2010年04月16日

法輪寺@奈良県生駒郡斑鳩町三井

先週訪れた斑鳩の「法輪寺」です。この日は、遷都1300年祭の関係で、秘仏である妙見菩薩立像が公開になっていました。

北極星を仏閣化したという妙見菩薩様、個人的にものすごく楽しみに行きましたが、意外と境内はひっそりとしていて観光客は少なかったです。妙見菩薩様とお会いした時も、私ともう一人だけ。。あまり注目されていないのかな?

妙見菩薩像は、平安時代の作とのことですが、保存状態の影響か、ほとんど表情が分からないくらいの仏様でした。ただ、その当時から北極星を信仰していたということに驚くばかりです。航海(遣唐使/遣隋使?)などのためにも北極星が、その当時から大切な存在だったのでしょうね。

個人的には、法隆寺と同じく飛鳥時代の仏様、薬師如来様、虚空蔵菩薩などが非常に印象的でした。

境内はとても静かで観光客も少なく、ゆっくりとすることが出来ました。サトザクラもきれいに咲いていて、再建された三重塔も美しかったです。

↓南門からのぞむ法輪寺
100416-1.JPG

↓特別公開があった妙見堂
100416-2.JPG

↓妙見堂の前にある桜の木は満開でした。
100416-3.JPG

↓御朱印です。
100416-4.JPG
posted by たぬき at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良