2017年12月17日

麺家いろは・京都駅ビル店@京都市下京区東塩小路町

おすすめ度:★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都駅のラーメンテーマパーク「京都拉麺小路」内にあります富山ブラックのラーメン店「麺家いろは」さんです。

お店は京都拉麺小路のエレベーターの逆側の奥の方にあります。お店の前にあります食券機で先に購入するシステムです。

メニューは、富山ブラック(黒醤油らーめん)を中心に、鶏白湯、激辛タンタン麺、富山白エビらーめんが存在します。それぞれサイズやトッピングで値段が変わります。また餃子やご飯類が存在し、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューもありました。

この日は、以前食べた王様のチャーシューメンのようなメニューが無くなっているなと思い、それ以外で気になった富山白エビ味玉らーめん900円のチャーシュートッピング+300円をお願いしました。

こちらのお店、驚くほど早くラーメンが提供されます。ラーメンは、澄んだ色合いの塩スープにチャーシュー、白エビ、味玉、海苔、メンマ、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、なるほど白エビの風味が活きています。その甘みがスープに溶け出し、あっさりと飲みやすい味わいです。ただ甘み以外のコクが少なく、単調なようにも思いました。

麺は細めのストレート麺を使用されています。食感がとても心地よいタイプのものでした。

チャーシューは、味付は薄めでスープを邪魔しないようになっています。薄切りですが、柔らかく脂身も強すぎず食べやすいものでした。量も多めだと思います。味玉もしっかりと味付けられたものが丸々一個入っていて、食べ応えがありました。

こちらの白エビらーめん。麺もチャーシューも味玉も、そこそこ美味しいのですが、肝心のスープが、どうも甘さだけの単調な味のように思えて全体の調和がとれていないように感じてしまいました。もうちょっと何かあれば、とても美味しくなりそうな一杯だと思います。メニューは変化があるようですので、今後に期待のラーメンだと思います。

↓富山白エビ味玉らーめん+チャーシュートッピング
171217-1.JPG

↓チャーシュー
171217-2.JPG

↓麺とスープ
171217-3.JPG
posted by たぬき at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年12月15日

来来亭・奈良女子大前店@奈良市法蓮町(2)

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

来来亭の奈良女子大前店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、やすらぎの道沿い、鴻ノ池運動公園から近鉄奈良方面へ向かう途中にあります。お店の外観は、来来亭の基本の黄色い看板が目立つもの。駐車場も完備されています。

店内も来来亭の基本パターンと同じくカウンター席と座敷があります。こちらのお店は、接客が、程よい元気さと丁寧さがあって、とても好印象です。

メニューは、来来亭の基本の背脂醤油系の醤油ラーメン、味噌、赤味噌、キムチ、こってり、塩、名物の葱ラーメン、旨辛麺などが存在します。単品メニューも豊富で、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも充実しています。

この日は、メニューを見ていて、キムチは他の店舗では、ただのトッピングとして扱われているのみなのにキムチラーメンとして単独メニューとして書かれているなと。このお店はキムチ推し?と思い、キムチこってりのチャーシューメンを注文しました。麺の固さ、背脂の量など好みはすべて普通でお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン、提供されるときに「こってりチャーシュー、キムチトッピング!」と言われます。メニューでは「キムチラーメン」として単独メニューで扱われていますが、他の店で呼ばれる読み方と同じ扱いなんですね。

スープは白濁しており、そこにきめ細やかに背脂が浮いています。トッピングはチャーシュー、キムチ、メンマ、ネギとなっています。

キムチを混ぜる前にスープをいただくと、濃いめのまったりとした旨みの活きた味わい。こってりラーメンは、鶏ガラだけでなく豚骨も使われているそうで、コクがあり、わずかに入っている一味が後味を引き締めてくれます。

そしてキムチを混ぜるとみるみるスープが赤色に。その辛さと酸味は強いものかなと思いましたが、こってりスープのまろやかさと合わさり、辛すぎず酸味も強すぎず癖になるようなピリ辛感を楽しむことができます。

麺は細めのストレート麺を使用されています。しっとりとした食感、背脂もよく絡みますし、チャーシューと合わせていただくのにも適しています。

チャーシューは予想以上にたっぷりと入っています。赤身、脂身のバランスも良く、柔らかく食べ応え抜群でした。

来来亭のキムチこってりスープ。これからの寒い季節に最適な、身体が温まる旨みたっぷりの拉麺だと思います。

↓キムチこってり・チャーシューメン
171215-1.JPG

↓チャーシュー
171215-2.JPG

↓麺とスープ
171215-3.JPG
posted by たぬき at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2017年12月13日

