2010年05月06日

麺屋あさひ@京都市北区紫野大徳寺町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

佛教大学の目の前にあるラーメン店「麺屋あさひ」さんです。大学前のためか、ラーメン店が並び、このお店は「天一」「大豊」と京都で人気のラーメンチェーン2店舗に囲まれています。

お店は、テーブル席ふたつとカウンター席が10席くらいでしょうか。狭い感じの店内ですがこぎれいです。テレビが置いてあり、見ながらいただくことが出来ます。

ラーメンメニューは、ラーメン白(昔ながらラーメン)650円とラーメン黒650円。それとチャーシューメン950円、つけ麺800円、期間限定の坦々つけ麺800円がありました。その他に餃子、唐揚げ、焼豚、ライスなどのサイドメニューがあります。

また高菜とゴマが置いてあり、自由にトッピング可能です。

ラーメン白は白濁したトロミのあるオリジナルスープ、ラーメン黒は、京都五光醤油とオリジナルスープとのことです。どちらにするか迷ったので、どちらかのスープで出てくるだろうとチャーシューメンをお願いしてみました。

偶然、おとなりのお客さんたちがラーメン白とラーメン黒を注文されていたので、ラーメンの色合いからどちらのスープかが分かるかな・・と思いました(^^;

さて出てきたラーメン、おとなりさんのラーメンと見比べると、醤油の色が濃く出たラーメン黒のチャーシューメンのようです。玉子2つとメンマ、ネギ、ノリ、そして大量のチャーシューが乗っています。

スープを飲むと、トロミのある濃厚な鶏ガラベース。鶏ガラの旨みがしっかり効いて深みがあります。それに加え、醤油の味が強く出ていて、パンチ力のあるこってりとしたスープです。

麺は細麺ストレート。ぷちっとした食感を芯に感じる食べていて心地の良い麺でした。

玉子もしっかりと味が付いていて、黄身も半熟気味で良かったです。ノリのトッピングも濃厚な鶏ガラ醤油スープと意外と合っていました。

そしてチャーシューは、濃厚スープに負けないような強い醤油味での味付け。赤身と脂身部分がバランスよく取り込まれています。縁は炙ってあるのか、カリッとしていて、中はほろほろと崩れるような食感です。量も多く食べ応え十分でした。

あまり知らないお店だったのですが京都らしい力強い鶏ガラ醤油スープのお店でした。鶏ガラの旨みがしっかりしていたので、ラーメン白も良い感じだろうなと思います。次は、そちらもいただきたいと思います。

↓チャーシューメン
100506-1.JPG

↓チャーシュー
100506-2.JPG

↓玉子
100506-3.JPG

↓麺とスープ
100506-4.JPG

↓お店の外観
100506-5.JPG
posted by たぬき at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都