2010年03月08日

ますたに・本店@京都市左京区北白川久保田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

最近、背脂醤油系のラーメンが続いていますので続けて書きます。最近、久しぶりに食べた京都の背脂醤油系の元祖でもある老舗店「ますたに」さんです。

北白川は、親戚が住んでいたので昔から、この付近は何度も歩いたことがあるのですが、このお店は幼いながら独特のくさーい豚骨の香りが記憶に残っているお店でもあります(笑)ここ数年はラーメンブームのためか、行列が出来ていたりします。

この日は、昼ごはん時でしたが、行列もなかったので入ることにしました。やはり、店外にまで豚骨臭がしています。すぐ隣は民家なのに、すごいなぁ・・と相変わらず思います。

店舗は老舗な作り、カウンターと奥のほうに座席が少しだけあります。

メニューも素朴、ラーメン(並)600円、ラーメン(大)700円、チャーシュウメン(並)800円、チャーシューウメン(大)850円。それとライスと漬物があるのみです。この日はチャーシュウメン(並)を注文。

さて(並)ですが、ものすごく小さい鉢でラーメンは出てきます。普通のラーメン店で言うところのミニラーメンサイズ。

しかし背脂の浮いたスープ、メンマ、ネギ、チャーシューと言ったシンプルなトッピングで、見た目は京都の背脂醤油のスタンダード。

スープの背脂は大きめです。スープを飲むと背脂の甘みで醤油の風味が柔らかくなっている印象なのです。それと少し浮いている一味が非常に効いていて予想以上に後味に辛味を感じます。

京都の背脂醤油系のお店は、一味は味を引き締める程度に効かせているお店が多い中、このお店は結構、ピリッとした辛味を感じます。そのため、スープが複雑な印象も受けます。

麺は、やや細ストレート。京都の老舗店らしく、柔らかい茹で具合です。鉢が小さくスープが少ないのですが、麺は普通のラーメンくらいの量が入っているので、麺がいっぱい入っているかのような錯覚に陥ります。

この柔らかめの麺がスープの味をよく吸い、またチャーシューなどの具とも絡めやすくなっています。

チャーシューは、柔らかめに煮込まれています。赤身部分が多く、醤油だれでスープを邪魔しない程度に味付けされています。

ネギのシャキシャキ感は心地よく、メンマも大きめで存在感はあります。

昔ながらの雰囲気で食べられる京都の源流とも言える素朴なラーメン。流行りのお店のような華やかさや飛びぬけた特徴もあるわけではないのですが、これからも美味しい味を楽しませて欲しいと思います。

↓チャーシュウメン(並)
100308-2.JPG

↓チャーシュー
100308-3.JPG

↓麺とスープ
100308-4.JPG

↓お店の外観です。
100308-5.JPG
posted by たぬき at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

開幕黒星

神戸2-0京都(ホームズスタジアム神戸)

篠山から駆け付けた神戸でのJリーグ開幕戦。やっぱり専用スタジアムはいいですね〜

てことで、試合の感想は・・・・記憶なし(笑)パクカンジョがんばってましたね。

これからまた観戦に忙しい季節の再開です♪

↓雨天のため天井は閉じられていました。
100308-1.JPG
posted by たぬき at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー