2010年02月28日

城南宮@京都市伏見区(2)

昨年訪れた梅の名所の中でも、もっとも強烈なインパクトのあった「城南宮」。今年もそろそろ見頃ということで、おとずれました♪

神苑で開催されている「しだれ梅と椿まつり」。しだれ梅は今年も満開で、白とピンクのコントラストが美しかったです。これだけ満開のしだれ梅が密集してあると、桜のような華やかさがありました。

椿は、まだところどころ咲いているという感じでしたが、数多くの種類があり楽しむことが出来ました。

↓昨年度の参拝記録
城南宮(1)


↓本殿です。
100228-1.JPG

↓神苑のしだれ梅は、満開でした。
100228-2.JPG

100228-3.JPG

100228-4.JPG

↓椿も数種類、咲いていました。
100228-5.JPG

100228-6.JPG
posted by たぬき at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

マラソン2月度練習&今後の予定

足を痛めて2カ月経過しました。怪我は治りつつあって、普通にしている限り、ほぼ痛みを感じることがありません。

ただ1日、24時間を通して、まったく痛みがないと感じた日はまだ無く、ふとした瞬間(片足でふんばったり、膝を曲げ伸ばししたり)に小さな痛みや違和感を感じることがあります。

1月に、こんな感じのときに走ってみて、逆に痛みが増したので、今はグッと我慢です。筋トレ、ウォーキングを中心にリハビリしています。

ということで、ほぼ99%、来週の篠山マラソンには出場できません。走ったところで痛めるのは確実だと思うので、目標とする年末の「奈良マラソン」のためにも我慢します。

ただマラソンバスも申し込んであるので、会場に参加賞だけもらいに行くかもしれません(^^;

ということで、今後の予定は未定です。ぼんやり4月か5月ごろランニングに復帰できたら、その頃にある5〜10kmくらいの小さな大会に出ようかな・・と思っているくらいです。
posted by たぬき at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン練習

2010年02月27日

壬生寺@京都市中京区坊城通仏光寺上ル

第44回の京都の「非公開文化財特別公開」。今年の冬は、幕末にちなんだ寺社の公開が行われています。その中で「知恩院 山門」は先日訪れたのですが、もうひとつ気になっていた「壬生寺」に参拝しました。壬生寺は本堂が公開とのことです。

この京都の非公開文化財特別公開のイベントは、説明してくださる係りの方がしっかりとおられるので、非常に好感が持てるイベントです♪

新撰組ゆかりのお寺として有名なこのお寺、京都では珍しい律宗だそうです。本堂は、放火により昭和37年に焼失したそうです。御本尊の地蔵菩薩様も、その時に焼失されたとのこと。

そのため、律宗の総本山の唐招提寺から、地蔵菩薩像を移し新たな御本尊とされたそうです。このお地蔵さま、錫杖を持たない珍しい像でした。

それと放火によって、焼失した昔の御本尊様の写真も拝見させていただいたのですが、こちらも半跏像であまり見ない感じのお地蔵さまでした。

新撰組がこの地を中心に活動し、壬生寺の境内で、軍事訓練をしたそうですが、大砲の練習などで、建築物に損傷が出るなど、壬生寺は意外と新撰組に対して苦情が多かったそうです。

逆に人斬り集団というイメージの新撰組ですが、この壬生寺境内で沖田総司らが、子供たちとよく遊んでいたそうです。沖田総司と遊んだという女性も昭和30年代までは、この付近にまだおられたとか・・ 幕末は意外と近い歴史なんだな・・と感じた一日でした。

↓本堂です。二度と火災にあわないよう鉄筋コンクリート造りだそうですが、鎌倉時代の建築様式を踏襲されているそうです。
100227-1.JPG

↓千体仏塔。明治時代に京都市内の石仏を集めて作られたそうで、中には室町時代の石仏もあるそうです。
100227-2.JPG

↓御朱印です。
100227-3.JPG
posted by たぬき at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2010年02月26日

和歌山城

お城はまったく詳しくないのですが、年に何度か寺社や花めぐりのついでに訪れる機会があります。和歌山城も南部梅林を観光したついでに立ち寄りました。

お城というと、明治の廃城令や戦争の空襲で、建造物のほとんどが無くなっていることが多いのが残念ですね。ここ和歌山城も太平洋戦争の空襲で天守をはじめとする大半の建造物が焼失したそうです。