パンランド@奈良市朱雀

奈良市朱雀の昔からあるパン屋さん「パンランド」さんです。以前、近くに住んでいた時期があり、ずいぶん前に使ったことがあるのですが、この日は休日に久しぶりに訪れました。

お店は、木津から平城宮跡方面へ続く歌姫街道沿いにあります。朱雀にはこの通りに2軒パン屋さんがあり、どちらも店構えが似ています。お店の横に車1台ほど置けるスペースがあります。

店内は、とてもこじんまりとしていて、種類も数も、すごく多いということはありません。昔ながらの素朴なパン屋さんと言う印象で、お店の方の接客も親しみの持てるものです。

この日は以下のものを購入しました。

〇カツサンド
名前はカツサンドですが、カツサンドと玉子サンドのセットです。カツサンドはトンカツが1枚たっぷり。ソースとキャベツのシンプルな味付けです。玉子サンドは、玉子たっぷりにトマト、キュウリ、キャベツと、どちらもシンプルなもの。シンプルですが、こちらのトーストがしっとり優しい食感なので素朴ながらも素直に美味しくいただける一品だと思います。

〇カレーパン
昔ながらの古風な揚げカレーパン。カレーの味付けは甘口な感じで万人受けするタイプだと思います。このカレーパンも生地の食感が優しいものです。

〇チーズフランス
フランスパンとしては、優しめの食感。中に濃いめの味のチーズが入っています。こちらもシンプルながら飽きの来ない一品です。

こちらのパン屋さんは、今風でもなく、素朴なものが揃っています。ただ基本のパン生地が優しい食感なので、個人的にはとても食べやすく飽きの来ないパンだと思います。毎朝食べたい、そんな安心できるパンです。

↓カツサンド
171213-1.JPG

↓カレーパン、チーズフランス
171213-2.JPG
posted by たぬき at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年12月10日

奈良マラソン2017

毎年出場している奈良マラソンに本年度も出場。今年は練習の感触から、昨年と同じかそれ以上のタイムは出るだろうなと予想はしていたのですが、直前に腰を痛めていたこともあり、心配しながらの出場。当日の気温は曇り予報で最高気温は11〜12度くらいでしたので半袖で出場しました。

スタートから、出来るだけ自分の感覚で軽く(しんどくなく)行けるペースの一番早いかなと思えるところで走ることに。最初の1kmと、10kmの部に出場される皆さんと交差する奈良公園付近はタイムが落ちましたが、基本4分40〜50秒台/kmで、ずっと進めることが出来ました。

途中、奈良公園付近の坂も、15qから始まる登りも意外とキロ5分までは落ちずに進めることが出来ました。天理の折り返しも過ぎて最大の難関の復路の坂へ。坂道の最初の地点に有森裕子さんが元気をくださっていました。

ここからの強烈な坂。脚の疲れもあるかなと思ってましたが、意外とラップタイムを計っていると4分50秒台くらいで進めています。結局35kmの坂が来るまでは基本キロ5分よりかは早くずっと走れていたように思います。

35kmの坂を過ぎるとさすがに徐々に脚の重みが出てきて、キロ5分+数秒かかるようになりましたが、それでもゴールするまで、そのままのペースで進むことが出来ました。最終的には3時間20分台後半でのゴール。奈良マラソンの難コースでのタイムなので、自信になりますし、次の2月の大会につなげていきたいと思います。

ひとまずは、ゆっくりと身体を休めようと思います。

↓フィニッシャータオルと完走メダル
171210-3.JPG

171210-4.JPG

↓今年の参加賞Tシャツ
171210-1.JPG

171210-2.JPG
posted by たぬき at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2017年12月07日

シャンティ・押熊店@奈良市中山町(3)

押熊のインドカレーのお店「シャンティ」さんです。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、押熊のミドリ電化などがある通りを南下したところに有ります。こぎれいな外観のカフェ、ダイニングという雰囲気です。お店の裏側に駐車場は完備されていますが、少し狭い感じで停めにくく感じることもあります。

店内は、天井も高く解放感のある造りとなっています。テーブル席が多く並び、多くのお客さんが入れそうです。お店の方の接客も丁寧なものだと思います。

休日のホリデーランチは大きく2種類。シャンティランチ1680円と、カリーズランチ1290円です。どちらもカリー1種もしくはハーフサイズで2種選び、他にナン4種類(おかわり自由)、グリーンサラダ、ターメリックライス、ドリンクが付いています。シャンティランチの方はタンドリーチキンもしくは、日替わりの炭火焼。カリーズランチの方はサプジが付いてきます。

この日はカリーズランチを注文。カリーは6種から選べましたので、いんげん豆入りキーマカリー、インド風チーズのほうれん草カリー。ドリンクはマンゴーラッシーをお願いしました。

この日の4種のナンは、プレーン、ほうれん草、ガーリック、セサミとなっていました。それぞれ焼きたてで出てきます。この日感じたのは、いつもよりガーリックナンのガーリック量が多くて強いニンニク風味が出ていたことでしょうか。こちらはプレーンのナンでも、そのまま食べても美味しい気がします。

この日のカレー。いんげん豆キーマは、挽肉がかなり多めに入ったドロ系で、さらに意外とスパイシー。いんげん豆が良いアクセントとなっています。あっさり系のほうれん草ナンや、プレーンナンと相性が良く感じました。

ほうれん草カレーもドロッとした系統ですが、比較的味付けはマイルド。入っているチーズがさらにマイルドな味に変えてくれます。こちらは個性的なガーリック、セサミのナンと合いますね。

またこの日のサプジは、キノコの炒め煮のようなものでしたが、酸味と独特のスパイスが効いていて、お酒などとも合いそうなものでした。

こちらのお店、雰囲気も接客も良いですし、ナンが4種類食べ放題なのもうれしいところ。カレーの味付けも良く落ち着ける店舗なので、たまについつい使ってしまうお店です。

↓カリーズランチ(いんげん豆入りキーマカリー、インド風チーズのほうれん草カリー)
171207-1.JPG

↓4種のナン(プレーン、ほうれん草、ガーリック、セサミ)
171207-2.JPG
posted by たぬき at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年12月05日

阪急ベーカリー・高の原店@奈良市右京

阪急ベーカリーの高の原店です。この日は平日の仕事帰りにパンの購入のために訪れました。

お店は近鉄高の原駅前のサンタウンすずらん館(スーパー近商が入っている建物)の中にあります。すずらん館の中にはベーカリーショップがもう一つ(ヌーベルマリー)がある他、ミスドも営業されています。阪急ベーカリーさんは1Fの専門店が並ぶエリアにあります。

お店は、とても小さなもので、ミニベーカリーショップともいうような造りです。ただ種類は豊富に置かれています。価格は全品108円。お得なのは夕方18時ごろの時間帯で、パン5個で432円(税込)のタイムセールをされておられます。

この日は、ちょうとタイムセールスの時間帯でしたので、以下のものを購入しました。

〇チキンカツバーガー
ふんわりとしたパンにささみカツが挟まれて、ソースで味付けされたシンプルなもの。カツですがさっぱりとしていて食べやすいです。

〇焼カレーパン
阪急名物というカレーパン。柔らかめの生地の中にドロっとした濃厚なルーが入っています。具は少ないのですが、100円なら十分な美味しさだと思います。

〇カマンベール&レッドチェダー
白いやや食感の強めの生地に、二種のチーズが使われています。ただチーズの量は少なく、単調な味のようにも思います。大きめでボリュームあります。

〇もちもちピザ(たっぷりキノコ)
ふんわりとした生地の上にグラタン風のトッピングがされています。具もキノコと刻み海苔でシンプルにいただけます。

〇ジャーマンポテトブール
ライ麦パンを使われていて、中にポテトが多めに使われています。ベーコンは少な目かな。今回食べた中では、具のボリューム感が良く一番満足できたかなという一品でした。

全体的にとてもシンプルなつくりのパンが多かったと思います。価格がとても安いので味もそれなりにという感じですが、安くで気軽にいただけるのは良いところだと思います。

↓チキンカツバーガー
171205-1.JPG

↓カマンベール&レッドチェダー、焼カレーパン
171205-2.JPG

↓もちもちピザ(たっぷりキノコ)、ジャーマンポテトブール
171205-3.JPG
posted by たぬき at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年12月03日

CALDA Dining+Cafe@京都府木津川市木津八色

木津川市の24号線沿い八色に新しく出来ました「CALDA Dining+Cafe」さんです。この日は平日のランチタイムに訪れました。平日にもかかわらず店内は、ほぼ満席でした。

お店は、24号線沿いの京都から奈良方面へ向かうレーン沿いにあります。以前「旬菜にぎわい市場」として営業されていた建物でされています。黒の木目調の落ち着いた外観の店舗で、お店の前に駐車場が完備されています。

店内は広々とした空間。以前の「旬菜にぎわい市場」の頃と基本のレイアウトは変わらず、テーブル席が多く並びます。天井が高いので解放感があり、店内は明るく清潔感があります。お店の方の接客も丁寧なものでした。

こちら8:00〜10:30はモーニング、11:00〜15:00はランチ、14:00〜18:00はカフェタイムとして営業されていて、それぞれメニューが変わるようです。

モーニングは、580円で胚芽パントースト、サラダ、ゆでたまご、フルーツ、ドリンク付き。オプションで値段が変わります。

ランチは、胚芽パントースト、スープ付きで、1280〜1780円のメニューがいくつか。パスタ、オムレツもしくは、肉料理(牛、豚、鶏のグリル)とサラダのセットなどのメニューが並びます。

カフェタイムは、料理はパスタ類、その他、ケーキやドリンクメニュー中心となっているようです。

この日は、ランチセットの中から、一番高かった牛グリルステーキ1780円を注文。それとアイスコーヒー+200円をお願いしました。

登場した料理は彩り豊かで、野菜たっぷりのサラダとポテトサラダに、自家製の胡麻ドレッシング。胚芽パントースト、鉄板焼きに牛グリルステーキと焼野菜、カボチャのスープが付いています。

この中で、特にサラダはシャキシャキの新鮮なサラダで、自家製の胡麻ドレッシングも胡麻を強調しすぎず食べやすいものです。カシューナッツなどを加えられており、味も単調ではありません。カボチャのスープも濃厚で素材の美味しさを堪能できるものです。鉄板焼きの焼野菜も含めて野菜のおいしいお店だなと思いました。

牛ステーキは、脂身が少な目の部分を使われていて、おろし醤油ソースでいただきます。厚切りで、しっかりとした噛みごたえのお肉で食べ応えがあります。

また胚芽パントーストも焼きたての食感と、香りの良さが食を進めてくれます。塩で味付けされたオリーブオイルでいただくと、さらに旨みが口の中で広がるようでした。

こちらのお店の料理は、新鮮な野菜の美味しさを堪能できるものだったと思います。店内も開放的で落ち着いており、ゆったりと出来るお店。末永く続いてほしいなと思います。

↓牛グリルステーキ
171203-1.JPG

↓アイスコーヒー
171203-2.JPG

↓お店の外観です。
171203-3.JPG
posted by たぬき at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年12月02日

ソライロベーカリー@奈良市左京

奈良市左京のベーカリーショップ「ソライロベーカリー」さんです。この日は、祝日のお昼時を過ぎた時間帯に訪れました。

お店は左京の平城1号緑地の向かい側にある複合店舗の中に入っておられます。こちらスーパーやら、いろいろ入っては閉店になって定着しない気がします。このベーカリーショップのところは、以前は、パールデューというスイーツのお店が入っていました。

店内は、とてもこじんまりとしたスペース。パン作りも接客も個人でされているのかな?ただ、それほど数は多くないのですが複数の種類のパンがありました。ベーグルと、甘い系の菓子パンのようなものが多かったように思います。接客も丁寧なものでした。

この日は、以下のものを購入しました。

〇オレンジピールとアーモンドくるみのベーグル
もちもちふんわり食感が心地よいベーグルは全粒粉入り。クルミとアーモンドの食感やナッツらしい苦みと、柑橘系の爽やかな甘酸っぱさのバランスがとても良いものでした。

〇クランベリーとクリームチーズ
ハード系のパン生地は、とても豊かな風味と香りが漂います。食感も硬すぎずとても良い感じ。まろやかな味わいのチーズとクランベリーが調和しています。

〇バジルとソーセージのクロワッサン
ふわふわ食感の良いクロワッサンに小さめのソーセージが入っていて、バジルやチーズがアクセント程度に使われています。軽い感じで食べられそうな一品です。

こちらのお店、こじんまりとしていますが一工夫あるパンが多い印象です。ベーグルや、ハード系のパン、果物などを用いたパンが多かったように思いますので、その系統が好みの方には受けると思います。

↓オレンジピールとアーモンドくるみのベーグル
171202-1.JPG

↓クランベリーとクリームチーズ
171202-2.JPG

↓バジルとソーセージのクロワッサン
171202-3.JPG
posted by たぬき at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年11月30日

本家第一旭・寺田店@京都府城陽市寺田垣内後

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

本家 第一旭の寺田店です。この日は日曜日の開店直後に訪れました。こちらのお店は10時半に開店されます。

お店は、69号線を城陽市役所から少し北上したところに有ります。黄色い第一旭のテント看板がよく目立ちます。お店の前に数台置ける駐車場と、裏にあるパチンコ屋さんにも駐車可能です。

