2010年03月31日

マラソン3月度練習&今後の予定

篠山マラソンの日(3/7)は、違和感を感じた私の両膝、その後、すぐに日常生活にも痛みも違和感も感じなくなったので・・・3/29、3/30と家の近所を4km走ってみました。

3/29に走った時、片方の膝が微妙に違和感があるような感じでした。
3/30、やはり片方の膝に違和感と小さな痛みを感じます。逆の膝は完治してそうです。

なので、もうしばらく休養することにしました。

しかし、約1ヵ月半ぶりに走りました。この怪我明けのランニングって、けっこうきついんですよね。。心肺能力も筋力も落ちているだろうし、、しかし、きつくてもやはり走ることが好きなんだな。と実感しました。走るって最高です。

あと1カ月くらいかかるんでしょうか。膝の小さな違和感に耳を傾けながらの生活となりそうです。

ウォーキングと膝に負担をかけない大腿四頭筋の筋トレは繰り返しているので、大腿四頭筋はそれほど衰えていないのではないでしょうか。しかし、走れるようになってからは、他の筋力も徐々に戻していく辛いトレーニングが続きそうです。
posted by たぬき at 22:24| Comment(6) | TrackBack(0) | マラソン練習

2010年03月30日

彩華ラーメン・屋台@奈良県天理市別所町(2)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良を代表する彩華ラーメンの屋台です。あまりブログに乗せてませんが、彩華はいろんなお店にちょくちょく行きます。しかし、どこよりも私は、ここの屋台が一番好みです。

私が初めて食べたころは、屋台は、天理教高知詰所の前にあって、今よりももっと独特の雰囲気を醸し出していたのですが、今のプライスカット(元オークワ)の駐車場に引っ越してからは、少しはきれいになったような気がします(笑)

ただきれいと言っても、やはり小さなワゴンで調理されたラーメンをテーブルと丸椅子が置かれたテント状屋台で食べるだけの簡素な雰囲気です。

メニューは、他の彩華チェーンと違って、彩華ラーメンのみで他の麺類、サイドメニューなどはありません。サイズとトッピング(チャーシュー、生玉子、煮たまご、スペシャル(チャーシュー+生玉子))を選択するだけです。

値段も屋台は、他の店舗と比べると少しだけ安いです。

トッピングは、屋台では、昔から彩華チェーンで続いていた赤身、脂身を選択できるタイプのものを長く残してくださっていたのですが、最近(2009年あたりから?)選択できなくなりました。(他の店舗では、数年前から違うタイプのチャーシューになりました。)個人的にあの薄切りの脂身チャーシューが好きだったので残念です。煮玉子も最近選べるようになりました。

この日は、彩華ラーメン(小)スペシャル(チャーシュー、生玉子入り)を注文。

さてラーメンが出てきます。先払い制なので、お金を渡します。以前は店員さんのエプロンポケットから割り箸が出てきたのですが、最近は衛生を少しは意識しているのか、ラーメンの上に乗せてきてくださいます(笑)

醤油ベースのラーメンに白菜、ニラをはじめとする野菜たっぷり。そしてニンニクの香り。これぞ天理ラーメン!という風格たっぷりです。

スープは、鶏ガラベースの醤油味ですがニンニクと豆板醤が効いていて、ピリ辛です。脂分がかなり多く、非常に野性的で力強い旨みがあります。

そこに具の白菜、ニラ。これが他の店舗と比べてもやはり屋台店は量も多く、煮込みもしっかりしていてスープの旨みを吸いこみ良い感じ。ボリュームたっぷりで、スープの中から嫌というほど出てきます。

麺は柔らかめの細麺ストレート。以前と麺が少し変わった?もしくは茹で具合が変わったのでしょうか。以前よりかは、まだコシを感じたような気がします。この柔らかめの細麺がスープをよく絡め、白菜、ニラを巻き取り、この特徴ある野性的な美味しさを凝集して口に運んでくれる感じです♪

チャーシューは、以前のものと変わりましたが、赤身と脂身が程よく含まれた部分を用いてあります。しっとりとした柔らかさと迫力あるスープに負けない味付けがしっかりしていて、それなりに好感触でした。

個人的に、彩華の屋台は味も素晴らしいのですが雰囲気もこの場でしか味わえないものがあると思っています。特に冬場は寒いのに、彩華のピリ辛味で、体の芯から温まることが実感できて非常に好きです。これからも何度でも通いたい味です。

↓過去の記録
彩華ラーメン・屋台(1)

↓彩華ラーメン(小)スペシャル
100330-1.JPG

↓最近変わったチャーシュー
100330-2.JPG

↓麺とスープ
100330-3.JPG

↓テント内の様子
100330-4.JPG

↓屋台の様子
100330-5.JPG
posted by たぬき at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年03月29日

神應寺(神応寺)@京都府八幡市八幡西高坊

石清水八幡宮のふもとにあるお寺「神應寺」です。創建1150年を記念して、3月27日〜31日の間、奥の院にあたる杉山谷不動尊で約70年ぶりに本尊の不動明王立像を御開帳されるとのことで参拝しに行きました。

まず山門をくぐり抜け、長い急な石段を登っていくと本堂がありました。堂内には行教律師座像(重要文化財)が安置されているそうなのですが、この日、本堂前はどなたもおられず、入れそうな雰囲気ではなかったので、そのまま奥の院に向かって、さらに長い石段を下り登り・・

すると奥の院の杉山谷不動尊が見えてきました。こちらは、公開目当ての参拝客も多くおられ、活気がありました。不動明王様だけでなく、矜羯羅(こんがら)童子立像と制多迦(せいたか)童子立像も公開とのことでしたが、ちょうどお堂では、法要が行われており、遠くから見ると、像の詳細は、ほとんど見えないままでした。

しかし谷に沿ってある自然に囲まれた境内は、非常に心地よい雰囲気で、歩いていても気持ちいい一日でした。

↓山門
100329-1.JPG

↓山門をくぐり抜けると、本堂まで長く急な石段が続きます。
100329-2.JPG

↓本堂、この日は人気がなかったです。
100329-3.JPG

↓奥の院に向かう階段。石清水八幡宮へ向かうケーブルカーの下を通ります。
100329-4.JPG

↓奥の院の杉山谷不動尊
100329-5.JPG

↓谷沿いの木々に囲まれた良い雰囲気の場所でした。
100329-6.JPG

↓ほとんど咲き始めでしたが、一本だけ満開。石清水八幡宮は桜の名所でもあるので、来週あたりはすごい人出だと思います。
100329-7.JPG

↓御朱印です。
100329-8.JPG
posted by たぬき at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2010年03月28日

らーめん太閤・大和高田店@奈良県大和高田市幸町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

オークタウン大和高田の中にあるラーメン屋「らーめん太閤」さん。ネットで調べてみると、大阪の桜ノ宮にあるお店の支店になるようですね。

店内は、座席数がそれほど多くありませんでしたが、テーブル席があり、家族連れでも入りやすそうな雰囲気でした。それと、店員さんがハキハキと対応されていて、好印象でした。

ラーメンメニューは、基本の鶏ガラ白湯スープの太閤ラーメンにトッピングを選択するのみ。それと坦々麺がありました。その他、一品もの、定食メニューが充実していました。この日は、チャーシューらーめん(950円)に煮玉子トッピング(+100円)で注文しました。

出てきたラーメン、器が大きめでボリューム感があります。器が大きいのに、その一面を覆うような、かなりビッグサイズのチャーシューが乗っています。それと具に煮玉子、カイワレ、レタス、ネギが乗っています。ネギは斜め切りで、見た感じはあっさりしてそうな見栄えです。

スープを飲むと、鶏白湯特有のトロリとした粘度のあるスープ。味付けはこってりという訳ではなく、醤油ダレで優しく味付けされています。スープの表面に油膜が覆っていて、独特の甘みと、ちょうどよい塩加減で、なかなか旨みのあるスープです。

