで、とても良かったと思います。こちらのお店はショッピングついでにも使いやすいので、また機会があれば再訪したいと思います。

↓涼麺(並・ゴマ)
190930-1.JPG

↓麺と具のアップ
190930-2.JPG

↓餃子
190930-3.JPG
posted by たぬき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2019年09月26日

天下一品・アルプラザ城陽店@京都府城陽市富野荒見田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

アルプラザ城陽のフードコートにあります「天下一品」です。この日は仕事後20時くらいに訪れました。こちらのお店は二回目の訪問だと思います。

お店はアルプラザ城陽の1Fフードコートの中にあります。それほど広いわけではないのですが、清潔感のあるフードコートです。平日の20時台ですと人はまばらで10人くらい。他にドーナッツ店、麺類・カツのお店、スイーツ店などありましたが、全員が天一を食べていたような・・天一おそるべし。

天一は、フードコートながら年季の入った感じのベテラン職人さんが調理されていて、アルバイトらしいスタッフ2人が接客をされていました。

メニューは、こってり・あっさり・屋台の味(こっさり)から選択できる基本のラーメンを中心に、トッピングやサイズで値段が変わるようになっています。単品もいくつかあり、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在しました。

この日は旨辛中華そば(こってり)のチャーシュー麺945円をお願いしました。トッピング類は、受け取る場所に置いてありますので自分で好みの量を取ります。にら、辛子味噌などが自由に取れます。

しばらくするとラーメンが提供されるので受け取ります。いつもながらの濃厚そうなこってりスープ表面には、唐辛子が振りかけられていて、チャーシュー、メンマ、ネギがトッピングされています。

スープはこってりが濃厚すぎて、そんなに辛くないんだろうな・・と思っていましたが、そこそこピリ辛の風味に仕上がっています。唐辛子だけでなく、ゴマも使われていて香りも豊か。鶏ガラ野菜をとことん煮込んだ旨味たっぷりのスープに後味が引き締まる旨辛さ。意外と、この組み合わせありだなと思いました。

麺は多加水の中細ストレート麺を使用されています。柔らかめの茹で具合で個人的には好み。こってりスープとの絡みも良いものでした。

チャーシューは、大判の薄切り赤身肉のものが多く使われています。薄い味付けでこってりスープと絡めていただくと、その旨味を堪能できます。またメンマが多めに入っているのもうれしいところでした。

久しぶりに訪れた、こちらの天一。フードコートですが味もしっかりしていますし、なによりお手軽に天一の味を楽しめるのが良いと思います。またこちらのアルプラザに来た際には使いたいと思います。

↓旨辛中華そば(こってり)チャーシュー麺
190926-1.JPG

↓チャーシュー
190926-2.JPG

↓麺とスープ
190926-3.JPG
posted by たぬき at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2019年09月24日

ベーカリーレストランサンマルク・奈良学園前店@奈良県生駒市上町

ベーカリーレストラン「サンマルク」さんの奈良学園前店です。何度となくリピートしているお店です。この日は、日曜日の11時台に訪れました。ほぼ満席で、5分ほど待つことになりました。

お店は、学研北生駒駅のすぐ近くにあります。サンマルクらしい落ち着いた外観で、分かりやすいと思います。お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、入ってすぐのところが、パンやグッズなどの物販スペースとなっています。店内は、広々としていて、ゆったりとしたテーブル席が並んでいます。とても落ち着ける雰囲気だと思います。接客も丁寧で好印象です。

メニューは、単品かコースにパン食べ放題もしくは、ライスを付けるようなシステムで、1000〜4000円くらいの価格帯となっています。

この日は、優待はがきのランチの女王コース1290円で、格安のランチコースをいただくことにしました。メインやデザートの選択で値段が変わるようになっています。メインを「白身魚のグリル 白いんげん豆とトマトソース」+200円にして、そのほかは、基本のままでお願いしました。

料理が運ばれる間は、焼き立てパンを持ってきてくださいますので楽しみます。サンマルク系列の格安店のバケットなどで、よくいただきますが、やはりサンマルクに行くと、焼き立てパンの種類も焼き立て加減も素晴らしく美味しいものです。

この日は、フレンチトースト(シナモン)、レモンデニッシュ、オニオンロール、ガーリッククロワッサン、バケット、レモンクーヘン、オニオンスティック、ごまスティック、チャパタなどをいただきました。

それぞれ焼き立てで食感が素晴らしいのですが、シンプルなバケットなどが特に美味しく感じました。

料理は、スープ、ドリンク、サラダ、メイン、デザートが付いてきます。メインの白身魚のグリル 白いんげん豆とトマトソースは、白身魚のさっぱりとした味わいと、ムース上のポトテソースの相性がとても良いもの。インゲン豆、トマトソースや、添えられている玉ねぎも相性が良くて、とても食べやすい一品でした。

サンマルクさんは、お手軽な価格帯で、優良な料理と焼き立てパンを楽しめる良いお店だと思います。また気が向いた際には再訪したいと思います。

↓白身魚のグリル 白いんげん豆とトマトソース
190924-1.JPG

↓ごぼうスープ
190924-2.JPG

↓本日のサラダ
190924-3.JPG

↓自家製ブランマンジェ
190924-4.JPG

↓パン食べ放題
190924-5.JPG

190924-6.JPG

190924-7.JPG

190924-8.JPG

190924-9.JPG

190924-10.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