復元された天守は、遠くから見ると非常に美しいですね。天守の上から眺める和歌山の町並みも良かったです。

↓天守です。
100226-1.JPG

↓天守から眺める和歌山の町並み。
100226-2.JPG

↓場内にある庭園です。
100226-3.JPG
posted by たぬき at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2010年02月25日

中華そば専門店 正善@和歌山市直川

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

南部梅林を訪れた帰りに寄った和歌山ラーメンのお店「正善」さん。

和歌山市の市街地から紀ノ川を超えた、すこし町はずれな感じの場所にぽつんとあります。駐車場があり、5〜6台停めることが出来るみたいですが、少し狭く停めづらかったです。お店の外観は、老舗店といった雰囲気で素朴なたたずまいです。

メニューは、中華そば(600円)、卵入り(650円)、特中華そば(チャーシューメン、700円)、大盛そば(700円)、特大そば(800円)など。それと和歌山ラーメンのお店らしく、さば早すし、巻すしなどがテーブルに置かれています。この日は、特中華そばを注文。

さて出てきたラーメン。見た目は、オーソドックスな和歌山ラーメンそのものです。

スープは、豚骨臭が少し漂います。見た目からも豚骨が強そうな白濁感がすごく出ていました。スープを飲むと、豚骨の旨みがしっかり出ていています。少しトロっとした食感の濃厚な豚骨醤油スープです。しかしながら、しつこさは感じず、後味は意外とサラリとしていて好感触。

麺は、細麺ストレート。表面がツルっとした感じですが、スープとの相性がいいかというと、もう少し柔らかめか、太めの麺のほうが、この手の豚骨醤油スープとは合うかな?と思いました。

チャーシューは、薄切りのバラ肉を使用。非常に柔らかく煮込まれていますが、控えめな味付けです。なかなか良い感じのチャーシューなのですが、薄切りで量も少なめ、食べ応えは少し無かったかな・・と思いました。

全体的にスープは、とても美味しいのですが、麺もチャーシューも、少し存在感が無く、スープと具の関係がバラバラな感じがしました。良く言うとシンプルな昔ながらの中華そばですが、悪くとらえると、物足りなさの残る一杯と感じたのが残念です。

↓オーソドックスな和歌山ラーメン。
100225-1.JPG

↓チャーシュー。
100225-2.JPG

↓スープと麺の感じ。スープはまろやかで豚骨の旨みがしっかり出ていました。
100225-3.JPG

↓お店の外観です。
100225-4.JPG
posted by たぬき at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@和歌山

2010年02月24日

羊遊膳 蜻蛉〜せいれい〜@奈良市大森町

奈良では数少ないジンギスカンを楽しめる居酒屋「羊遊膳 蜻蛉」さんです。

個人的にジンギスカンは好きなのですが、あまり食べる機会がありません。札幌でラーメンめぐりをした際や蒜山に遊びに行った際にもジンギスカンを食べたのですが、ブログを見直すとアップしていないようですね(^^;

店内は、広さはさほどないのですが、大型ビジョンが設置されており、今のオリンピックの時期、そして続くワールドカップの時期などスポーツを観戦しながらジンギスカンをいただくのに良さそうなお店です。

料理は、ジンギスカンをはじめ、羊料理、焼き鳥をはじめとする串物、そして数種類のタジン鍋などを楽しむことが出来ます。

ジンギスカン鍋でいただくラム肉は、臭みもそれほど気にならなく肉の旨みとしっかりとした食感が楽しめます。

タジン鍋は、和風な味付け。野菜との組み合わせで鮭、豚、鳥から選択できましたが、野菜と豚のタジンをいただきましたが、優しい味付けで野菜も柔らかく良かったです。

全体的にヘルシーな料理が多い感じでした。お酒も充実しておりJR奈良駅からも近いので、何かの機会にまた利用したいと思います。

↓ジンギスカン
100224-1.JPG

↓野菜と豚のタジン鍋
100224-2.JPG

↓焼き鳥&羊の串焼き。右から皮×2、羊、つくね、モモ×2。
100224-3.JPG

↓お店の外観です。
100224-4.JPG
posted by たぬき at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2010年02月23日

京都 洛二神@京都市下京区

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

スポーツ用品を求め、京都の街中をうろうろ・・その途中で、中華そばの提灯を発見し、近づくと「洛二神」と書かれています。

大阪の人気ラーメン店「洛二神」の暖簾分けのお店が京都外大付近に出来たのは知っていたけど、こんな場所にも出店されたのかな?と、お昼時だったこともあり、ふらりと入店。

帰宅後ネットで調べると、京都外大前のお店は閉められて、移転されたそうです。前のお店も最近、出店されたばかりだったと思うんですが早いですね。

この日、お昼時だったのですが客は少なめでした。店内は和風で落ち着く雰囲気です。

メニューを見ると、魚介系・塩そば、和醤油、つけ麺の3種類がありました。看板メニューは魚介系・塩そばとのことで、それのチャーシューメンを注文しました。

さて和風な器に入った、見た目も和風な感じのラーメンが出てきます。スープは澄んだ色合い、トッピングにシイタケ、エビなど特徴のあるものが乗っています。その他のトッピングはネギ、キクラゲ、チャーシューなど。

スープは魚介の香りがするのかな?と思いつつ、それほど魚の香りを感じませんでした。味も、よくある魚介系の風味がガツンガツン効いているようなタイプとは真逆。少し甘みがある塩味で、煮干しのダシが少し効いた和風スープは、お吸い物でも飲んでいるかのようでした。

そして麺はやや縮れた細麺。それなりに芯が強い感じで、コリっとした心地よい食感があります。

具のエビや、シイタケ、キクラゲは、この和風なスープに拍車をかけるかのようです。特にシイタケの甘みはスープに溶け出すようにすごく効いていて、中華ではなく本当の和風料理を食べている感覚でした。

チャーシューは、あっさりとした味わいながら、柔らかく非常に好感のもてる味わいでした。スープの味を損なわないように工夫されつつも完成度の高い一品でした。

全体的に、麺の食感さえ違えば、にゅうめんを食べているかのような錯覚に陥るラーメンでした。これはこれで美味しかったのですが、ラーメンと思って食べると、少し違和感を感じるかもしれません。

↓非常に和風な魚介系・塩そば
100223-1.JPG

↓柔らかいチャーシュー。
100223-2.JPG

↓スープと麺。
100223-3.JPG

↓提灯が無いとラーメン店と気づかないような外観でした。
100223-4.JPG
posted by たぬき at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年02月22日

三ツ島 真打@門真市三ツ島

門真にある人気の讃岐うどんのお店「三ツ島 真打」さんです。夜の時間帯、早めに行ったからか、店内もそれほど混雑せずに入ることが出来ました。

メニューは、ぶっかけ、ざる、釜揚げ、釜玉、つけ麺、カレーなどなど豊富にあります。多くあるメニューの中から、黒毛和牛ぶっかけの冷を注文しました。

注文後に、作り始められるとのことで、出てくるまで10分くらい待ったでしょうか。少し深い器に入ったおうどんが出てきます。ぶっかけのダシは、別の器に入れられています。具は牛肉、ワカメ、温玉そしてレモン。薬味のネギと大根おろし、ショウガは好みで入れられるよう別皿です。

さて麺を食べると・・ものすごいコシ。過去に食べた讃岐系のうどんの中でも一番強いほうなのでは?と思いました。コシの強さがすごすぎて、噛むのがしんどく感じるくらいでした。食感を楽しむ麺です。ボリュームも多めでした。

ぶっかけのダシは、個人的にストライク。あっさりした和風の味わいで醤油の風味もほんのり効いていました。温玉との味わいとも合わさり柔らかく甘い感じです。強烈な麺の個性を邪魔しない味でした。

そして牛肉は、ほんとうに豪華で量もたっぷり。柔らかく、すき焼きの肉をいただいているようで大満足♪お肉のやや甘い味付けが、ぶっかけのダシとも調和していて、良かったです。

本当にバランスのとれた美味しいおうどんでした。門真はたまに車で通過するので、また立ち寄ってみたいと思います。

↓ショウガ、大根おろし、ネギ、ぶっかけのダシは別に出てきます。
100222-1.JPG

↓黒毛和牛ぶっかけ。
100222-2.JPG

↓お店の外観です。
100222-3.JPG
posted by たぬき at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2010年02月21日

春日大社・万灯籠@奈良市

先週訪れた「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」の際に参拝した、春日大社の特別拝観、万灯籠です。

普段入ることのできない本殿の回廊の中、静かに優しく光る灯籠が幻想的でした。

「なら瑠璃絵」では、興福寺、東大寺も特別拝観をしていたようですが、そちらは参拝せず。イルミネーションも美しく、雰囲気も良いイベントだったので、来年もまた実施してほしいと思います。

↓万灯籠の入り口。まだ明るい時間帯でした。
100221-1.JPG

↓優しく光る灯籠は幻想的でした。
100221-2.JPG

↓普段は間近で見ることのできない中門です。
100221-3.JPG

↓ひとつひとつの灯籠の模様、文字は様々で見ていても飽きません。
100221-4.JPG

100221-5.JPG
posted by たぬき at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良

2010年02月20日

南部梅林@和歌山県日高郡みなべ町

和歌山の梅林が、一足早く満開とのことで、日本一の梅林「南部梅林」へ行ってきました。

みなべ町付近まで行くと、高速道路から見渡しても梅、梅、梅・・梅の木だらけ。さすがにみなべ町は違いますね。町中が梅一色という感じです。

ここの梅林は、本来、観光用という訳ではなく産業用だそうです。そのためか一部観光用の公園などを除いて、同じ色の梅が植えられていました。しかし、規模は驚くほど大きく、巡るのに1時間以上かかりました。そして見渡す限り梅ばかりで圧倒されました。

すり鉢状の山間にある梅林ですが、山のてっぺんから見下ろすと梅林のエリアだけでなく、町のいたるところが梅の木に覆われていると分かります。本当に圧巻でした。

和歌山は暖かく、もう春の陽気ですね。歩いていて気付いたのですが、私は怪我が多いのに、マラソン始めて以来、冬から春にうつりゆくこの季節には怪我をして休んだことが、今までなかったんだな・・と。

この冬から春にかけての季節は、走っていても毎週ごとに街で見かける花が変わっていくんですよね。本当に走っていて楽しい季節で・・早く回復して走りたいな・・と思った一日でした。

↓梅林は見渡す限り梅だらけ。
100220-1.JPG

↓梅林の中にある梅公園。こちらは観賞用のいろいろな色合いの梅が植えられていました。
100220-2.JPG

↓遠くから梅公園を望みます。
100220-3.JPG

↓梅の花に圧倒された一日でした。
100220-4.JPG

100220-5.JPG

100220-6.JPG
posted by たぬき at 20:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2010年02月19日

ビアショコラ(黄桜酒造)

かっぱっぱー るんぱっぱー♪で有名な京都伏見の黄桜酒造さんのチョコレートビール「ビアショコラ」です。どこで購入したのか、実は思い出せないのですが(^^; 2月最初に飲みました。

まず注ぐと、泡立ちも良いのですが、非常に甘い香りがしました。カカオを原料に使っているそうですので、当たり前かもしれませんね。

飲むと、サッポロのショコラブルワリー・ビター、サンクトガーデンのインペリアルチョコレートスタウトと比較すると、すごく甘みが強いです。本当にチョコレートを飲んでいるかのよう。苦みはそれほどありません。

それと独特のふんわりとした香りが残るような不思議なビールですね。日本酒メーカー独特なんでしょうか。少しビールと違うような感触があとに残りました。

少し風変わりなビールでしたが、これも美味しくいただけました。甘い割に、アルコール度数が高かったと記憶しています。たしか7%? すごく酔いが回りました(^^;

↓甘いチョコビールでした。
100219-1.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年02月18日

Jog style HJA-300(オムロンヘルスケア)

長引く足の故障。復帰の日を目指してやることはと言えば・・膝に負担のかからない筋トレ、ウォーキング、ストレッチ、アイシング。

筋トレ、ストレッチ、アイシングは、テレビや録画を見ながら出来るし、特にアイシングはPCでネットサーフィンしながらとかでも出来ます。なので飽きがこないのですが・・

ウォーキングは・・・意外とランニングと違って楽しくない(^^; 体は楽なはずなのに、不思議です。ランニングなら、毎日、同じ景色、同じコースでも楽しいのに、ウォーキングは楽しくない!(笑)正直、ランニングで30km走るより、ウォーキングで10km歩くほうが苦痛です。。