麺は、やや細ストレート麺ですが、スープの粘度がけっこうあるので、とてもスープとよく絡みます。

具のレタスやカイワレなどの野菜類はシャキシャキした食感と、スープとマッチした甘みがあり、なかなか良いトッピングだなと思いました。ネギも斜め切りのため、香りがよく出ていて、良いアクセントになっていました。

煮玉子もスープと合わせた味付けで、黄身がトロリとしていてなかなか良かったです。

そしてチャーシュー。これがすごいボリューム。特大のバラ肉で、柔らかくインパクトのある一品でした。

ふらりと入ったお店でしたが、なかなかまとまった味で美味しいなと思えた一杯でした。このあたりに来ることは少ないのですが、また立ち寄りたいお店の一つとなりました。

↓チャーシューらーめん+煮玉子トッピング
100328-3.JPG

↓チャーシュー
100328-4.JPG

↓麺とスープ
100328-5.JPG

↓お店の外観です。
100328-6.JPG
posted by たぬき at 14:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

法隆寺@奈良県生駒郡斑鳩町

先週、訪れた法隆寺です。この日は上御堂の特別公開が行われていたため参拝しました。

過去に友人が遊びに来たりすると何度も訪れ、昨年も参拝し、PC内を確認すると写真も撮っているのですが、一度もブログにアップしてないようです(^-^;

この日は、天気が良く絶好の行楽日和だったためか、過去に訪れた中でも最も観光客が多かったように思います。また偶然にも春の秘宝展が始まっていたので、そちらもゆっくりと見ることが出来ました。

上御堂の釈迦如来像は、表情が柔らかく、高い位置から静かに見下ろして見守ってくださるような印象的な仏様でした。

↓上御堂
100328-1.JPG

↓五重塔
100328-2.JPG
posted by たぬき at 14:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良

2010年03月27日

タンタンヌードゥルショップ 担担@京都市中京区壬生花井町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の人気の坦々麺のお店「坦坦」さんです。以前から、いつも行列が出来ていて気になっていました。

行列のできる店は苦手なのですが、この日、実は別のお店に向かっていたのですが、店の前を通りかかったとき、待っている人が少なかったので並んでみました。

店内は、カウンターのみの座席ですが、きれいで若い人に受けるような雰囲気があります。常に満席状態なので、活気もありますね。

麺類のメニューは、坦々麺、チャーシュー坦々麺、冷し坦々麺の3種類。それぞれサイズを並と大で選択できます。その他にチャーハン類もメニューにありました。この日は、チャーシュー坦々麺(並)を注文。

出てきた坦々麺、白濁したスープです。真ん中にみじん切りにされた白ネギと、そぼろ肉が山のように盛られていて、そのまわりにチャーシューが乗っています。表面は、きめ細やかなスリゴマが振りかけられています。

スープは白濁具合から、豚骨ベースなのでしょうか。非常にクリーミーな、ミルクを飲んでいるかのようなまろやかなスープでした。坦々麺じゃないような独特のスープですね。表面にピリ辛の味付けをされた油が浮いていて、意外なほど、後味にほのかな辛さを感じました。

麺は、中細のストレート麺。芯にしっかりコシがある感じで、ここち良い食感があります。スープにそぼろ肉とみじん切りの白ネギが多くトッピングされているので、それらと絡めて食べると旨みを味わえます。

チャーシューは、バラ肉を使用。非常に柔らかく箸でつまむだけで崩れます。ただ、その感触とは逆に食べると脂分を落とし過ぎというか・・ゴマの風味が効いていましたが、なんだか味気ないパサパサとした味がしました。少し残念。

全体的に少し創作的な坦々麺でしたが、万人受けしそうな味に感じました。クリーミーなスープが美味しいお店だな、と感じました。

↓チャーシュー坦々麺(並)
100327-3.JPG

↓チャーシュー
100327-4.JPG

↓麺とスープ
100327-5.JPG
posted by たぬき at 19:18| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

ベアレン(ベアレン醸造所)(3)

ネット仲間のはんしんさんから、またまたベアレン醸造所の地ビールをいただきました♪ビール好きが立ち上げた地ビール会社、本格的な味が楽しめます。

この日いただいたのは、バレンタインデーにちなんで販売されていました、チョコレートビール2種類。チョコレートビールと名付けられていますが、カカオなどは使用されていません。

