2009年11月10日

三井寺(園城寺)@滋賀県大津市園城寺町(2)

滋賀県大津市の「三井寺」です。この日は、西国三十三所14番札所の観音堂の本尊である如意輪観音様が公開されていたので、訪れました。

思えば2007年ごろから、寺社好きの友人に付き合って巡りだしたのが寺社めぐりの最初のきっかけです。滋賀に住んでいた時期もある私ですが、寺社に特に興味が無かったこともあり、三井寺はただ通り過ぎるだけの場所でした。その寺社好きの友人にいろいろと説明してもらいながら三井寺を参拝した日のことをすごく思い出します。

それが縁となったのか、2008年オーバートレーニングで大怪我をし、怪我の回復のためウォーキングがてら寺院を巡り始めるようになり、今に至っています。

おそらく今後何度となく、このお寺を訪れることになると思いますが、いろいろと仏像の見方、お堂の説明などを友人に説明してもらった日のことを何度も思い出すことでしょう。

さて、この日公開されていた如意輪観音様。事前に滋賀県の仏像を紹介した書籍に写真が載っていたのですが、秘仏なのとあまりにも保存状態が美しいので、その写真はお前立ちかな?と思っていました。

ところが、公開されていた観音様は、その美しい像そのものでした。平安時代から秘仏とされてきたからなのでしょうか。お顔のあたりは、本当にきれいな色合いが残っていました。

表情、手先の動きまで非常に柔らかで、何か包まれるような感覚に陥る仏様なのでした。

三井寺(1)

↓壮大な金堂です。
091110-1.JPG

↓こちらは西国三十三所の札所の観音堂。
091110-2.JPG

↓三井寺からの大津市街地の眺めです。
091110-3.JPG

↓西国三十三所の御朱印です。
091110-4.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@滋賀