ということで、1月に万歩計を買いました。オムロンヘルスケアから出ている「Jog style」(HJA-300)というやつです。正確には万歩計ではなく、活動量計というものだそうです。

加速度センサーが付いていて、より正確に歩数が測れるとのことで、ウォーキングにもジョギングにも対応しています。ウォーキング時はポケットやカバンの中に入れておくだけで、加速度センサーが正確に歩数を測定してくれるそうです。(ジョギングの際は、専用のクリップで腰に装着する必要があります。)

距離も測れるとのことですが、非常に単純な原理で、歩幅を入力していれば、歩数との掛け算で距離が算出されます。その他、個人の体重データーなどから、消費カロリーなども算出されます。

距離が測れるのは、楽しそうだな・・と購入しました(しかし、まだ走れないので距離測定はやってません^^;)

ということで、ウインドブレーカーの上着のポケットに入れて、歩いて正確さを測ってみると平坦な道で100歩進んで表示を見ると、だいたい98〜102歩くらいに収まります。かなり正確。急な登り坂でも同じくらい正確です。ただ急な下り坂だと、100歩進むと110歩くらいと多めに測定されることが多いです。

あと、私の場合、ぴったりとしたパンツのポケットに入れると測定のぶれが少し大きくなる傾向にあります。

しかし、かなり正確。トレーニングコースをいろいろと方向を変えて歩いてます。少しウォーキングが楽しくなりました。

今のところ、怪我の状況は少しずつよくなっている感じです。痛みを感じない日は、ほとんど痛みを感じません。膝を曲げ伸ばしするときに少し違和感を感じるくらい。かといって、その翌日は、少し痛みがあるなぁ・・と分かる日も来る。そんな感じです。

1月最後のランニングは、調子の良い、ほとんど痛みを感じないときに走って、逆に痛めてしまったので、今は我慢です。まったく違和感を感じなくなるまでぐっと耐えています。

↓jog style
100218-1.JPG

↓走るときは、専用のクリップを使います。早くジョギングでも使いたいです♪
100218-2.JPG
posted by たぬき at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン練習

2010年02月17日

一世風靡@京都府長岡京市神足暮角

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

国道171号線を大阪から京都方面へ行くと、ちょうど名神高速の脇を長岡京市で通りますが、そこにあるラーメン屋「一世風靡」さんです。まったく知らないお店でしたが、ふと入りました。

お店の屋根には「どんくさくて すんませんけど うまいラーメン 食べてもらおう思うて 一生懸命やってます」と書かれています。店内は、国道沿いにしては、こじんまりとした作り。駐車場もそれほど広くはありません。

メニューは、豚骨醤油ラーメンがメインで、その他スープカレーラーメン、味噌ラーメンがありました。また平日13:30〜16:00(たしか)は、なんとトッピング(チャーシュー、モヤシ、メンマ、ニンニク)が無料だそうです。チャーシューが無料ってすごいですね。

この日は、スープカレーラーメンは、どんなものなんだろう?と気になりつつも、豚骨醤油ラーメンのチャーシューメンを注文。

さて、銀の皿に乗った、少し小ぶりな鉢に入ったラーメンが出てきます。同じ長岡京市の「龍龍軒」も銀の皿に乗っていたなと、思い出します。

そして黒い鉢のスープを見ると、かなり濃厚な豚骨系スープに見えます。そこにあふれんばかりのチャーシューが乗っています。

そのスープ、醤油の旨みもさらりと感じますが、それ以上に強力な豚骨の風味が出ていて非常に濃厚。トロリとした重みのあるスープに仕上がっています。無鉄砲の味を少し薄めにしたような、非常に旨みのあるスープです。

麺は細麺のストレート。ほどほどのコシがあります。トッピングは、モヤシが少々とネギとシンプルなものです。

しかし、チャーシューは、本当に大量です。スープの表面だけでなく、麺の下からもゴロゴロと出てきます。味付けは控えめですが、薄切りで非常に煮込まれ柔らかいため、濃厚スープをよく絡めて美味しいです。

それほど期待せず、お店に寄っただけに非常においしいラーメンで満足でした。先日、入った「弁慶ラーメン」さんに続いて、偶然出会った濃厚スープです。どちらのお店もノーマークでしたが、これから近くを通ったら寄ってしまいそうです。

↓コクのある豚骨系ラーメン。
100217-1.JPG

↓柔らかく煮込まれたチャーシュー。
100217-2.JPG

↓濃厚スープと麺。
100217-3.JPG

↓お店の外観です。
100217-4.JPG
posted by たぬき at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年02月16日

京都 五行@京都市中京区(2)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

焦がしラーメンが人気の「京都 五行」さん。昨年、夏に訪れて、インパクト大でした。熱々のスープは、寒い時期に美味しいだろうな・・と近くを通りかかった際に、つい寄ってしまいました。

町屋風の建物、店内には中庭もあり、非常にこじゃれた感じです。ラーメンダイニングと名乗るだけあり、一品料理も充実。お酒類も豊富にあり、夜はラーメン居酒屋と化しそうです。

ラーメンメニューは、夏にいただいた「焦がし醤油」それと「焦がし味噌」がメイン。そのほか、豚骨、塩、つけ麺などがあります。前回は「焦がし醤油」を注文したので、今回は「焦がし味噌」のチャーシュートッピングを注文しました。

さて、特徴のある見栄えのラーメンが出てきます。焦げで表面は真っ黒。トッピングは醤油とほぼ同じでしょうか。ナルト、キャベツ、ノリ、大量の角切りチャーシュー、そしてスープには細切れの玉ねぎが入っています。

スープは表面の焦げたラード層のため、湯気は、ほとんど出ていないのに熱々です。スープの表面は、その焦げの香ばしい味わいと玉ねぎの甘みが非常に強く効いています。少し下の層をかき混ぜると、味噌の味わいと、表面の味わいが絶妙にマッチして旨みたっぷり。

味噌は、東北、九州、京都の味噌だれを合わせているそうです。この味噌の風味は、見た目から想像するよりもコッテリ感は少なく、後味がすっきりしています。

麺は平打ちの細麺ストレート。芯が強い感じの独特の食感を持つ麺ですね。熱々のスープ中でも、しっかりとしたコシを保ち、存在感があります。

チャーシューは、厚切りのバラ肉を角切りにしたタイプです。食べると脂がじわっと流れ出てきて、ジューシーです。強烈な個性のあるスープに負けていません。

またキャベツも柔らかく、甘みがあり、この焦がし味噌スープと合っていました。

今回、注文した「焦がし味噌」も個性が強いだけでなく、しっかりした味の一品でした。癖になる味わいです。お店の場所のアクセスも非常に良いので、また立ち寄ると思います。

↓昨年の記録
京都 五行(1)「焦がし醤油」

↓焦がし味噌ラーメン
100216-1.JPG

↓角切りチャーシュー
100216-2.JPG

↓スープ表面と平打ち麺
100216-3.JPG

↓お店の外観です。
100216-4.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年02月15日

弁慶ラーメン・本店@京都市伏見区横大路

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

横大路の交差点近くにあるお店「弁慶ラーメン」。この道は、西京極への往復の際に、たまに通るのですが、昨年か一昨年でしょうか?新しくこのお店が出来ていて、ずっと気になっていました。

この日は、ちょうど修理不可と言われたPCを引き取りに行った際に、この道を通ったので立ち寄りました。

ファミリーレストランのような外観、かなり客席も多めでした。出来て間もないからか、内装も非常に美しいです。店内に入ると書いてあったのが、カナダでやっている人気チェーン店で、日本初出店のようです。ラーメン屋の逆上陸なんて変っていますね。

メニューは、弁慶ラーメン(濃厚豚骨)、鬼若(あっさり豚骨醤油)、Mラーメン(ピリ辛系?)の3種類が中心につけ麺などがあります。弁慶とMラーメンは、写真で見る限り、京都の背脂醤油系なのかな?という感じでした。

