2010年05月21日

ラーメン こぶ志@京都市中京区壬生中川町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都、二条駅、西院駅の中間地点あたりにある人気ラーメン店「こぶ志」さんです。友人とともに訪れました。

お店は、一見、屋台風?とも思える道に面したカウンターのみです。カウンター数も8席くらいでしょうか。それほど席数は多くありません。この日は、行列も覚悟・・と思っていったのですが、ちょうど2人分席が空いていました。店内は、カウンターのみで、狭いのですが、それなりにこぎれいで好感が持てました。

ラーメンメニューは、塩スープ、醤油スープのどちらかを選択し、トッピングにより値段が変わります。その他、つけ麺(昼、夜各10食限定)、毎月の月替わり創作メニューがありました。

その他にサイドメニューとして、明太子ごはん、ごはん、お稲荷さん(昼のみ)、塩釜チャーシューユッケ丼などがありました。

この日は、塩スープの特選こぶ志ラーメン(煮玉子、チャーシュートッピング)850円を注文しました。

出てきたラーメンは、澄んだ色合いのスープ。ただ独特の朱色の脂分みたいなものがスープ表面に浮いていて、スープ全体が朱色がかっていました。そこに赤い色合いの大きいチャーシューが3枚と玉子、チンゲンサイ、ネギが乗っています。

スープをいただきます。朱色の脂分、辛味のあるようなものかな?と思ったのですが、それほど辛味は感じず、舌の上に広がる柔らかな旨みを感じました。正体は何なのでしょう?

スープ自体は、鶏ガラと魚、昆布などがベースなのでしょうか。非常に和風な味わいで、個人的には昆布だし?が効いているように思いました。あっさりとしていて、甘みがあるのですが、わずかに浮いている一味が味を引き締めていて、後味もすっきりしていました。とても高レベルなスープでした。

麺は全粒粉を使用。そばのような食感もあり、個性的な麺でした。同じく全粒粉の麺を使う京都の「高倉二条」さんと比べると、なめらかな風味です。和風の旨みたっぷりスープと、よく合います。

具のネギは、ななめ切りで見た目も美しいです。チンゲンサイと共にあっさり感を演出している感じです。煮玉子も黄身がトロトロしていて良い感じでした。

そして大判のチャーシュー。最初は色合いから、レアチャーシュー?とか思っていましたが、燻製されたような味わいでローストポーク風?臭みもなく、肉の旨みを感じられました。赤身部分を使用していて、あっさりしているものの、肉の旨みがしっかり出ているので満足度もたっぷりあります。

お店の外観では、街中の屋台風ラーメンという感じなのですが、和風の料理職人が作った粋なラーメンと言う感じで、キリっとした存在感のあるラーメンでした。また毎月の創作メニューも、このお店のファンには、楽しみのひとつだと思いました。

↓特選こぶ志ラーメン(塩)
100521-1.JPG

↓チャーシュー
100521-2.JPG

↓麺とスープ
100521-3.JPG

↓お店の外観です。
100521-4.JPG
posted by たぬき at 20:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都