2010年09月06日

中華そばの店 ちいふ@京都市中京区押小路小川西入古城町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

地下鉄二条城駅の近くに昔からあるお店「ちいふ」さんです。すき焼きのようにいただくラーメンで昔から有名なお店です。

お店は、少し甲高い声が印象的なご主人が一人で切り盛りされています。店内は、こじんまりとした雰囲気です。カウンター9席とテーブルが2つくらいあったと思います。

ラーメンメニューは、ラーメン650円、焼豚麺800円、牛肉ラーメン800円、にんにくラーメン700円、わかめラーメン650円、ミックス(焼豚、牛肉、わかめ入り)850円、氷入りアイスラーメン(期間限定?)850円など。どのラーメンにも小鉢に入った生玉子が付いてきます。

また牛肉にこだわりがあるのか牛丼、牛皿などのメニューがあります。他、ライス、キムチ、生玉子などが単品であります。

この日は、焼豚麺を注文。

さて出てきたラーメン、もやし、ネギたっぷりに、チャーシューも一杯入っています。スープは、とても黒い色合いの醤油スープ。京都で言うと、新福菜館親爺と見た目は似ています。そして生玉子が付いてきます。

スープをいただきます。とても黒く濃厚そうな見た目なのですが、意外なほどあっさりしています。新福菜館や親爺で感じるような塩気や酸味の強さなどを感じず、万人受けしそうなあっさり感が特徴です。しかしながら鶏ガラのコクを感じることが出来て、なかなか良いスープだと思いました。

麺は、中細ストレート麺を使用。濃い色合いなのですが、店長が茹でる前の麺は、薄い色合いでした。おそらく濃厚なスープを吸いこんで、麺が濃い色合いとなっているのだと思います。麺は、このような京都の昔ながらのラーメンでは、珍しく食感の良いタイプで、芯のあるような噛み心地を楽しむことが出来ます。

チャーシューは、赤身肉を使用。薄切りですが、醤油ダレで味付けされており、しっかりとした味わいを楽しむことが出来ます。

さて、このお店のもう一つの楽しみは、生玉子でいただくことです。生玉子にスキヤキ醤油を数滴たらして、よくかき混ぜます。そこに麺やチャーシューを入れて楽しみます。

これが意外なほど良く合います。あっさりとした醤油スープでいただく麺とは違い、玉子と良く絡み合いマイルドな味わいの麺やチャーシューをいただくことが出来ます。

ここのお店が牛肉を使ったラーメンを出しているのも良く分かります。牛肉とスキヤキ玉子は、とてもよく合うだろうな・・と思える味なのでした。

ここのお店は、このすき焼き風の食べ方ばかりがピックアップされる気がするのですが、ラーメン自体が、しっかりとした味をしています。京都ラーメンらしい力強さと、あっさりとした繊細さを併せ持つレベルの高いラーメンだと思います。

↓焼豚麺、生玉子付き
100906-1.JPG

↓焼豚麺のアップ
100906-2.JPG

↓チャーシュー
100906-3.JPG

↓麺とスープ
100906-4.JPG

↓生玉子とスキヤキ醤油
100906-5.JPG

↓お店の外観です。
100906-6.JPG
posted by たぬき at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都