2010年09月10日

第一旭・六角店@京都市中京区松ケ枝町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の繁華街の中にある第一旭のお店です。この店舗の前の道は、それなりに人通りが多いのですが、いつ入っても、ものすごく客入りがいいという感じではないお店だったりするのが不思議です。

店内は、カウンター中心に、テーブル席などもあります。厨房でラーメンを作っておられる職人風の方が年季が入っている感じです。

ラーメンメニューは、第一旭の基本のしょうゆ、厚切りチャーシュー入りのデラックスの他、みそラーメン、塩ラーメン、こってりラーメン、キムチラーメン、九州ラーメンなど、豊富なラインナップです。

ラーメンは麺の硬さを選べるほか、背脂入りも無料で選べます。肉増しは150円アップです。

単品も餃子、焼飯、豚キムチ、唐揚げ、角煮、焼肉など。それらを合わせたセットメニューも充実しています。また15時からは、焼肉、餃子、豚キムチ、角煮のうち一品とビールを選ぶビールセットなるものもありました。

この日は、しょうゆ(並)の肉増しを選択。

さて、出てきたラーメン、ネギいっぱい、チャーシューたっぷりのラーメンが出てきます。スープは澄んだ色合い。ネギの多さは、第一旭の中でもかなり多いほうだと思います。逆にモヤシは少なめです。

まずスープをいただきます。これが第一旭らしい豚骨のダシも感じるのですが、それ以上に昆布だしのような和風の風味を強く感じるあっさりとした醤油スープです。和風な風味を強く感じる第一旭は珍しい感じがしますが、あっさりながら、コクもあり良い感じでした。

麺はいつもどおり、柔らかめの茹で具合の中細ストレート。この麺がスープの旨みを吸いこみ、京都ラーメンらしい美味しさに仕上がっています。

それとチャーシュー。薄切りの大判の赤身肉を使用しています。これが、第一旭の全店舗中でもトップクラスじゃないのかな?と思えるくらいの量が入っています。

スープの上に1層ではなく、2層から3層のチャーシューの層があるような、、1枚1枚は薄切りですが大判で、ボリューム感たっぷりでした。そのチャーシューの味も柔らかく、豚の風味が味わえ、美味しいものでした。

繁華街にある第一旭。そのスープは、少し和風でしたが、コクのある味わいでした。そして肉量もすごくて、、この店舗のラーメンは、すべての第一旭店舗内でも上位のほうかなと思えるお店です。

↓しょうゆラーメン(並)+チャーシュー増し
100910-1.JPG

↓チャーシュー
100910-2.JPG

↓麺とスープ
100910-3.JPG

↓お店の外観です。
100910-4.JPG
posted by たぬき at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年09月09日

奥州仙台 伊達正宗麦酒(サンケーヘルス株式会社)

こちらも宮城県の地ビール。「伊達正宗麦酒」です。「松島ビール」と同じ会社が醸造しているようです。

缶ビールでデザインもこぎれいで、伊達家の武将のネーミングが面白いです。お土産にも良い感じのビールです。

いただいたのは三種類。どのビールも松島ビールと似ている味わいで、淡いあっさりとした後味と、ほんのり感じる酸味が印象的でした。

伊達政宗(ヴァイツェン)アルコール度数:5%

淡い色合いのビールで濁っています。ヴァイツェンらしいフルーティーな香りは控えめ。ただ味はバナナっぽい味と酸味を感じる。強めの喉越しのビールでした。

↓伊達正宗
100909-1.JPG


片倉小十郎(ケルシュ)アルコール度数:5%

こちらも淡く濁っているのが印象的。さわやかな香りと喉越しの良い味わいでヴァイツェンとも似た雰囲気があります。よりフルーティーな味わいで、夏に良く合うあっさりとした味わいでした。

↓片倉小十郎
100909-2.JPG


支倉常長(ピルスナー)アルコール度数:5%

褐色系のビールです。濃い味わいなのかな?と見た目は思うのですが、非常にあっさりとした切れ味のよい味わいです。酸味はそれほど強くなく、後味もすっきりしていました。

↓支倉常長
100909-3.JPG
posted by たぬき at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年09月08日

越後秘蔵麺 無尽蔵・西大寺家@奈良市西大寺東町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

新潟を中心にチェーン展開しておられるお店「無尽蔵」さんです。最近、関西でもイオンに入っていることが多く、たまに見かけるようになりました。このお店も奈良ファミリー内にあるお店です。店名が「西大寺店」ではなく「西大寺家」なのがユニークです。他の店舗も「○○家」となるようです。

お店は、奈良ファミリーのレストラン街にあるため、座席数も多くきれいです。奥のほうの席に座れば、大和盆地を見渡すことが出来、夜なら(奈良ですが・・)夜景も見ることが出来ます。

ここの売りは、珍しい柿渋入りの麺とのことです。「柿ポリフェノールを麺に練りこむことによって、小麦粉のグルテンを固め、今までにないアシ・コシを持つツルツル・シコシコの食感と独特の旨みのある・・・」という謳い文句が書かれています。

ラーメンメニューは、鶏ガラ醤油と豚骨醤油の2つのスープがメイン。他に野菜味噌、野菜塩、ピリ辛ゴマ、つけ麺などレストラン街にあるお店らしく、様々なメニューがそろっています。その他、一品、セット類も充実しています。

この日は「鶏ガラ醤油チャーシューメン」を注文。背脂の量で、あっさり、ふつう、こってりを選べるとのことでしたので、こってりを注文しました。

出てきたラーメン、澄んだ色合いの醤油スープです。こってりを注文しましたが、スープが濃厚になるわけではなく背脂の量が多めとのこと。ただ、見た目は、背脂がものすごく多いと感じるほどでもなく、鉢一杯にまんべんなく振りかけられている感じです。具は、たっぷりチャーシュー、煮玉子、ノリ、ネギ。

スープは、鶏ガラベースで昆布、鰹節の風味が効いたあっさり和風な味わいです。ほんのりと甘みが効いています。パンチ力は無いのですが、やさしく万人受けする味わいです。背脂を振っていただきましたが、あっさり味には合わない感じで必要なかったかな・・と思いました。

麺は中太の縮れ麺。柿渋を練りこんだというこの麺、表面のツルツル感とコシがあると言うより、噛むと柔らかいのに、粘りがあるような独特の食感。柿の風味?のようなものは感じませんでしたが、とても美味しいなと思える秀逸の麺でした。この麺なら、味噌や濃厚豚骨のようなこってりスープがよく合うんじゃないでしょうか。

チャーシューは、赤身肉を使用。こちらは、味がしっかり付いているわけでなく少し物足りないような感じでした。

麺がとても美味しいラーメンでした。スープをあっさりにしたのが残念で、こってり系のスープなら、この麺の風味がもっと生きたのではないかな?と思います。他のスープで再度、この旨みのある麺を味わってみたいと思ったお店です。

↓鶏ガラ醤油チャーシューメン
100908-1.JPG

↓チャーシュー
100908-2.JPG

↓麺とスープ
100908-3.JPG

↓煮玉子
100908-4.JPG

↓お店の外観
100908-5.JPG
posted by たぬき at 19:57| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年09月07日

松島ビール(サンケーヘルス株式会社)

宮城県で購入した地ビール「松島ビール」です。もう飲んだのは約1か月前です。ラベルには、松島の景色が描かれているのですが、少し洋風で松島の雰囲気とは違う感じがするのが印象的です。

今回購入したのは、以下の3つです。

ドゥンケル(アルコール度数:5.5%)

濃色系のビール。香ばしい香りがとてもするビール。味は、深いコクと苦みが特徴でした。やや酸味を感じる味わいで、後味はあっさり感があります。

↓ドゥンケル
100907-1.JPG


ヴァイツェン(アルコール度数:5.5%)

濁ったバイツェンらしいビール。ほのかな甘い香りがします。味も本当にバイツェンらしい、フルーティーな味わいです。口当たりは軽く、後味に酸味が効いています。

↓ヴァイツェン
100907-2.JPG

へレス(アルコール度数:5.5%)

やや褐色がかったビール。濃厚かと思いきや、本当に口当たりが柔らかくあっさりとした喉越しの良いビールでした。さわやかな風味が特徴です。

↓ヘルス
100907-3.JPG
posted by たぬき at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年09月06日

中華そばの店 ちいふ@京都市中京区押小路小川西入古城町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

地下鉄二条城駅の近くに昔からあるお店「ちいふ」さんです。すき焼きのようにいただくラーメンで昔から有名なお店です。

お店は、少し甲高い声が印象的なご主人が一人で切り盛りされています。店内は、こじんまりとした雰囲気です。カウンター9席とテーブルが2つくらいあったと思います。

ラーメンメニューは、ラーメン650円、焼豚麺800円、牛肉ラーメン800円、にんにくラーメン700円、わかめラーメン650円、ミックス(焼豚、牛肉、わかめ入り)850円、氷入りアイスラーメン(期間限定?)850円など。どのラーメンにも小鉢に入った生玉子が付いてきます。

また牛肉にこだわりがあるのか牛丼、牛皿などのメニューがあります。他、ライス、キムチ、生玉子などが単品であります。

この日は、焼豚麺を注文。

さて出てきたラーメン、もやし、ネギたっぷりに、チャーシューも一杯入っています。スープは、とても黒い色合いの醤油スープ。京都で言うと、新福菜館親爺と見た目は似ています。そして生玉子が付いてきます。

スープをいただきます。とても黒く濃厚そうな見た目なのですが、意外なほどあっさりしています。新福菜館や親爺で感じるような塩気や酸味の強さなどを感じず、万人受けしそうなあっさり感が特徴です。しかしながら鶏ガラのコクを感じることが出来て、なかなか良いスープだと思いました。

麺は、中細ストレート麺を使用。濃い色合いなのですが、店長が茹でる前の麺は、薄い色合いでした。おそらく濃厚なスープを吸いこんで、麺が濃い色合いとなっているのだと思います。麺は、このような京都の昔ながらのラーメンでは、珍しく食感の良いタイプで、芯のあるような噛み心地を楽しむことが出来ます。

チャーシューは、赤身肉を使用。薄切りですが、醤油ダレで味付けされており、しっかりとした味わいを楽しむことが出来ます。

さて、このお店のもう一つの楽しみは、生玉子でいただくことです。生玉子にスキヤキ醤油を数滴たらして、よくかき混ぜます。そこに麺やチャーシューを入れて楽しみます。

これが意外なほど良く合います。あっさりとした醤油スープでいただく麺とは違い、玉子と良く絡み合いマイルドな味わいの麺やチャーシューをいただくことが出来ます。

ここのお店が牛肉を使ったラーメンを出しているのも良く分かります。牛肉とスキヤキ玉子は、とてもよく合うだろうな・・と思える味なのでした。

ここのお店は、このすき焼き風の食べ方ばかりがピックアップされる気がするのですが、ラーメン自体が、しっかりとした味をしています。京都ラーメンらしい力強さと、あっさりとした繊細さを併せ持つレベルの高いラーメンだと思います。

↓焼豚麺、生玉子付き
100906-1.JPG

↓焼豚麺のアップ
100906-2.JPG

↓チャーシュー
100906-3.JPG

↓麺とスープ
100906-4.JPG

↓生玉子とスキヤキ醤油
100906-5.JPG

↓お店の外観です。
100906-6.JPG
posted by たぬき at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年09月05日

麺や 龍福@大阪市中央区難波

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

なんばウォークの1番街。よく行く立ち呑み付近を歩いていると、あれ?こんなところにラーメン店が有ったかな?という場所にお店がありました。なんでもオープンして2週間ほどしか経っていないお店のようです。この日は仕事途中のお昼時で、ちょうど良かったので入ってみました。

店内は、テーブル席4人掛けが3つ、6人掛けが1つ、カウンター席が17席ありました。カウンター席が多いのは、やはり店舗の場所からビジネスマン中心に乗り換え客狙いなのでしょうか。

店内に山頭火と書かれていたので、ラーメン山頭火の系列店?と思いきや、よく見ると、そうではなく、俳人の山頭火の句が大きく壁全体に描かれていました。お店も人通りの多い場所だけに、繁盛して活気がありました。

ラーメンメニューは、基本三種類。黒玉600円、白玉680円、赤玉830円です。それぞれ特製(チャーシュー、メンマ増し、煮玉子入り)にすると200円アップ。それぞれの内容を見ると、、、

黒玉(醤油)・・魚介×鶏の秘伝濃厚醤油、話題の北海道産全粒粉しこしこ麺
白玉(とんこつ塩)・・10時間以上煮込んだ濃厚とんこつ。沖縄塩の極上ミルキースープ
赤玉(ピリ辛つけ麺)・・旨み凝縮の辛さ、鶏白湯スープ。麺は卵100%のツルツル平打麺

と書かれています。その他、ごはん、チャーハン、餃子などがあるほか、セットメニューもありました。またキムチが無料サービスとなっています。

この日は初めてなので、とりあえず黒玉・特製800円を注文しました。

さて出てきたラーメン。済んだ色合いの透明スープです。店員が説明してくださるのですが中に濃厚なペースト状の醤油ダレが沈んでいるため、よくかき混ぜてから食べてくださいとのことです。

具は、チャーシュー2枚、メンマ多め、煮玉子、白菜、柚子、小エビ、小さな貝柱、それとアオサ?のようなものが浮いていました。

まずスープを混ぜる前に澄んだ部分をいただきます。すると柚子の風味が効いた塩で味つけられたあっさり鶏ガラスープという感じです。

そして醤油ダレをかき混ぜると、いっきに黒い色合いのスープに変わります。そのスープをいただくと、醤油のコクが感じられる深い味わいのスープに変わります。魚介の味は控えめ、ほんのり柚子の風味が効いています。醤油も塩気はストレートに出ず、とてもマイルドな感じです。

麺は全粒粉を用いた中太ストレート麺です。表面に全粒粉を使用した麺にありがちな、ザラザラとした感じはなく、滑らかな食感です。噛んだ感触ももちっとしていて、なかなか良い感じです。また醤油スープの色合いが濃いため、スープを吸いこみ、黒い色合いとなっている麺もありました。

チャーシューは、ばら肉を使用。柔らかい食感と醤油ダレで味つけられていて、なかなかのものです。

それと増量されているメンマ。こちらがとても柔らかく煮込まれていて、良い食感を楽しむことが出来ます。このメンマは、具の中でチャーシューと並んで主役を張れそうな出来でした。

一工夫あるラーメンで、なかなか面白いお店でした。難波は乗り換えでよく利用するので、気が向いたら他の味にも挑戦してみたいと思います。

↓黒玉・特製(スープを混ぜた後)
100904-1.JPG

↓黒玉・特製(スープを混ぜる前)
100904-2.JPG

↓チャーシュー
100904-3.JPG

↓麺とスープ
100904-4.JPG

↓メンマ
100904-5.JPG

↓お店の外観です。
100904-6.JPG
posted by たぬき at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2010年09月02日

網元@和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

勝浦の港近くにあるお店「綱元」さんです。お店の前にまぐろ丼と書かれた旗が立っています。

駐車場は2台分くらい停められるスペースがあるくらいでしょうか。この日、日曜日の昼間だったためか、私が停めて満車になった後、次々とお客さんが来られ、私が食べ終わった後、お店を出ると車を停めるのを待っておられるお客さんもおられました。人気店なのですね。

店内は、座敷とカウンターです。カウンター5,6席くらいだったと思います。座敷も6人掛け2つくらい。こじんまりしています。カウンターの奥では、ご主人が忙しそうに魚をさばいておられました。店員さんの数もお店の規模にしては多く、繁盛しているようでした。

メニューは、以下のような感じです。
<丼ぶり>
まぐろ丼1050円、ねぎま丼、まぐろ山かけ丼1155円、イクラ丼、海鮮丼1680円などなど

<定食>
お造り定食、くじら定食1890円、マグロ定食1680円、あさりパスタ定食、天婦羅盛合せ定食1050円、焼き魚定食735円などなど

その他、地元でとれたマグロや魚介類、隣町の太地のクジラを使った一品料理がいろいろとありました。

この日は、せっかく勝浦に来たので、まぐろ丼を注文しました。まぐろ丼は一品、みそ汁付きとなっています。

さて出てきた丼ぶり、一切れがものすごく大きい薄い色合いのマグロが乗っています。色合いからしてびんちょうなのでしょうか?しかし、とても鮮度が良さそうで分厚いです。きざみノリ、卵、カイワレが乗っているほか、ゴマが振りかけられています。

一品(二品付いてきた(^^;)は、冷奴と、イカとキクラゲのあえ物。その他、みそ汁が付いていました。みそ汁はシメジ

マグロ丼は、お店特製の醤油ダレで味付けされています。マグロは、しっとりやわらかな食感と、その分厚さからくる食べ応え、そして醤油ダレが濃すぎない味で、あっさりいただくことが出来ます。この醤油ダレはご飯の味ともよく合っていて、いくらでも食べられそうな雰囲気でした。

一品もあっさりとしていて、とてもよかったです。大盛りは400円アップだったのですが、それにすれば良かったな・・と思えるほど、箸が進む丼ぶりでした♪勝浦で食べる具だくさんの「まぐろ丼」は、とても良かったです。また勝浦にまぐろを食べに行きたいと思います♪

↓まぐろ丼
100902-1.JPG

↓まぐろ丼のアップ
100902-2.JPG

↓まぐろのアップ
100902-3.JPG

↓一品
100902-4.JPG

↓お店の外観です。
100902-5.JPG
posted by たぬき at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2010年09月01日

道の駅 紀伊長島マンボウ@三重県牟婁郡紀北町

紀伊長島にある道の駅、その名も「紀伊長島マンボウ」。特産品のほか、この地域特有の食材を使った食事をいただくことが出来ます。

主な料理は、地元で獲れた魚介類を使った海鮮料理、海鮮丼などの定食、地元の製麺企業「盛田の麺」が作るラーメン「種まき権兵衛ラーメン」やパンなど。

「種まき権兵衛ラーメン」は、ラーメン好きとして気になりました。地元の魚介を使ったスープだったり、尾鷲の海洋深層水を使っていたりと、こだわりを感じるものでした。ただ、このときは、まだ朝だったのでパス・・

で、もう一つ気になったのが屋台で売っていた「マンボウ」の串焼き、唐揚げなど。他に「サメ」の串焼きなども売っていましたが、とりあえず道の駅の名前にもなっている「マンボウ」をいただきました。串焼き、唐揚げ、両方とも350円です。(サメは300円)

まず串焼きからいただきます。串焼きは塩コショウで味付けされていました。ほろほろとした食感、白身魚のような鶏肉のような、、脂身が少なく意外とあっさりしています。

そして唐揚げ、こちらは衣のサクサク感も良く、マンボウ肉のあっさり感、崩れるような食感も心地よい感じでした。なかなか普段食べられないものをいただけて良かったです。

道の駅としても、この地域の特色が出ていて、とても面白い場所でした。この日は、穴子の唐揚げなどの珍味を購入して、帰りました。ビールのあてに良さそうです。

↓奥:マンボウの串焼き、手前:マンボウの唐揚げ
100901-1.JPG

↓串焼き、唐揚げ売り場です。
100901-2.JPG

↓道の駅の外観
100901-3.JPG
posted by たぬき at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