2010年07月07日

ラーメン大ちゃん@京都市西京区大枝東長町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

洛西ニュータウン付近にあるお店「大ちゃん」です。以前から、ずっと行きたいな・・と思っていたのですが、公共交通機関を利用したアクセスがそれほどなく、行く機会が無かったお店です。

お店は、外観からは小さくこじんまりした印象。ただ、店内は意外と広々としています。こぎれいで清潔感のある店内にも好感が持てます。多めのカウンター席のほか、テーブル席も多く、いろいろな人数の客に対応できそうです。

お店に入ると、いかつそうで頑固な雰囲気の店長さんが迫力満点の声で「いらっしゃい!」と迎えてくださいます。

お店のメニューは、基本のスープは醤油と味噌。並が710円、チャーシューメン940円、大盛り900円、ミニ500円など。その他に黒大豆味噌スープの並900円、チャーシュー1100円、塩スープの並780円などがありました。

とりあえず基本の醤油のチャーシューメンを注文しました。

さて、出てきたラーメン。ド迫力のチャーシュー!!こんもり乗っています。スープは醤油の色合いが濃く出ていて、さらに濁っています。具はネギに、モヤシとシンプルです。

スープは、豚骨ベースの醤油味。非常にストレートに出た醤油の風味と豚骨の深いコク、それとたっぷりのチャーシューからにじみ出る肉の旨み、それらの味が混じりあり、ストレートに響く力強いスープを味わうことが出来ます。

麺はやや細ストレートで柔らかめの茹で具合。力強いスープを吸いこみ、さらにたっぷりのチャーシューを絡めて、口に運んでくれます。

それと具のモヤシ。個人的にラーメンの具のモヤシは、それほど好みではないのですが、このお店のモヤシは力強いスープと合うように味が付けられ、スープの迫力をさらに強くするかのようでした。

それとボリュームたっぷりのチャーシュー。しっかりと醤油ダレで味付けがされた赤身部分を中心に使用されています。一枚一枚が柔らかく、さらに大きく、そして鉢一面だけでなくスープと麺の間から、これでもか!というくらいの量が出てきます。

このチャーシュー、噛むたびに肉の旨みを感じられます。スープの力強さ、モヤシの濃いめの味付けとも合わさり、なんだか焼肉ラーメンを食べているかのような感覚にすら陥ります。

本当に力強く、店長の気迫を感じるかのような直線ストレートに迫りくる男のラーメンという雰囲気でした。個人的には、スマッシュヒット。味噌味(もちろんチャーシューメン)なども再度、試してみたいなと思いました。

↓醤油・チャーシューメン
100706-1.JPG

↓チャーシュー
100706-2.JPG

↓麺とスープ
100706-3.JPG

↓お店の外観です。
100706-4.JPG
posted by たぬき at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都