↓過去の記録
ベアレン(1)
ベアレン(2)」


まず「ベアレン・チョコレートスタウト」

アルコール分7%。チョコレートビールという名前ですが、とても本格的な黒ビールと言う印象の味です。チョコレートのような甘さはなく、どっしりとした苦みのある黒ビールです。

濃厚な深い味わいがとても印象的、しかし後味も引き締まっていて上品な黒ビールという雰囲気でした。

100327-1.JPG


「ベアレン・チョコレートスタウト ヴィンテージ」

スタンダードな「チョコレートスタウト」のヴィンテージ版ということです。アルコール分9%と高め。普通バージョンのチョコレートスタウトと似た味でしたが、アルコール分が多い分、少し硬いような味わいを感じる気がしました。しかしずっしりとした苦みの効いた黒ビールでした。

100327-2.JPG
posted by たぬき at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年03月25日

京都のおうどん屋さん たなか家@京都府綴喜郡井手町(2)

少し前に訪れた京都の南、井出町にある讃岐うどんのお店「たなか家」さん。今年はラーメンだけでなく、他の外食記録も・・と思っていましたが、更新が大変です(^^; 麺類以外は、ほとんど省くかも・・

このお店、いつもお客さんが多いのですが、この日は行列が出来ていました。店内も店長さん、店員さんの心地よい接客が気持ちいいお店です。

プレハブ状の店舗ですが、テラス席もあり、開放感があり心地よいです。ここから見ると、いつも殺風景に見える木津川の景色も美しく見える気がします。

この日は、いくつかあるメニューの中から「生醤油うどん(小)」を注文。それと、天ぷらをいくつか取りました(天ぷらの写真は撮ってませんでした^^;)。

生醤油うどんは、うどんの手渡し口で専用の醤油を渡していただけるので、自分で好きなように醤油をかけます。大宮町産の醤油使用と書いていましたが、大宮町は、丹後の大宮町でしょうか?

具は、鰹節、ネギ、大根おろし。それにレモン汁で味付けします。いたってシンプルなうどん。

麺のコシは、この日は普段より少し弱めに感じましたが、いつもどおり美味しい麺には変わりありませんでした。麺と鰹節や大根おろし、ネギとの絡み、味の合わさり具合は良かったです。

ただ、醤油は、酸味が少し強い感じで、もう少し柔らかい感じの醤油でも良いかな?とも思いました。少し、醤油の味が表に出過ぎていて、他の具の美味しさが消されているように感じられたのは残念でした。

↓以前の訪問記録
京都のおうどん屋さん たなか家(1)

↓生醤油うどん(小)
100325-1.JPG
posted by たぬき at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ

2010年03月24日

壷阪寺(南法華寺)@奈良県高市郡高取町壺阪

遷都1300年祭で壷阪寺の三重塔初層が開扉となっていたので、参拝しに行きました。

このお寺、たしか2年前に初めてラベンダーの時期に訪れたのですが、巨大な石仏が立ち並ぶ、一種独特な雰囲気が好きになれず、ブログにもアップしませんでした。

しかし、最近読んだ本で、壷阪寺の前住職さんがインドでのハンセン病患者救済事業をしたこと。慈善だけでなく教育と産業振興による支援を目指し、学校を建て、石材産出地域で石彫技術者を養成したことを知りました。

それを読んでから行くと、その石仏群も受け入れることが出来、見た目だけで判断していた自分が恥ずかしく思えてきたりもします。

室町時代建立(再建)の三重塔の初層は、再建以来、初の開扉なのだそうです。初層には大日如来像と弘法大師像が安置されていました。大日如来像は、美しく残った彩色と切れ長の目が印象的な像でした。

↓三重塔(初層)が特別公開でした。
100324-1.JPG

↓本堂です。
100324-2.JPG

↓インドから贈られた石像
100324-3.JPG

↓ごく一部のみですが開花していました。
100324-4.JPG

100324-5.JPG
posted by たぬき at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良

