2010年08月05日

瑞巌寺@宮城県宮城郡松島町

出張中、立ち寄った「瑞巌寺」。ついでに瑞巌寺の一部となっている「五大堂」といっしょに、短時間で参拝してきました。

五大堂は、松島海岸の景色の中に浮かび、とても景観の良いところでした。

瑞巌寺は、まず参道の杉木立が神聖な雰囲気です。参道の横には、鰻塚と呼ばれる岩をくりぬいた洞窟のようなものがあります。

国宝の本堂は、修復中で見ることが出来なかったのですが、特別公開で、国宝庫裡と、陽徳院(伊達正宗の正室、愛姫)御霊屋を見学することが出来ました。陽徳院御霊屋は「瑞鳳殿」と同じく、きらびやかな装飾が印象的でした。

↓五大堂
100805-1.JPG

↓松島の景色
100805-2.JPG

↓瑞巌寺の杉木立
100805-3.JPG

↓鰻塚
100805-4.JPG

↓五大堂の御朱印
100805-5.JPG

↓瑞巌寺の御朱印
100805-6.JPG
posted by たぬき at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@その他

2010年08月04日

一力@兵庫県佐用郡佐用町佐用

兵庫県佐用町のローカルフード「ホルモン焼きうどん」のお店「一力」さん。昨年は「お多福」さんに立ち寄ったので、今年は別のお店へと、こちらのお店を訪れてみました。

お店は佐用川の近くにぽつんとある、古びた小屋のような建物。ものすごいローカル感があります。

店内は、鉄板のまわりに木の長椅子があるのみ。6人くらい座ると満席でしょうか(笑)なかなか日常では味わえない雰囲気です。

メニューは、佐用のホルモン焼きうどん独特の形式。うどんを何玉にするか+具に何を入れるかの選択のみ。このお店は、うどん一玉130円、具は5種類から選択できます。ホルモン530円、ミノ560円、キモ540円、シンゾウ540円、ブタ460円。

お店は、一見、無愛想というか、こわそう?にも見える、おばちゃんが切り盛りされていて、最初に「ホルモンでいい〜?」と聞かれたので「ホルモンとブタにして〜」と注文。

するとホルモンとブタをほぐしながら野菜などと一緒に鉄板で焼き始めてくださいます。しばらく焼くと、うどんを何玉にするか聞かれるので、三玉、注文しました。

焼うどんは、薄めの醤油ダレを用いて味付けながら焼いてくださいます。完成すると、濃い色合いのニンニク醤油ダレと取り皿をくださいます。

まずは、たれを付けずにそのまんまをいただきます。麺は、意外ともちっとしていて食感が良い感じ。うっすらと付いた醤油味も、もちもち麺とよく合います。

次にニンニク醤油ダレを付けて食べます。こちらは、醤油の味わいがストレートに出た力強い味わい。「お多福」さんは、あっさりした醤油ダレだったのに対して、こちらは濃厚な味です。個人的には、こちらのお店のタレのほうが好みでした。

具のホルモンは、てっちゃん、センマイなどが中心。豚肉も細切れに多く入っていて、野菜も多く、なかなか具だくさんでいただくことが出来ました。

無愛想に見えたおばちゃん。意外と話し出すと、話しやすい雰囲気でした。昔、私がこの付近に住んでいたことや、昨年の洪水の話などをしばらく話していました。

昨年の洪水で、このお店は川沿いなのに、川の対岸の堤防が決壊したことで、こちらのお店は大丈夫だったそうです。しかし安全の問題から、町から移転命令が出ているそうで、どこに移動しようか考えておられると言っておられました。

雰囲気も個人的には好みで、安く美味しいお店だったので、もし移転されたとしても長く続けてほしいお店だと思います。おばちゃんも末長く頑張って欲しいと思いました。

↓うどん三玉+ホルモン+ブタ
100804-1.JPG

↓ニンニク醤油ダレでいただきます。
100804-2.JPG

100804-3.JPG

↓メニュー
100804-4.JPG

↓外観です。
100804-5.JPG
posted by たぬき at 21:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 播磨

2010年08月03日

ひまわり園@兵庫県佐用町

今年もヒマワリを見に佐用町(旧南光町)へ。昨年度は、水害で大きな被害を受けた佐用町でしたが、ヒマワリ畑は元気に再開されていました。

いくつかある佐用町のひまわり畑の中でも、林崎地区のひまわり園は、ほんとうに広大で・・見渡す限り一面のひまわり。圧巻でした。

また一角では、世界のひまわりの品種が植えられており、多くの変わったひまわりも見ることが出来ました。

↓一面のひまわり園
100803-1.JPG

100803-2.JPG

100803-3.JPG

↓品種:ココア
100803-4.JPG

↓品種:ダブルクイック
100803-5.JPG

↓ムーンシャドウ
100803-6.JPG

↓プラドレッド
100803-7.JPG

↓スターバストレモンオーラ
100803-8.JPG
posted by たぬき at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 播磨

2010年08月02日

饂飩 きぬ川@大阪府門真市寿町

門真市にある人気の讃岐うどんのお店「きぬ川」さんです。

お店は、カラオケの「まねきねこ」のお店と同居しているので、まねきねこの看板をたよりに行くとすぐに分かりそうです。

店内は、カウンター、座敷、テーブルがあり、いろいろな客層に対応できそうなお店です。こぎれいで、清潔感もあります。

メニューは、ぶっかけ、生醤油、カレー、釜揚げ、ざるなどがあり、それぞれにトッピングにより多くのバリエーションがあります。

この日は、ぶっかけから選ぼうとメニューを見ると、とり玉天ぶっかけ800円、ちく玉天ぶっかけ780円、ひりゅうずぶっかけ1000円、とろろぶっかけ700円などが載っています。ひりゅうずぶっかけは、めずらしく、メニューの中にも「ここだけのおいしさ」と強調されていたので、それと半熟玉子天をトッピング追加で、注文しました。

さて、おうどんが運ばれてきます。具は、インゲンの天ぷら、えび天、まいたけ天、半熟玉子天、きざみのり&たまご、そして、ひりゅうず。おろし、しょうが、ねぎは、自由にトッピング出来ます。

うどんは、表面がつややかに光っていて美味しそうにみえます。それほどコシが強いタイプの麺ではありませんが、噛むと程よいモチモチ感があり、なかなか良い感じです。

ぶっかけのダシは、讃岐と言うより関西風。鰹の風味が効いていて、甘みが強く濃いめです。麺とも良く合っていました。

そしてひりゅうず。こちらは、大和いもを使用しているとのことです。いっしょに練られている具はゴマ、しいたけ、きくらげ、ニンジンなどでした。揚げられた表面がカリッとしていて、中は柔らかな食感です。

少し甘みが強く、たるんだような味わいで、個人的には、このぶっかけうどんの中で、ダシや麺の味わいとも合わないような・・ひとつだけ浮いたような一品だな・・と思ってしまいました。

他の天ぷらは、まいたけ、半熟玉子、インゲン、海老ともに揚げたてのアツアツ感が出ていてとても良かったです。

麺もダシも美味しくいただくことが出来ました。個人的にひりゅうずは、ここのおうどんと合わないような気がしたので、普通のとり天や、ちく天ぶっかけを選択すれば良かったかな・・と思いました。

↓ひりゅうずぶっかけ+半熟玉子天
100802-1.JPG

↓麺の雰囲気
100802-2.JPG

↓お店の外観
100802-3.JPG
posted by たぬき at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2010年08月01日

マラソン7月度練習&今後の予定

6月から怪我からの復帰、7月からは、徐々に距離を延ばしたり、練習回数を増やしたりと、考えながらのジョギング生活。

脚のけがの状態は万全ではなく、たまに痛む感じもありました。ただ、うまいこと梅雨や、忙しかった仕事の出張と重なったのが良いのでしょうか。ランニングの休養になってくれました。

19日に20キロ以上を久しぶりに走ったのですが、その時は少し脚に違和感を感じ・・

ただ、そのあと出張などもあり、練習を休み、再度、月末に20km走に挑戦。その時は、快適に走ることが出来ました。

猛暑でトレーニングは辛いのですが、8月度、少し本格的に練習を再開できるかな?という感触をつかみつつあります。

なんとか去年の体力レベルに戻すように、ぼちぼちやっていきたいと思います。

大会の予定は、脚の状態と相談ですが、今月末くらいには一つくらい秋の大会の予定を入れられると良いな・・と思っています。
posted by たぬき at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン練習