2009年09月30日

マラソン9月度練習&今後の予定

9月になり、気温も下がったためか体が切れている感じでスピードに乗った走りが出来つつあります。

今月は、前半の週末に42km走(フルマラソン走)を2回走り、その後、週末に30km走2回。

週末には長い距離を走り、平日は2日は休み、2日は10kmほどをスピード走する。それを繰り返すサイクルで、練習することが出来ました。

そして連休も長かったためか、過去最高の月間420kmを走りこむことが出来ました♪5月からの30km以上走は、通算15回。だいぶ20kmを過ぎてからのペースが落ち方が少なくなってきました。

10月からは、いよいよマラソンシーズン突入です!気合入れて、自己新記録に挑戦します。

今後の予定は、以下の予定です。

10月18日 淡路国生みマラソン (ハーフ)
11月22日 神戸全日本女子ハーフマラソン (ハーフ)
12月6日 奈良春日・大仏マラソン (10km)
12月23日 加古川マラソン (フル)
2月7日 木津川マラソン(フル)

それと9月27日に23km走を走り、これまでロングランの練習で使っていたGEL-KAYANO13とお別れすることにしました(;_;)おそらく2000km以上は走りこんだシューズ。もうボロボロで、靴底の磨り減り方も半端じゃありません。

昨年、怪我に苦しんでいた際にも常に私の足を守ってくれた、このシューズに感謝します。次のロングラン用はGEL-KAYANO14です。これから長い付き合いになりますが、よろしくお願いします。

↓走りに走りまくった結果、磨り減ったシューズです。今までありがとうございました。
090930-1.JPG

↓新しいシューズ。これから、よろしくお願いします。
090930-2.JPG
posted by たぬき at 21:05| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン練習

2009年09月29日

チキンタツタ

何年かぶりに復活したチキンタツタ。昔、マクドのお気に入りメニューでしたが、いつの間にか消えちゃって・・てことで、復活を待ちに待っていました♪

食べてみると、あぁ!こんな食感だったなぁと思いつつ、思っていたよりもずいぶんあっさり。若い頃に、こんなあっさり味が好きだったのかな?と思いました。でも本当に昔の味が再現されてるんでしょうね。

独特のふわふわなパンズと醤油味のあっさり風味のタツタ、キャベツがたっぷりなのも良かったです♪また期間限定復活の間に食べようと思います。

↓ふわふわパンズ。チキンタツタ。
090929-1.JPG

↓こんな箱に入っていました。
090929-2.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2009年09月28日

第一旭・直営亀岡店@京都府亀岡市篠町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

個人的に大好きで、たまにたまらなく食べたくなる「第一旭」。直営系の4店舗の中で、この亀岡のお店だけ入ったことが無くて、ずっと行きたいと思っていました。

しかし直営亀岡店という“直営”は、昔から付いてたのでしょうか?昔は、普通に亀岡店と言ったような。。直営と付けた方が客入りは良いのでしょうか。

店に入ると、店員の気持ちよい掛け声と、第一旭っぽくないきれいな店内に驚き(笑)店員の受け答えもハキハキしていて、非常に好印象です。

メニューは、直営系の店舗の中では、南インター店と同じく味噌系のラーメンなどもあるのですが、いつもどおり普通の特製醤油+肉増しを注文♪

さて、いつもの特製ラーメンが出てきました♪寺田店たかばし店に比べると肉増しにしては、ボリュームが少ない気もします。それとモヤシの量が多めですね。

スープを飲むと、昔からの京都代表の豚骨醤油味♪他の第一旭の店舗と比較すると、やや脂分控えめな感じでしょうか。味わい深いわりに、あっさりしています。注文の際に、脂分の多さを聞かれるので、こってり食べたい方は、脂多目で注文した方がいいかもしれません。

そしてチャーシューは、見た目ボリューム少な目に見えましたが、第一旭をなめてました・・・と思わず言ってしまいそうなくらい、鉢の中からゴロゴロとチャーシューが出てきます。脂身、赤身のバランスが良い数種類の肉が混ざっていて、非常に食べ応えがあります。

麺もいつもの柔らかめのストレート。この麺とこのスープが好きなんですよね♪

幼い頃から慣れ親しみ何度も食べている第一旭の味♪これからも食べ続けたいと思うラーメンでした。

↓澄んだ色の醤油スープにチャーシュー、モヤシ、ネギたっぷり。
090928-1.JPG

↓チャーシュー盛りだくさん。
090928-2.JPG

↓内装も外装もきれいな活気のある店舗でした。
090928-3.JPG
posted by たぬき at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2009年09月27日

白毫寺@奈良市白毫寺町(2)

萩の季節と言う事で、萩の名所「白毫寺」に行きました。

昨年、怪我の時期に足の筋力低下防止のため、奈良駅からウォーキングで訪れたこのお寺。この日は車で行きました。お寺の駐車場は無いのですが、お寺の前に個人の方がされている駐車場がありました。

肝心の萩は・・・ほぼ枯れ気味。ただ境内を巡るとフヨウや鶏頭の花がきれいに咲いていました。

境内からは奈良市内が見渡せ、心地よい場所です。宝蔵におられる閻魔様たちに、走れることへの感謝を伝え帰宅しました。

昨年の訪問記録

↓参道の両脇の萩は、枯れ気味。満開だと美しそうです。
090927-1.JPG

↓宝蔵の横に咲く鶏頭。
090927-2.JPG
090927-3.JPG
posted by たぬき at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良

アグリパーク竜王@滋賀県蒲生郡竜王町

9月5日に訪れた「アグリパーク竜王」。滋賀県にある農業公園のひとつです。

園内は地元農産品の販売が行われているほか、池ではスワンボートで楽しむことが出来たり、パターゴルフが楽しめたり、動物ふれあい広場があったりもします。また味覚狩りも楽しめます。秋の時期は、ぶどう狩り、なし狩り、芋ほりなどが楽しめるそうです。

また近江牛を使ったバーベキューもすることが出来ます♪このバーベキュー1人3000円で、かなりの量を食べることが出来て大満足。地元産のあわび茸は、コリコリとした食感で美味しいです♪

この日、偶然にもヤギの出産があったそうで、生まれたて数時間後のヤギの赤ちゃんを見ることが出来ました。普通のテーマパークでは、なかなかこのようなところは公開されないのでしょうが、のどかな田舎のテーマパークだからでしょうか。貴重な体験でした。

↓パターゴルフをされてる方は少なかったです。のんびりムード。
090926-1.JPG

↓出産後のヤギさん。
090926-2.JPG

↓餌に群がる羊さん。
090926-3.JPG

↓近江牛バーベキュー2人前。食べ応え十分♪
090926-4.JPG
090926-5.JPG
posted by たぬき at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2009年09月26日

新宿めんや風花@京都市下京区三軒町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都ではめずらしい塩ラーメンのお店「風花」さん。京都の街中にありアクセスも良いです。烏丸四条から歩いて5分くらい、仏光寺のすぐ近所にお店はあります。

店舗は内装、外装ともにきれいです。ただ個人的には、店内に入ると「携帯電話は店外で使用すること」とか「小学生以下来店拒否」だとか・・その他にも注意書きの張り紙が多く、あまり良い気はしませんでした。

まぁ、それはともかくスタンダードな塩ラーメンのほか、帆立塩、野菜塩、ウニ塩、カニ塩、ちかららーめん(餅いり?)などのメニューがありました。とりあえずスタンダードな塩ラーメンのチャーシューメンを注文。

出てきたラーメンは、澄んだ色のスープですが、若干茶色がかっています。トッピングは大きなロールバラ肉チャーシュー3枚と白ネギ、ノリ、ワカメなど。ほんのり魚介の薫りがただよいます。

スープを飲むと、一般的な塩ラーメンの概念を覆されるような、やさしいのに濃厚な味がします。魚介の味と表面に浮かぶ脂の旨みが効いています♪この脂は牛の脂だそうです。試行錯誤の上、この脂の後味を採用されたんでしょうね。

麺は中太ちぢれ麺。モチモチとした食感が心地よく、スープの味がよく染みている感じです。

チャーシューは、塩ラーメンにあわせて、脂分を落とした感じのバラ肉。とても柔らかく、お箸でさわるだけでホロホロと崩れるような感じです。醤油で薄めに味付けされています。分厚くかなりの食べ応え。

おそらくこのチャーシューの味付けに使われている醤油だと思うのですが、それがスープに溶け込んでいて、塩スープの色、味ともに少し邪魔しているような気がしました。

トッピングの海藻類やネギも、魚介の味、塩の味と合わさり、あっさりとしながらも良い味わいを出していました。

京都では、あまり見ない塩ラーメン。海の薫りがするラーメンで、とても完成度が高かったです。次、訪れる際は、スープの味がストレートに楽しめそうなスタンダードな塩ラーメンにしようと思います。

↓塩なのに濃厚な深みのある味わいのラーメンでした。
090925-1.JPG

↓分厚く食べ応えたっぷりの柔らかチャーシュー。
090925-2.JPG

↓太目の縮れ麺。
090925-3.JPG

↓お店の外観です。
090925-4.JPG
posted by たぬき at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2009年09月24日

穂谷コスモス園@大阪府枚方市穂谷

毎年、数回訪れる枚方市穂谷にあるコスモス園。9月23日から一般公開とのことで、初日に行ってみました。

さすがに時期が早いからか、まだコスモスは咲き始め。

ここのコスモス園は、10本100円で自由にコスモスを摘むことができます。また遅咲きのヒマワリも植えられており、そちらは3本100円です。ヒマワリは摘み取り不可の園もあります。

昨年度の訪問記録

↓まだ一分咲きくらい?数箇所の畑にコスモスが植えられています。
090924-1.JPG

↓あまり咲いていませんでしたが、コスモスの花々。
090924-2.JPG
090924-3.JPG
090924-4.JPG

↓ヒマワリも少しだけ咲いていました。
090924-5.JPG
posted by たぬき at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2009年09月23日

穴生寺@京都府亀岡市

西国三十三所のひとつ「穴生寺」。この日は結縁御開帳の日とあって参拝客も多くおられました。

このお寺の札所本尊の聖観音様は、昭和に入って盗難被害にあっているそうです。今は、変わりの本尊様がおられるのかどうか、よく分かりませんでしたが、御開帳はお前立ち像でした。

本堂の内陣は、特別に入ることが出来、布団の中で静かに横たわる釈迦涅槃像などを間近で拝見、撫でることができました。

本堂の裏手には、静かな庭園もあり、背後にある多宝塔を望む景色が、たいへん美しいものでした。

↓本堂です。
090923-4.JPG

↓庭園から望む多宝塔
090923-5.JPG

↓お寺の駐車場のまわりには、コスモスが五分咲きくらい。きれいに咲いていました。
090923-6.JPG
090923-7.JPG

↓御朱印です。
090923-8.JPG
posted by たぬき at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

中華そば たく味@京都市左京区田中関田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

出町柳から徒歩5分くらい。チャーシューメンが有名な「たく味」さん。2000年前後にラーメン屋めぐりを始めた頃に、ここのチャーシューメンにはまり、数回訪れたことがあります。その頃以来、ひさびさに訪れました。

メニューは、豚骨醤油系の「たく味ラーメン」と、あっさり醤油の「中華そば」、それぞれのチャーシューメンなどから選択できます。またおにぎりがカウンターに置いてあり、80円(たしか)で、食べることが出来ます。この日は迷わず思い出の「たく味チャーシューメン」を注文。

商品を出されたときから、「あっ!これこれ!」と興奮気味。ラーメン鉢から、あふれんばかりのチャーシュー♪そして、ネギたっぷり。大迫力です。これで850円は、安い!

スープは、トロミを感じる豚骨醤油味。濃い目の味付けで、醤油の味が強めに出ていますが、動物系のダシも効いていてマイルド。ネギが多すぎて、ネギの味に邪魔される感じもするので、スープの味を素直に味わいたい方は、ネギ少な目で注文した方がいいかもしれません。

そして、麺は・・・味わおうとしてもチャーシューの厚い壁に阻まれる感じで、なかなか到達できません(笑)チャーシューは鉢の外側だけでなく中からもゴロゴロ出てきます。

チャーシューを押し分けて出てくる麺は、細麺ストレート。重めのスープともよく絡みますが、チャーシューが多いので、肉と一緒に食べる感じです。

そのメイン?のチャーシューは、やや薄めで濃い目の味付けです。一生懸命食べても、麺を食べた後にも残るくらいのボリューム。チャーシュー好きには、たまりません。

チャーシューが少し、冷た目なので、ややスープがぬるくなっちゃうのが少し残念な感じがします。しかし、この迫力あるラーメンを、しばらくぶりにお腹一杯、食べることが出来て満足なのでした♪

↓名物「たく味チャーシューメン」
090923-1.JPG

↓たっぷりのチャーシュー。濃い目の味付けです。
090923-2.JPG

↓カウンターのみのお店ですが、外装、内装ともにきれいです。
090923-3.JPG
posted by たぬき at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

酬恩庵(一休寺)@京都府京田辺市

一休さんの愛称で有名な一休宗純が、再興し、晩年をすごしたことで有名な「酬恩庵(一休寺)」です。

それほど広くないお寺でしたが、方丈庭園という禅院の枯山水庭園があり、落ち着いた雰囲気があります。方丈の中には一休宗純の坐像があります。アニメの一休さんとは、まったく違う雰囲気の像ですが、この像には髪の毛を植えた跡が残っているそうです。おそらく遺髪を植えたのであろうと考えられているそうです。

以前、京田辺の観音寺のお寺の方に、観音寺が奈良文化の最北端、酬恩庵が京都文化の最南端と聞かされました。そのとおり、このお寺は禅の文化が反映された、比較的新しい雰囲気がただよっていました。

境内は、もみじが多く植えられ、紅葉の時期は、とても美しそうです。先週に訪れたのですが、すでに紅がかっている木も見られました。

↓総門
090922-1.JPG

↓総門を抜けると、もみじが植えられています。
090922-2.JPG

↓方丈庭園
090922-3.JPG

↓本堂は改修中?でしたが、本尊の釈迦三尊像は拝むことが出来ました。
090922-4.JPG

↓御朱印です。
090922-5.JPG
posted by たぬき at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2009年09月22日

和歌山県植物公園緑花センター@和歌山県岩出市

コスモスを見に行こうとネットで検索してみましたが、まだ季節も若干早めで、もちろん満開のところなど無く・・(^-^; かろうじて五分〜七分咲きのスポットが見つかるくらい。そのため、五分咲き〜七分咲きのスポットのひとつ「和歌山県植物公園緑花センター」を選択して見に行きました♪

聞いた事のない施設だったので、マイナーなスポットなのかな?と思っていましたが、到着すると車が満車に近く驚き。しかしセンター内は広く、それほど人の多さを感じませんでした。何より入場料が260円なのがうれしかったです♪

園内は広く、花のエリアとアスレチックなどが設置された子供たちが遊べそうな大広場がありました。親子連れの方は、ほとんど大広場におられました。花は、あじさいや梅、つばき、スイセン、蓮などがメインのようです。

今の時期は、入ってすぐにあるパノラマ花壇に植えられているコスモスがとても美しかったです。数は少なかったですが、七分咲きくらいでした。

その他に、サルビア、マリーゴールド、鶏頭などが見ごろでした♪温室もあり、熱帯植物やサボテンなども観賞できて楽しいスポットでした。

↓コスモスは五分〜七分咲き
090921-1.JPG

↓色とりどりのサルビア。
090921-2.JPG
090921-3.JPG

↓鶏頭。
090921-4.JPG

↓唐辛子もありました♪
090921-5.JPG

↓ランタナさん♪
090921-6.JPG

↓温室内にあった多肉植物。
090921-7.JPG
posted by たぬき at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2009年09月20日

まりお流@奈良市尼辻町(5)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

尼辻の「まりお流」さん。9月上旬に訪れた時の記録です。この日は無性にコッテリ系が食べたくなって訪問(^-^;

この日は平日だったこともあり、創作メニューは出てませんでしたが、平日限定のつけ麺などがメニューにありました。個人的には、まりおさんは、やはり豚骨が美味しく感じて、創作メニューは当たりはずれが大きい気がします。

この日は気分的にこってり豚骨系で!と決めていたので、まりお流さんの定番メニューのひとつ「濃厚とん塩」のチャーシューメンを注文。

出てきたラーメンは、見るからに濃厚で重そうな豚骨ラーメン。いつもどおり、ごろごろと厚切りのバラ肉チャーシューが浮かんでいます。

スープは、マイルドでトロトロ。ここのラーメン、たまにくどすぎることがあるんですけど、この日のスープは丁度良いこってり感。

そして、麺がやはり良い感じ♪濃厚豚骨としっかり合う柔らかめの中太麺。このスープと一体化する食感は、長年の研究の結果なんでしょうね。

押熊のお店で、店長が新しい自家製麺を作ったから食べてくれと頼まれたことを思い出します♪今の麺は、自家製麺ではなく、特注だそうです。

チャーシューは、いつもどおりボリューム感があり、味付け、歯ごたえ、ジューシーさとも上々♪昔は、2種類のチャーシューが乗っていたりしましたが、最近はこの厚切りバラ肉で統一されているような気がします。