2010年03月23日

彦根城@滋賀県彦根市

先週末、もう関西のほとんどの場所では梅の見頃は過ぎているようでしたが、滋賀の北のほうは、まだ見頃ということで彦根城へ。

この日、天気が変わりやすく、強い風雨が来たかと思えば晴れ間がのぞいたりを繰り返していました。そのためもあるのか、彦根は寒かったです。

そして、彦根城の梅林は、さすがに気温が低いだけありますね。まだ七分咲きくらいでした。

天守閣や人気の「ひこにゃん」のまわりは、人だかりでしたが、梅林は人もまばら。こじんまりした梅林でしたが、400本の梅があるとのことで、それなりの広さがありましたが、意外と梅を見に彦根城に訪れる方は少ないんですね。

今年の梅もこれで見納めになりそうです。もう場所によっては桜が咲き始めていますね。花の季節がやってきました♪

↓天守閣
100323-1.JPG

↓梅林は七分咲きくらいでした。
100323-2.JPG

100323-3.JPG

100323-4.JPG

↓ひこにゃんも梅の花を持ってポーズ。
100323-5.JPG
posted by たぬき at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2010年03月22日

ラーメン ni.co(にっこう)@滋賀県彦根市宇尾町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

最近滋賀で人気のあるラーメン屋さん「にっこう」さんです。彦根の市街地から少し離れた場所にポツンとお店があります。

お店の外観もラーメン店には見えない雰囲気です。見た感じは美容院?とか思えます。店内もこぎれいで、女性にも入りやすい雰囲気だと思います。

ラーメンメニューは鶏白湯スープは、3種類(塩、醤油、マー油)から選択、もうひとつ日香麺(丸鶏、豚、香味野菜、魚介類から取り出したあっさりスープ)は、2種類(清香(塩)、晴香(醤油))から選択できます。その他に柚子白湯つけ麺もありました。

この日は、鶏白湯の塩のチャーシュートッピングを注文しました。

さて、少し深い器に入ったラーメンが出てきます。見た目が黒くて洋風な器なのですが、スープもオリーブオイルかな?と思わせる香りが漂っています。具もチャーシュー、白ネギのほか、茎ワカメ、カイワレと少し変わっています。

スープを飲むと、鶏白湯らしいトロミのある味がベースなのですが、オリーブオイルと香草(バジルが入っている?)の味が効いていてイタリアンを食べているかのような味がします。しかしながらベースの鶏ガラから取られたダシはしっかりしていて旨みがあります。

麺は、厚めの平打ち麺?のような、こちらも独特の麺でした。コシがつよく食感を楽しむタイプの麺です。スープとの絡み具合はイマイチな感じがしましたが、麺自体の食感が心地よく美味しくいただくことが出来ました。

チャーシューも、少し独特です。バラ肉を使用していますが、こちらもバジルのような味わいが少しついた上で、炙られています。表面はカリッとした食感と香ばしい味わい、中からは肉の脂身の旨みが出てきて良い感じでした。

カイワレ、茎ワカメなども変わっていますが、スープに香りを与える一品として添えられている感じがしました。ネギも切り方が斜め切りや、せん切りのものが混ざっていたりと、いろいろな食感と風味を楽しむことが出来ました。

少し変わった洋風なラーメンでしたが、ベースの鶏ガラスープが旨みたっぷりで美味しい一杯だと思いました。

↓鶏白湯(塩)チャーシュートッピング
100322-1.JPG

↓チャーシュー
100322-2.JPG

↓麺とスープ
100322-3.JPG

↓お店の外観です。
100322-4.JPG
posted by たぬき at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀

2010年03月21日

石田食堂@京都市下京区朱雀分木町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都市中央卸売市場内に昔からある「石田食堂」さん。店名は食堂ですがメニューはラーメンと焼き飯などで、ラーメン屋さんです。市場内にあるだけあり、朝6:00〜13:00という営業時間です。

