2010年02月10日

ラーメン太郎@京都市右京区常盤草木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の右京区、太秦付近に昔からあるラーメン店「ラーメン太郎」さん。京都のこってり系と言えば「天一」を思い出しますが、ここも昔からあるこってり系のお店ですね。

私は、生まれがこの付近でもあり、馴染みのあるお店の一つです。しかし、ここを訪れたのは10年ぶりくらいでしょうか。最近まで知らなかったのですが、西院のあたりにもラーメン太郎ってあるみたいですね。関係あるのでしょうか。

ここのメニューは、基本のスープが醤油とあま塩(天塩)、カレー、ピリ辛味噌と4種類あります。私は(たぶん)醤油とあま塩しか食べたことがないのですが、どのスープでもこってり、あっさり、ハーフを選択することができるようです。

ということで、久しぶりなので醤油とあま塩で迷いましたが、この日はあま塩のこってり、チャーシューメンを注文。

注文したラーメンは、やや黄色がかった色合いのスープです。見た目はそれほどこってりしてなさそうです。そこにバラ肉チャーシューが多くトッピングされています。

そのスープですが、レンゲを沈めると・・やはり粘度がすごくあります!レンゲを沈めると、ドローっとした感じでスープがレンゲの皿の部分に入ってくるというか・・ 重い感じです。

その味は・・コラーゲン?のトロっとした独特の舌触りですが、塩の甘みが効いた後味の良いものです。食感は超こってり、後味はあっさり気味と言った感じでしょうか。塩味のこってりって不思議ですね。

チャーシューもバラ肉の旨みが出ていて、とてもいい感じ。やわらかく、それほどこってり目には味付けされておらず塩味のスープとの調和も取れています。

麺は、、、久しぶりに訪れたので昔のことを覚えていないのですが、こんな感じだったのでしょうか。京都のラーメンは、柔らかめの茹で具合が多いのですが、それはそれでスープを吸いこんで美味しいのです。しかし、ここのお店の麺は、完全にスープの重みに負けている感じ。コシもなく、インスタントを食べているような感じでした。

だいぶひさびさに訪れた太郎さん。スープはやはり良かったです^^麺が改善されれば、素晴らしい味のラーメンになりそうだなと思う一品でした。久しぶりに醤油こってりも食べたいです^^これからも老舗店として、頑張ってほしいなと思います♪

↓トロミのある濃厚塩味ラーメン。
100210-1.JPG

↓バラ肉チャーシュー。
100210-2.JPG

↓麺とスープの感じです。
100210-3.JPG

↓老舗らしい店舗です。
100210-4.JPG
posted by たぬき at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都