まりお流さんのメニューは、いっぱいありますが、スタンダードな豚骨メニューが美味しい気がします♪

過去の訪問記録
1回目
2回目
3回目
4回目

↓濃厚とん塩ラーメン。マイルドな濃厚スープが良い感じ。
090920-1.JPG

↓ゴロゴロ入っている厚切りチャーシュー。お腹いっぱいです♪
090920-2.JPG
posted by たぬき at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

シルバーウィーク初日

磐田3-0京都(ヤマハスタジアム)

大渋滞を乗り越えて〜。磐田まで車で片道、約5時間。高速1000円の影響からか、昨年と違いアウェイゴール裏は満席に近かったです。

試合内容は・・・・・・

さて、いくつかアウェイスタジアムを巡っていますが、私は、このヤマハスタジアムが好きです。

練習場に強引に観戦スタンドを取り付けたような、ある意味チープな感じのするスタジアム。それゆえにピッチとの距離が近すぎて、見る側としては、とても楽しいです。神戸ウイングや豊田スタジアムのような豪華な設備はありませんが、このスタジアムの雰囲気は、私は好きですね♪

帰宅も渋滞で約5時間。お疲れ様でした。

↓ゴール裏最後列にいましたが、この距離感。
090919-1.JPG

↓メインスタジアムからピッチも近そうです。
090919-2.JPG
posted by たぬき at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2009年09月18日

淡路産大粒いちごの発泡酒(世嬉の一酒造)

しばらくぶりのビールネタです。ブログでは9月最初くらいまでビールネタを書いていましたが、8月途中からハードトレーニングのため禁酒していました。連休中は、解禁予定だったため、本日30kmトレーニング後にひさびさの一杯♪

淡路に行った際に購入した「淡路産大粒いちごの発泡酒」です。ラベルには「Awaji Ichio Ale」と書かれています。ただし製造会社は実は、岩手県の地ビールメーカー「世嬉の一酒造」。この会社は、依頼により多くの地方の地ビールを製造しているようです。

販売元は、淡路ハイウェイオアシスを経営する「ユーアールエー株式会社」。ここがひとつの看板商品?として、製造依頼しているんでしょうね。

しかし甘いイチゴと苦いビールは、だいぶ相反するような・・どんな感じかな?と注ぐと・・

色合いがイチゴ(笑)赤身がかったビールです。しかも注いでいる途中からイチゴの甘酸っぱい薫りがぷんぷん漂います。

飲むと、イチゴの甘さがほんのりと程よい感じで効いています。苦味は、ほとんどなくあっさり飲みやすい感じです。ビールというより、一種のカクテルのような味わいで、女性にも飲みやすいアルコールだと思いました。

↓色も香りも独特の甘酸っぱさ。フルーティーな味わいです。
090918-1.JPG
posted by たぬき at 23:08| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2009年09月16日

知恩寺@京都市左京区田中門前町

百万遍の名前で知られる「知恩寺」です。京都で百万遍というと地名のような感覚ですが、当たり前のように本当の意味は、百万回念仏を唱えることだそうです。

後醍醐天皇の時代、知恩寺の第八世空圓上人が、悪疫退散のため、七日七晩百万回念仏を唱え続け、その祈願の護符をひろく人々に与えたそうです。その効力で悪疫が取り払われ、このお寺に「百万遍」の名前が与えられたそうです。

またその際に後醍醐天皇から、大念珠が下賜されたそうで、本堂無いには、大きな念珠が輪のようにかけられていました。

このお寺、何度か前を通ったことがあるのですが、入ったのは初めてです。休日でしたが、京都市内にあるのに、観光地として著名でないためか、客は私ひとり。

大念珠に囲まれ、本堂の仏様達と静かに向き合うことが出来ました。いつもどおり、怪我の回復と走れることへの感謝をし、静かなひとときを過ごしました。

↓京大の向かい側にある門です。
090916-1.JPG

↓本堂です。堂内には大きな数珠がかけられていました。
090916-2.JPG

↓御朱印です。
090916-3.JPG
posted by たぬき at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2009年09月15日

萬福寺@京都府宇治市五ヶ庄

宇治市にある「萬福寺」。日曜日に訪れましたが、宇治市の中心から離れているためか、観光客もまばら。

日本の仏教の中では比較的新しい、江戸時代になってから開宗した、黄檗宗の大本山だそうです。中国から渡来した高僧「隠元禅師」により開かれたお寺とのことです。

この「隠元禅師」は中国では著名な僧侶だったそうです。当時、鎖国していた日本でしたが、長崎には中国「明」から渡来した僧による寺院があり、そこに中国の著名な僧侶を招聘しようとしていたそうです。

その際にまず「隠元禅師」の弟子が日本に渡ろうとしたが、航海途中で遭難し、帰らぬ人となったため、隠元禅師が弟子の意思を継いで、来日したそうです。

このお寺、そのためか日本の寺院とは違う独特の中国的な建築、仏像がならびます。また毎日のお経なども中国明時代の発音で読まれるそうです。

↓中国風の総門。
090915-1.JPG

↓天王殿。本堂の前にこのようなお堂がある配置は中国独特だそうです。この中に布袋様がおられます。
090915-2.JPG

↓中国式の布袋様。四隅には四天王、背後には韋駄天様がおられました。韋駄天様は童顔のやさしいお顔でした。
090915-3.JPG

↓本道にあたる「大雄宝殿」。
090915-4.JPG

↓開板。叩いて食事の時間を知らせたりするものらしく、現在の木魚の原型と言われているそうです。
090915-5.JPG

↓帰り道。塔頭の「聖林院」には、みみづく地蔵尊がおられました。以前、新聞に載っていたので気になっていました♪
090915-6.JPG

↓御朱印です。
090915-7.JPG
posted by たぬき at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2009年09月13日

麺屋 新座@京都市左京区一乗寺

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

一乗寺駅から歩いてすぐ東大路通り沿いにあるお店「新座」さん。Wスープはよく有りますが、ここは魚介、鶏がら豚骨、野菜、昆布などの数種類の合わせダシからのスープとのことで、一度行ってみたかったお店です。

メニューは数種類のスープがあったと思います。こってりとか元味とか・・この日は、看板メニューの「新座らーめん」のチャーシュー増しを選択。

出てきたラーメンは、大き目の背脂が浮いた背脂醤油系です。白ネギ、青ネギが美しくトッピングされ、さらに分厚めのチャーシュー、ノリ、玉子トッピング。美味しそうです。

合わせスープということで、どんな味かな?と思っていましたが、魚介や野菜の味は控えめで、醤油の旨みがストレートに効いています。ただ、微妙に柑橘系だとおもうのですが、甘酸っぱい味も効いていて、それが逆に醤油の旨みを邪魔するような・・私には、苦手な味でした。背脂もしつこくなく、意外とあっさり飲めるスープだと思います。

麺は細めのストレート麺。食感がよく、醤油の旨みと合わさり、するすると食べることが出来ます♪

チャーシューは、箸で触るとすぐに崩れそうなくらい柔らかく煮込まれたバラ肉です。非常に薄い味付けで、スープとしっかり絡めると良い味わいになります。白ネギのシャキシャキ感、玉子などのトッピングもバランスが良かったです。

スープが個人的には複雑な味がしすぎて苦手でしたが、全体的にはバランスがよく、特にチャーシューの柔らかさが目立つラーメンでした♪

↓背脂醤油系のラーメンでした。
090913-1.JPG

↓少し炙られた感じのチャーシュー。
090913-2.JPG

↓お店の外観です。
090913-3.JPG
posted by たぬき at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2009年09月12日

河合神社@京都市左京区

賀茂御祖神社(下鴨神社)」の摂社にあたる「河合神社」です。

鴨長明ゆかりの神社だそうで、境内に鴨長明が住んでいたとされる庵「方丈」があります。この中で書いた随筆が「方丈記」だそうです。

「方丈」は、その名のとおり一丈(約3m)四方の広さの庵で、組み立て式だそうです。いわゆる移動式の住居で、気の向くまま居を構えたのでしょうか。これは、下鴨神社が年式遷宮により21年毎に本殿が造り替えられることにヒントを得たと言われているそうです。