お店は市場内にあるだけあり、独特の雰囲気に包まれています。朝早くから活気にあふれています。店内は昔ながらの食堂という雰囲気で、テーブルと椅子が置かれています。

メニューは、ラーメン600円、チャーシューメン700円、焼飯600円、カレーライス600円など。

この日はチャーシューメンを注文しました。

出てきたラーメンは、見た目は、昔ながらの醤油ラーメンです。スープの色合い薄めで、少し濁っています。

スープは熱々で、体の芯から温まります。そのスープの味ですが、非常に優しい和風の味わい。最初味わった瞬間は、うどんやそばのつゆのような気がしました。昆布からダシを取っているのでしょうか。昆布の風味がとても効いていると思いました。

麺は、柔らかめの細麺ストレート。柔らかいのですが、スープをしっかりと吸い取っていて、麺自体に和風な味わいが付いています。この麺、芯がしっかりとあるような感じで、柔らかいのに噛むとコリっとするような心地よい食感がありました。

チャーシューも同じく優しい味付け。スープとよく合っています。ただ、チャーシューメンにしては量がとても少ないかな・・と残念でした。

非常に優しいほっこりとするような味わいのラーメンでした。長年、愛されてきているお店なんだな・・と納得できる味でした。

↓チャーシューメン
100320-1.JPG

↓焼豚
100320-2.JPG

↓麺とスープ
100320-3.JPG

↓メニュー
100320-4.JPG

↓お店の外観です。
100320-5.JPG
posted by たぬき at 10:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年03月20日

今季初勝利

京都2-1仙台(西京極)

今日は暑かったですね(^^; 上着が必要ないくらいの暑さでした。

そんな中、今季三試合目のJリーグ。ようやくサンガは初勝利を手にしました。2-1でリードした試合でしたが、後半は防戦一方。かなりヒヤヒヤした試合でした。

今日の試合後は、シンゴのハッピーバースデーコール&ブラジル式の生卵を顔にぶつけるお祝いの洗礼。試合に出ていないのに、シンゴは目立っていました。

ヒーローインタビュー後、角田、水谷のお立ち台。角田は、とても場馴れした感じでサポーターを盛り上げていました♪

↓西京極シアター
100319-1.JPG

↓ちょっと微妙なパーサくん
100319-2.JPG

↓洗礼を受けたシンゴ
100319-3.JPG

↓角田のお立ち台
100319-4.JPG
posted by たぬき at 18:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2010年03月19日

シルクヱビス(サッポロビール)(2)

今年も春の限定ヱビスとして売られている「シルクヱビス」です。

缶のデザインは、昨年と同じかな?昨年も美味しい味をいただいたので期待が高まります。

注ぐと・・・きめ細やかな泡が売りだけあり、きれいな泡立ちです。普通のヱビスと比べるとほんのりとホップのさわやかな香りが効いている気がしますね。口当たりも普通のヱビスは濃厚なストレートな感じですが、柔らかなカーブを描いてくる感触です。

ヱビスは、いろいろなバージョンがあって楽しいですね。個人的には、ブラックが好きですが、今年はW杯もあるし、その時期に似合いそうなビールでも出してほしいな・・と期待しています。

↓昨年の記録
シルクヱビス(1)

↓昨年と同じデザインだと思います。
100318-1.JPG
posted by たぬき at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年03月18日

豚菜館@奈良県天理市二階堂(2)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天理、二階堂にある老舗店「豚菜館」さんです。この数年は昼のみ営業ですので、行く機会が減りましたが、たまにふと食べたくなる味です。

メニューは、スープが醤油と味噌。サイズを特大(焼豚、野菜、玉子、支那竹入り)、メンマ(焼豚、野菜、メンマ入り)、中(焼豚、野菜入り)小(焼豚、野菜少なめ)から選択できます。

私は、特大と中しか選択したことがないと記憶していますが、ここはおそらく「特大=大盛」の意味ではなく、麺の分量は変わらず、具の量が違うのだと思います。しかし中でも普通で言うチャーシューメンのようなボリューム感があります。

この日は、醤油の特大を注文しました。

さて豪快な量のチャーシューがどっさりと乗ったラーメンが出てきます。そこにネギ、モヤシ(野菜?)と玉子、メンマがトッピングされています。見た目は非常にクラシカルな醤油ラーメンです。