しかし、鬼若は弁慶の幼少期の名前だそうですが、Mってなんなのでしょう??まあ、それはよしとして、、、普通の弁慶ラーメンのチャーシュー麺を注文しました。

出てきたラーメンは、想像していた京都の背脂醤油系?と思いきや、ずいぶん濃厚そうな豚骨系の濁り、それと醤油もかなり濃いめの色合い。そこにチャーシュー、メンマ、ネギが多めに乗っています♪

スープを飲んで、びっくり。ずっしりとした濃厚な味です。非常に豚骨の旨みが出ていて、重みがあります。それと、驚いたのが背脂だと思っていたものは、おそらく細かく切った天かす(もしくは天かすと背脂のミックス?)でした。

この天かすが濃厚な豚骨醤油スープをしっかりと吸いこんで、独特の舌触りと味の広がりを出しています。

麺は、やや太のストレート麺で、濃厚なスープを吸いこみ、重さを感じるくらいです。スープを食べている感じで美味しいです。

チャーシューは、非常に柔らかく煮込まれています。薄切りで柔らかく、濃厚なスープと絡めて食べるのに適しています。そして量も多く、私のような肉好きには、なかなかうれしいものでした。

実は、ファミリーレストランのような外観から、それほど期待せずに入ったのですが、濃厚豚骨醤油に天かすという独特の味は、非常に力強いものでした。

こってり好きな人には、満足のいく味ではないでしょうか。個人的にも再訪したいお店のひとつとなりました♪

↓濃厚な豚骨醤油ラーメン「弁慶ラーメン(チャーシューメン)」
100215-1.JPG

↓やわらかチャーシュー。
100215-2.JPG

↓モチっとした中太麺とスープの感じ。背脂に見えるものは(たぶん)天かすだと思います。
100215-3.JPG

↓ファミリーレストランのような店舗です。
100215-4.JPG
posted by たぬき at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年02月14日

情熱うどん 眞光@奈良県橿原市曲川町

美味しい讃岐うどんがいただけると話題の「情熱うどん」グループのお店「眞光」さん。奈良県橿原市にオープンしたという話を聞いてからずっと行きたいと思っていたのですが、1月末にようやく行きました。

お店はファミリーレストランのような店構えで非常にきれいです。だいぶ席も多いですね。少し早い時間に行ったので、空いていました♪

メニューも釜玉、ざる、生醤油、ぶっかけなど讃岐では定番のものから、きつね、カレー、肉うどんなど非常に多くのバラエティーがありました。

私は讃岐系のお店では、ぶっかけの冷を頼むことが多いので、ちく玉天ぶっかけの冷を注文しました。

さて、ちく天ぶっかけ。麺のもられ方も、すこし巻いてあり見栄えも非常にいい感じですね。少しボリューム多めです。そしてかなり大きめのちくわ天と玉子天が乗っています。

麺は、本当にコシの強い麺。噛み切れない?と思っちゃうほどです。それと麺が長いですね〜。少し食べにくいなぁと思うくらい長くて、数本ずつ麺をいただきました。

ぶっかけのだしは非常にあっさりとした味わいでした。夏に食べると美味しそうですね。

それと玉子天、ちくわ天は、かなりパリっとした食感でボリュームもあり、個人的にはヒットでした♪

最近、セルフ系の安いお店が多いので、少し値段が高い気がするのですが、しっかりとした麺で非常に美味しいうどんがいただけるお店でした。橿原付近は、それほど行く機会がないのですが、また立ち寄ってみたいと思います。

↓ちく天ぶっかけ。
100214-1.JPG

↓店舗の外観です。
100214-2.JPG
posted by たぬき at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2010年02月13日

ショコラブルワリー ビター&スイート(サッポロビール)

サッポロビールのショコラブルワリーです。今年はビターとスイートの2種類が販売されましたが、スイートはネット通販のみです。

以前にビターの記事を書いたのですが、スイートのほうも通販で手に入れ、そしてビターは、木津川マラソンのときに「れみママ」さんにいただいたので、オリンピックの開会式を見ながら、いただきました♪