↓門と境内の様子。肝心の方丈の写真は撮り忘れていました(^-^;
090912-1.JPG
090912-2.JPG

↓御朱印です。
090912-3.JPG
posted by たぬき at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2009年09月10日

いづも庵@淡路市志筑

淡路の津名にあるうどん屋さん「いづも庵」です。淡路島うどんを名乗っておられます。こだわりは、大阪のモチモチ感と讃岐のコシだそうです。

ここの名物商品は「玉ねぎつけ麺 華」という、揚げた玉ねぎが一個まるまるダシに入ったつけ麺です。「走る男」を見ていた方は、森脇健児が淡路の回で食べていたので覚えているかもしれませんね。ということで、その商品を注文。

またサイドメニューにおでんがありましたが、勝手に取ってくるセルフサービスでした。食べた後に何個食べましたか?と聞かれたのですが、そんなのでいいのでしょうか?(^-^;

「玉ねぎつけ麺」は、本当に大きな揚げ玉ねぎがつけ汁に付いてきます。それをナイフを用いて細かく砕いてうどんをつけて食べます。

玉ねぎは、とても甘みが濃縮されていて絶品でした。揚げてあるので、カリカリした食感も心地よかったです。うどんは、地理的に讃岐に近いものかな?と思っていましたが、どちらかというと大阪のうどんです。

食べてみると、あっさりしていますが玉ねぎのボリュームが大で、けっこうお腹が膨れました。意外とがっつり食べたい人にも向いているメニューかもしれません。

↓玉ねぎつけ麺 華
090910-1.JPG

↓ナイフで玉ねぎを砕いて、うどんと一緒にいただきます♪
090910-2.JPG

↓おでんもなかなかの味です。
090910-3.JPG

↓お店の外観です。
090910-4.JPG
posted by たぬき at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2009年09月09日

眞っくう@京都府八幡市戸津

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

八幡市の国道1号線沿いにある新しいお店「眞っくう」です。以前、「らーめん千石」でしたが、閉店後、このお店がオープンしたようです。まだ開店してから半年くらいだそうです。

お店の雰囲気は、ラーメンレストラン風で、ファミリーにも入りやすい雰囲気。ただ、新しいお店にしては、少し店内が雑な感じがするのと、若干ですが雰囲気が暗いような感じがしました。

このお店のコンセプトとしては、ラーメンだけでなく手作りの天心が楽しめるお店とのことです。ラーメンは塩ラーメンがメインで、他に醤油やつけ麺がありました。サイドメニューは、小籠包が人気のようです。

とりあえず、この日は塩ラーメン(チャーシュー増し)をオーダー。どうもチャーシュー増しは、メニューに無かったようなのですが、店員さんが250円プラスで作りますと言ってくださいました(^-^;

出てきた塩ラーメンは、透明なスープに魚粉が浮かび、魚介の香りがただよいます。トッピングには水菜、タケノコ、生麩などで和風です。チャーシューは、鶏肉を使っています。(醤油ラーメンは鶏ではないようです。)

このスープ、魚介味がしっかりと出ていて、ほのかに海老の味わいもします。塩の旨みもしっかりしていて、あっさりながらコクのある深いスープです。

麺は、細麺ストレート。そうめんのような細さですが、コシが強いです。あっさりスープと合っています。

鶏肉も塩系で味付けされています。柔らかいのですが、歯ごたえも良く、かむたびに鶏の旨みがにじみ出てくる感じで、飽きません。

その他のトッピングのタケノコ、水菜、生麩は珍しいですね。すべての具が、あっさり味を引き立てていて、和風テイストをかもし出しています。

全体として、もう少しトッピングの味付けが、良い意味でのインパクトがあればなぁと思いましたが、あっさり和風塩味のラーメンはとても完成度が高いものでした。

注文を付けるとすれば、お店の雰囲気がもう少し明るければ・・ もっと客入りも良くなりそうなお店だな、、と。。ラーメンが美味しかっただけに残念な部分でもありました。

↓和風な塩ラーメン
090909-1.JPG

↓鶏チャーシューは独特な旨みがありました。
090909-2.JPG

↓餃子はイマイチでした。。
090909-3.JPG

↓お店の外観です。
090909-4.JPG
posted by たぬき at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都