このスープが、鶏ガラ豚骨ベースの醤油味なのですが、鶏ガラ豚骨のダシがしっかりしていて、深みがあります。醤油の風味も強すぎず非常にバランスの良いスープは旨みたっぷりです。京都の第一旭と似た味わいです。

麺も以前は、近藤製麺のものだったと思うのですが、今も同じではないでしょうか。これも第一旭さんと同じ製麺所だけあり似ています。柔らかな茹で具合なのですが、この深みのあるスープを吸いこみ、麺自体からにじみ出る美味しさがたまりません。

そしてたっぷりのチャーシュー。こちらは、一枚一枚も大きく、予想以上のボリューム感があります。醤油ダレでの味付けもスープとよく合っています。

それと、このチャーシューの一番の特徴は、しっとりとした柔らかさでしょうか。とても良い食感があり、噛むたびに肉の旨みを感じることが出来ます。

全体的に、本当に完成された醤油ラーメンだと思います。何度食べても飽きない味だと思います。

↓過去の訪問記録
豚菜館(1)」

↓迫力のある醤油(特大)
100317-1.JPG

↓チャーシュー
100317-2.JPG

↓麺とスープ
100317-3.JPG

↓お店の外観です。
100317-4.JPG
posted by たぬき at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年03月17日

御朱印帳・二冊目

もう昨年末ですが、2冊目の御朱印帳が一杯になり、記録として残しておこうと思いつつアップしてませんでしたので、書いてみます。

1冊目の御朱印帳のときの記事を読むと、その時期はずっと脚の怪我でランニングが出来なかった時期なんだな・・と思い出しました。

2冊目は、徐々に走れるようになりハードトレーニングを繰り返していた時期でもありますね。いろいろな光景が思い出されますが、思い出すのは早朝トレーニング後、寺院巡りで、よく脚が重いなぁ・・と思いつつ参拝していたな・・と。

今は負傷中ですが、そのような時期を再び迎えたいと思います♪

↓一冊目はこちら
御朱印帳・一冊目

1.西国第八番 長谷寺
2.西国三十三霊場開基徳道上人 法起院
3.円成寺
4.浄瑠璃寺
5.聖武天皇勅願行基菩薩開基 長弓寺
6.宝山寺
7.身代わり釈尊 戒光寺
8.皇室香華院 泉涌寺
9.西国十五番 今熊野観音寺
11.真言三道場之随一三国無雙精進峰 室生寺
12.観音寺大御堂
13.西国十三番 石山寺
14.東寺
15.弘法大師霊場 大野寺
16.清涼寺
17.大覚寺
18.摂丹境 永澤寺
19.醍醐寺
20.西国第三十番 宝厳寺
21.大通寺
22.法隆寺
23.法興山 中宮寺
24.東大寺大仏殿
25.仁和寺御影堂
26.仁和寺本堂
27.大和十三佛第八番 おふさ観音
28.秋篠寺
29.霊山寺
30.大和十三佛第五番 金剛山寺(矢田寺)
31.宇治十帖 三室戸寺
32.黄檗山萬福寺
33.圓光大師霊場第二十二番 知恩寺
34.霊瑞山 一休寺
35.西国第二十一番 穴太寺
36.西国二十番 善峯寺
37.近畿三十六不動尊霊場第十六番 青蓮院門跡
38.近畿三十六不動尊霊場第十七番 曼殊院
39.西国三十一番 長命寺
40.三井寺金堂
41.西国十四番 三井寺
42.西国第十番 三室戸寺
43.大蓮寺
44.西国第十二番 岩間寺
45.興福寺中金堂
46.西国薬師第二十二番 鶴林寺
47.西国第二十六番 一条寺

posted by たぬき at 20:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2010年03月16日

クリーミーホワイト(サッポロビール)

サッポロビールの新ジャンルの新商品「クリーミーホワイト」。めずらしく関西限定販売だそうです。その名の通り、新ジャンルにしてはクリーミーな泡が長持ちするのが売りとのことです。