↓以前の記事
ショコラブルワリー ビター


スイートは、非常にカカオの香りが強くスイートと言うだけあり、甘みが強く感じます。ただしっかりとした苦みも感じられ、なかなか不思議と美味しい一品でした。

↓スイート。茶色と赤を基調としたデザイン。女性が飲めそうな甘い味のビールです。
100213-5.JPG


そしてビター。こちらは、甘さ控えめで黒ビールのような濃厚なコクと苦みがあり、ビール好きとしては、こちらの味のほうが好みです♪

↓ビター。黒と青を基調としたデザイン。深みのある濃厚な味わいが楽しめます♪
100213-6.JPG

れみママさんありがとうございました。怪我のために今は完全にオフシーズンモードになっていますが、かならず復帰して、さらに自己新記録更新、爆走モードで復活したいと思っています(笑)

来年度もチョコビールははやるんでしょうね。また来年度もこの時期に楽しみたいと思います。(まだもう一つブログにアップしていないチョコビールもあります。そのうちアップします^^;)
posted by たぬき at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

広隆寺@京都市右京区太秦蜂岡町

京都太秦の「広隆寺」です。この付近に住んでいた時期もあり、馴染みのあるお寺なのですが、こうやって寺社に興味を持ち、訪れたのは初めてです。

何といっても有名なのは、国宝の「弥勒菩薩半跏思惟像」ですね。東洋のモナリザとも言われる優しい微笑みをした如来像。何度見ても非常に美しいものです。個人的には、この仏像と比較される中宮寺の像のほうが好みのお顔かな?と思います。

そのほかにも多くの仏像が・・同じく国宝の通称「泣き弥勒」と言われるもう一つの弥勒菩薩像、不空羂索観音立像、十二神将、千手観音像・・とくに不空羂索観音立像は大きさと迫力に圧倒されました。

この日、国宝の桂宮院本堂は、公開されていませんでした。4、5、10、11月の日曜祝日のみの公開となるそうです。いつか機会があるときに見に行きたいと思います。

↓楼門です。
100213-1.JPG

↓講堂です。この中に国宝の阿弥陀様がどっしりとかまえておられます。
100213-2.JPG

↓上宮王院。本堂にあたるお堂です。
100213-3.JPG

↓御朱印は、スタンプ形式です。
100213-4.JPG
posted by たぬき at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2010年02月12日

しあわせ回廊 なら瑠璃絵@奈良公園

2月11日〜14日にかけて奈良公園で行われている「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」に行ってきました。

奈良公園は、冬の間、観光客が激減するそうですが、それの対策なのでしょうか。なかなか良いイベントだと思いますね〜。

メインは興福寺、春日大社、東大寺を結ぶ参道と浮雲園地、若草山がLEDイルミネーションで飾られるところでしょうか。そのほか、興福寺、春日大社、東大寺、国立博物館が夜間特別拝観や、興福寺五重塔、国立博物館のライトアップなどが行われます。

奈良公園には、17時ごろに着いたので、少し空も明るく時間をつぶすために春日大社の特別拝観に行ったのちに、奈良公園を散策しました。

春日大社から浮雲園地に続く道のLEDは、非常に美しかったですね〜。年末に「なばなの里」の豪華なイルミネーションを見たためか、すこし規模は小さい気がしましたが、それが逆に奈良公園らしくて良かった気がします。

↓若草山と浮雲園地のLEDイルミネーション。
100212-3.JPG

↓願いの花たんざくを結ぶLEDオブジェ。
100212-4.JPG

↓写真ではイマイチ・・なのですが、春日大社から南大門に向かう参道にある流れ落ちるようなLEDイルミネーション。
100212-5.JPG

↓東大寺南大門ライトアップ。やはり迫力があります。
100212-6.JPG

↓興福寺五重塔ライトアップ。
100212-7.JPG
posted by たぬき at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

丸亀製麺・宇治店@京都府宇治市小倉町春日森

1月24日、サンガタウン城陽で練習を見学した帰りに立ち寄った「丸亀製麺」さん。

この日は、釜玉うどんを注文しました。ふだんは冷のうどんを食べることが多いのですが、寒かったもので・・

ここのお店の釜玉うどん用のだし醤油は、とても濃い味ですね。玉子のまろやかさと合っている感じです♪麺のコシも良い感じ。

天ぷらで取った玉子天は、中身が半熟気味で美味しいです。この店に来るとよく取る天ぷらの一つです♪

↓釜玉うどん。天かす多め。
100212-1.JPG

↓かしわ天と玉子天です。
100212-2.JPG
posted by たぬき at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