2010年03月29日

神應寺(神応寺)@京都府八幡市八幡西高坊

石清水八幡宮のふもとにあるお寺「神應寺」です。創建1150年を記念して、3月27日〜31日の間、奥の院にあたる杉山谷不動尊で約70年ぶりに本尊の不動明王立像を御開帳されるとのことで参拝しに行きました。

まず山門をくぐり抜け、長い急な石段を登っていくと本堂がありました。堂内には行教律師座像(重要文化財)が安置されているそうなのですが、この日、本堂前はどなたもおられず、入れそうな雰囲気ではなかったので、そのまま奥の院に向かって、さらに長い石段を下り登り・・

すると奥の院の杉山谷不動尊が見えてきました。こちらは、公開目当ての参拝客も多くおられ、活気がありました。不動明王様だけでなく、矜羯羅(こんがら)童子立像と制多迦(せいたか)童子立像も公開とのことでしたが、ちょうどお堂では、法要が行われており、遠くから見ると、像の詳細は、ほとんど見えないままでした。

しかし谷に沿ってある自然に囲まれた境内は、非常に心地よい雰囲気で、歩いていても気持ちいい一日でした。

↓山門
100329-1.JPG

↓山門をくぐり抜けると、本堂まで長く急な石段が続きます。
100329-2.JPG

↓本堂、この日は人気がなかったです。
100329-3.JPG

↓奥の院に向かう階段。石清水八幡宮へ向かうケーブルカーの下を通ります。
100329-4.JPG

↓奥の院の杉山谷不動尊
100329-5.JPG

↓谷沿いの木々に囲まれた良い雰囲気の場所でした。
100329-6.JPG

↓ほとんど咲き始めでしたが、一本だけ満開。石清水八幡宮は桜の名所でもあるので、来週あたりはすごい人出だと思います。
100329-7.JPG

↓御朱印です。
100329-8.JPG
posted by たぬき at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都