2009年12月13日

青蓮院@京都市東山区粟田口(2)

10月に国宝の青不動のご開帳で参拝した「青蓮院門跡」。その後、すぐにライトアップに行く機会がありました。

この日、まだ紅葉の時期よりかは早い時期でしたが、秋の京都の観光シーズンでもあり、国宝のご開帳と重なってライトアップ開始時刻は長蛇の列。200〜300人待ちと言ったところでしょうか。しかし、開門すると10分ほどで入ることが出来たと記憶しています。

しかし、ここのライトアップは、はじめて来ましたが独特ですね。青いLEDを用いており、斬新と言うか、、、青蓮院、青不動の“青”とかけているのでしょうか。お寺と言うよりもプラネタリウムにいるかのような独特な雰囲気でした。

ちなみに、この青蓮院のライトアップは明日(12/14)までだそうです。国宝の公開は、12/20まで行われています。

過去の参拝記録
青蓮院(1)

すべて暗くてよく分からない写真ですが・・
↓夜のライトアップを待つ行列です。
091213-1.JPG

↓お寺のお堂から見る庭園。地面が蛍?土ボタル?のように青く光っています。
091213-2.JPG

↓こちらは普通の色の灯りのライトアップ。
091213-3.JPG

↓まだモミジが緑色の時期です。
091213-4.JPG

↓庭から本堂を見ると、お堂の下が青く光っています。
091213-5.JPG
posted by たぬき at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都