たしかに新ジャンルは、泡の持ちもきめ細やかさも非常に悪いのですが、これはどうかな?と注いでみると・・

たしかに泡立ちも良い感じ。ビール風です。そして泡の加減が良いからなのか、口当たりも柔らかな感じがします。味は、少しホップが効いた特徴的な味わいです。少し作られたような不自然さも感じるような。

しかし、新しく技術が開発され美味しい商品につながっていくことは、うれしい限りです。これからも新商品に期待しています♪

↓きめ細やかな泡立ちが特徴的な新ジャンル。
100316-1.JPG
posted by たぬき at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年03月15日

みそラーメンさつき@兵庫県神戸市兵庫区門口町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

Jリーグ開幕戦(神戸vs京都)の前に訪れたお店「味噌ラーメンさつき」さんです。兵庫駅から歩いて5分もかからないところにあります。

お店の外観は、老舗店な雰囲気の店構え。昔ながらのラーメン屋さんという感じです。駐車場はないのですが、次から次へとお客さんが来られます。店内はカウンターのみです。

メニューは、味噌、塩、醤油の3種類のスープから選択できます。どのスープでも550円、チャーシューメンにすると750円。その他、定食メニューも、ぎょうざセット680円、焼きめしセット780円など良心的な値段設定です。

この日は、店名にもなっている味噌のチャーシューメンを注文。

濃厚そうな茶色がかったスープが印象的なラーメンが出てきます。スープの表面はチャーシューがいっぱい乗っています。

スープは、熱々。この日は気温が低かったので、体の芯から温まりました。スープはとんこつベースの味噌味です。とろみのあるスープは、塩加減とほんのり感じる甘みがマッチしています。細切れの玉ねぎとゴマが浮いているのですが、この玉ねぎの甘みが効いています。

麺は、味噌ではめずらしい細麺ストレート。玉子麺?と思わせるようなプリッとした食感と風味が良い感じです。

チャーシューは、赤身部分を薄くスライスした感じで、それほど強く味付けはされておらず、さっぱりした風味です。薄切りなので、麺と絡ませて食べると良い感じです。

素朴な昔ながらのラーメン店でしたが、お店のかたの対応も親切で良かったです。地域に根付いた愛されているお店なんだろうなという雰囲気が伝わるお店でした。

↓味噌チャーシューメン
100315-1.JPG

↓チャーシュー
100315-2.JPG

↓麺とスープ
100315-3.JPG

↓たくあんがサービスでした。
100315-4.JPG

↓お店の外観です。
100315-5.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@兵庫

2010年03月14日

2010ホーム開幕戦

京都1-1鹿島

西京極ホームでの開幕戦。ホーム開幕戦としてのセレモニーのようなものは、特になくいつも通り試合は開始。客入りは良く、15000人は超えたでしょうか。

結果は、J王者、鹿島相手にドロー。前節の神戸戦と比較するとずいぶん、チームとしてまとまった戦いが出来たのではないのでしょうか。

カウンター中心でしたが、サイド攻撃もあり、見どころも多かったです。今後、期待できる内容でした。

しかし暖かくなってきて、花粉がやばいですね。今日もむずむず感が続く一日でした。

↓今日は「たわわちゃん」が来ていました。
100314-1.JPG

↓昨年から「SI・N・KA」した電光掲示板(笑)チエゴ&加藤久監督
100314-2.JPG

100314-3.JPG
posted by たぬき at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2010年03月13日

月ヶ瀬梅渓

奈良の梅の名所、月ヶ瀬梅林に行ってきました。今日は、天気が少し悪かったのが残念ですが、梅の花は今が見頃!満開で非常に美しかったです。

月ヶ瀬は、梅の木が多く規模が大きいだけでなく、いろいろな種類の花が楽しめるのがいいですね。白、ピンク、赤、枝垂といろいろな品種の梅の花を楽しむことが出来ました♪

↓五月川と梅林
100313-1.JPG

↓ピンクと白の花が咲く「思いのまま」という品種だそうです。
100313-2.JPG

↓満開の花は美しかったです。
100313-3.JPG

↓枝垂れ梅は華やかでした。
100313-4.JPG

100313-5.JPG
posted by たぬき at 19:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場