2010年07月02日

第一旭・大久保東店@京都府宇治市広野町西裏

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄大久保駅の駅前にある平和堂。その裏手の細い道に面して営業されている「第一旭」さんの大久保東店です。

この道は、車で通れるような道ではないので、駅前を歩く人にしか分からないようなお店です。意外と知らない人も多いのかな?と思います。

店内は、とても変わった配置。カウンター約6席が2列に並んでいます。どちらのカウンターも同じ方向に向いています。しかも店内で、カウンター間を移動することが出来ず、お店に入る扉により、どちらのカウンターに座るかが決まります(^^;

店内には、小さなテレビが置いてあり、通勤帰りの会社員向け?というような、大衆酒屋のような雰囲気もあります。お店は、老夫婦と思われる方が切り盛りされていて、とても親しみを持てる雰囲気です。

メニューは、いわゆる第一旭のFC店のメニュー。デフォルトのラーメン「スペシャル」650円、豚バラチャーシューの「デラックス」800円、甘く煮込んだチャーシューが乗る「ターロー」1000円。その他、味噌750円など。このお店は肉増しは無いようです。

一品は、餃子、焼肉、焼豚、ライス、キムチなどがあります。

この日は、肉増しが無いのが残念でしたが、普通のスペシャルを注文。

さて出てきたラーメン。オーソドックスな京都ラーメンの風貌。ただ第一旭にしては、めずらしく少し濁ったようなスープです。具はネギたっぷりにモヤシ、チャーシュー、メンマとシンプルです。

スープは、醤油と豚骨ダシの旨みがマッチしたスープ。ただ一般的な第一旭と比べると塩気が強い感じです。個人的には、第一旭のスープと言うより、ラーメン藤の本店に近い味わいだなと思いました。ただ、なかなか本格的な京都醤油という味わいです。

麺は第一旭らしい、柔らかめの中細ストレート麺。この麺、本当にスープを吸いこみます。塩気が強くパンチある旨みを凝集して、口に運んでくれる感じです。

ネギはシャキシャキしてスープと合っています。モヤシは量はほどほどですが、それがかえってスープの強さを邪魔しなく、良い感じです。

そしてチャーシュー。本当に650円?と思うような量が入っています。普通にチャーシューメンのような。肉増しメニューが無くとも、第一旭らしいたっぷりの肉を楽しめます。この値段でこのボリュームだとかなりコストパフォーマンスが良いと思います。

チャーシューは、やや硬めですが、しっかりとした肉の味わいを感じることが出来る一品で、力強い昔ながらの京都ラーメンにぴったりでした。

最近、第一旭に行くと、老夫婦で経営されているシーンによく出会います。私の近所でも京田辺のお店が閉店されたり・・ このお店、いつまで続くのかな?とても美味しいお店だったので、末長く続いてほしいな・・と願うばかりです。また訪れたいと思います^^

↓スペシャル
100702-2.JPG

↓チャーシュー
100702-3.JPG

↓麺とスープ
100702-4.JPG

↓お店の外観
100702-5.JPG
posted by たぬき at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

夕張石炭ビール(薄野地麦酒)

関東に出張時に偶然見かけて購入した北海道の地ビール「夕張石炭ビール」です。「薄野(すすきの)地麦酒」という会社が作っているビールのようです。

このビール調べてみると夕張にある石炭博物館で売られているもののようですね。石炭と言うだけあり黒ビールです。アルコール度数5%

そのお味は、、、

なかなかのコクと、ほんのりとした甘さ、そして後味に残る苦み。かなり本格的な黒ビール。しっかり深い味わいを味わうことが出来ます。けっこう美味しいビールでした。なかなか出会うことが出来ないと思いますが、また飲みたいビールの一つです。

↓夕張石炭ビール
100702-1.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど