2010年02月16日

京都 五行@京都市中京区(2)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

焦がしラーメンが人気の「京都 五行」さん。昨年、夏に訪れて、インパクト大でした。熱々のスープは、寒い時期に美味しいだろうな・・と近くを通りかかった際に、つい寄ってしまいました。

町屋風の建物、店内には中庭もあり、非常にこじゃれた感じです。ラーメンダイニングと名乗るだけあり、一品料理も充実。お酒類も豊富にあり、夜はラーメン居酒屋と化しそうです。

ラーメンメニューは、夏にいただいた「焦がし醤油」それと「焦がし味噌」がメイン。そのほか、豚骨、塩、つけ麺などがあります。前回は「焦がし醤油」を注文したので、今回は「焦がし味噌」のチャーシュートッピングを注文しました。

さて、特徴のある見栄えのラーメンが出てきます。焦げで表面は真っ黒。トッピングは醤油とほぼ同じでしょうか。ナルト、キャベツ、ノリ、大量の角切りチャーシュー、そしてスープには細切れの玉ねぎが入っています。

スープは表面の焦げたラード層のため、湯気は、ほとんど出ていないのに熱々です。スープの表面は、その焦げの香ばしい味わいと玉ねぎの甘みが非常に強く効いています。少し下の層をかき混ぜると、味噌の味わいと、表面の味わいが絶妙にマッチして旨みたっぷり。

味噌は、東北、九州、京都の味噌だれを合わせているそうです。この味噌の風味は、見た目から想像するよりもコッテリ感は少なく、後味がすっきりしています。

麺は平打ちの細麺ストレート。芯が強い感じの独特の食感を持つ麺ですね。熱々のスープ中でも、しっかりとしたコシを保ち、存在感があります。

チャーシューは、厚切りのバラ肉を角切りにしたタイプです。食べると脂がじわっと流れ出てきて、ジューシーです。強烈な個性のあるスープに負けていません。

またキャベツも柔らかく、甘みがあり、この焦がし味噌スープと合っていました。

今回、注文した「焦がし味噌」も個性が強いだけでなく、しっかりした味の一品でした。癖になる味わいです。お店の場所のアクセスも非常に良いので、また立ち寄ると思います。

↓昨年の記録
京都 五行(1)「焦がし醤油」

↓焦がし味噌ラーメン
100216-1.JPG

↓角切りチャーシュー
100216-2.JPG

↓スープ表面と平打ち麺
100216-3.JPG

↓お店の外観です。
100216-4.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都