店内は、カウンター席、テーブル席が並ぶ昔ながらのラーメン店という雰囲気。昔から変わらない職人さんが調理され、女性スタッフが接客されます。対応も庶民的で非常に居心地の良い空間です。

ラーメンメニューは、基本の特製ラーメン、厚切りバラ肉入りのデラックス、甘辛く味付けした厚切りバラ肉入りのターローラーメン、味噌ラーメン、キムチラーメンとなっています。その他、単品メニューもいくつか存在し、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、特製ラーメン(並)680円と、単品の焼肉ターロー420円を注文。

早くに焼肉が出されます。こちらは醤油ダレで味付けされたバラ肉とメンマ、もやし、ネギがこんもりと盛られています。ラーメンに入るターローと比べると薄切りですが、ジューシーで濃厚な味わいのバラ肉は、お酒のあてにとても良いものだと思います。

そして特製ラーメンの登場。やや濁った色合いの醤油スープの表面には薄く脂が浮いています。豚肉、ネギ、メンマのシンプルなトッピングです。

スープをいただくと、濃厚で強めの醤油スープに豚のコクがズドーンとした迫力をもってベースを支えています。脂分も多めで、他の第一旭と比べると野性味の強い迫力系スープだと思います。

麺は、低加水ストレート麺を使用されています。しっとりとした食感で、親しみやすい麺。スープの旨みを口に運んでくれます。

チャーシューは、脂身が少な目のものが多めに入っています。普段は肉多めばかり注文しているので、それと比較するとさすがに少ないのですが、一般的なチャーシューメンくらいの分量がたっぷりと入っています。味付けは控えめですが、量も多く、迫力系スープの中で満足できる量をいただくことができます。

第一旭の寺田店は、第一旭の中でも迫力を前面に出したスープで、個人的には満足度が高いお店です。これからも末永く、この味を続けてほしいなと思います。

↓特製ラーメン(並)
171130-1.JPG

↓チャーシュー
171130-2.JPG

↓麺とスープ
171130-3.JPG

↓焼肉
171130-4.JPG
posted by たぬき at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年11月28日

ラーメン大中・BAL横店@京都市中京区河原町通り蛸薬師一筋上ル東入北車屋町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン大中のBAL横店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、店名通り京都BALの横に存在します。赤や白の提灯や、桃山御陵前の本店でおなじみの青い暖簾が目立つので分かりやすいと思います。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内に入ると、細長い作りで、手前にカウンター席が並びます。奥に少しテーブル席があるようでした。お店は店長さんと女性スタッフさんで切り盛りされていて、接客はとても丁寧なものでした。

メニューは、大中ラーメン、特濃ラーメンの二つのスープがメインでロース肉、バラ肉、バラロースミックスで選択できます。その他にトッピングや大盛りなどで値段が変わるようになっています。また単品メニューもいくつか存在します。

大中さん、10年以上前に近鉄で通勤していたので、たまに使っていたのですが、当時とメニューが変わっているんですね。特濃なんてなかったなぁ・・と、思わず特濃バラロース肉ラーメン760円+肉増し250円を注文。

最初にお茶が登場。プーアル茶ですね。あっさりしていて良い感じがします。

そしてラーメンの登場。見るからにドロドロ系のスープ、そこにバラとロース肉のチャーシューがたっぷり。メンマ、ネギ、もやしがトッピングされています。また辛味を効かせた特製マー油を好みでと渡されます。

スープをいただくと、なんだこれは?と思うほどのドロドロ系。大中さんの基本の豚骨ではなく、鶏なのかな?スープと言うより完全なポタージュ、しかも汁っ気なしという感じのドロドロ感があります。しかも脂っぽさはなく、意外と飲みやすい。そんなドロドロスープです。

途中で、特製マー油を投入すると、その香りの良さが旨みを増してくれます。

麺は、中細の低加水ストレート麺を使用されています。とても馴染みのあるしっとり食感。京都らしい麺だと思います。

チャーシューは二種類。ロースはしっかりと醤油ダレが入っていて豚本来の味をしっかり楽しめます。バラ肉の方は脂身がそこそこ、ジューシーです。どちらも薄切りで柔らかく麺と絡めるのにも良い感じです。

大中さんの特濃ラーメンは、本当にドロドロ系のスープで、京都の天一にも勝るドロドロ系です。こってりが好みの方は一度試してみるのもありかなと思えるスープだと思います。

↓特濃バラロース肉ラーメン+肉増し
171128-1.JPG

↓チャーシュー
171128-2.JPG

↓麺とスープ
171128-3.JPG

↓お店の外観です。
posted by たぬき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都