2010年01月12日

天龍@京都市北区紫野上鳥田町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

屋台から始まったというお店「天龍」さん。ずっと行きたいと思いつつ機会が無かったのですが、陸上用品を買いに北区に行く用事があったので立ち寄りました。

お店は掘川今宮から堀川通り沿いを南下するとあるのですが、歩道橋に隠れ、やや分かりにくいところにあります。老舗店ということで、店構えは歴史を感じさせます。

メニューは、天龍ラーメン(醤油)、中国ラーメン(豚骨醤油)、博多ラーメン(豚骨)が中心です。豚骨の博多は分かるけど、なぜ豚骨醤油が中国?と思います。この日は、普通の天龍ラーメン(醤油)のチャーシューメンを注文しました。

出てきたラーメンは、鉢一杯にチャーシューが乗る醤油ラーメン。スープがやや黄色く濁っています。

スープは、豚骨、鶏ガラのダシが強く効いていて、濃厚な醤油ダレと合わさりインパクトのある旨みがあります。スープはトロミを感じるくらいやや濃い味です。京都らしい醤油味で、しっかりしています。

麺は京都に多いタイプの中太ストレート。柔らかめに茹でられていて、力のあるスープをよく絡める感じです。

チャーシューはやや厚めに切られています。昔ながらの焼豚という感じなのですが、厚めの肉は歯ごたえもよくしっかりと味付けられていて、噛むたびに肉の旨みが口に広がります。

京都ラーメンらしい力強い醤油味をいただくことができました。何十年も続けられている老舗店のすごさを感じる味わいでした。

↓やや黄色く濁った醤油ラーメン。
100112-1.JPG

↓しっかりした味わいのチャーシューでした。
100112-2.JPG

↓お店の外観です。
100112-3.JPG
posted by たぬき at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都