2010年09月24日

上原屋・本店@香川県高松市栗林町

讃岐うどん巡り2店舗目は、栗林公園のすぐそばにある上原屋さん。開店が9時とのことで、8時50分くらいに着いたのですが、もう営業されていて何人かお客さんも入っておられました。もしかしたら営業時間は8時台からなのかな?

お店は、最近、改装されたそうで、とてもきれいな外観です。お店の前に駐車場が多くあり、車で行かれる方にも便利です。

内装は、カウンター、テーブルがきれいに並べられている食堂風。こちらも清潔感が漂い、美しく居心地の良い感じがしました。

メニューは、小220円、大320円で、かけ、冷かけ、ぶっかけ、ざる、釜あげなどがありました。その他、天ぷら、揚げもの、おでん、おにぎり、いなりなどを適当に選ぶセルフ形式。

この日は、ぶっかけ(冷・小)と、ちく天を取りました。天かす、ネギは自由トッピングです。天かすは、磯辺揚げ風の海苔が入ったものが用意されています。

うどんの麺は、角が柔らかに取れたような、やや楕円形の断面の麺です。これがコシがものすごく強いという訳ではありませんが、やや粘りを感じる心地よい食感と、小麦の風味を感じられる良い感じの麺でした。

ぶっかけのダシは、強烈なイリコの香りを感じます。魚介の風味がかなり強く、個性的な味わいのダシで、強い塩気の中に、わずかな甘みを感じます。このような風味は初めてで、少し戸惑いましたが、私はなかなか美味しいなと思いました。人によっては苦手と感じるかもしれませんね。

ここのお店は、天かすにも海苔が混ざっているので、天かすの味が良いのも特徴でした。

そしてちく天、こちらは揚げたてでさくさく。こちらも磯辺揚げのようになっているので、海苔の風味が好きな私としては良い感じでいただくことが出来ました。

全体的に、天ぷら・天かすの衣の海苔の風味と、ダシの魚介系の風味の強さとが合わさり、パンチ力のある、おうどんをいただけるお店だなという印象でした。

このお店も街中にあり、手軽に安い値段で利用できるセルフのお店ということで、高松の人々はうらやましいなと思いました♪

↓ぶっかけ(冷・小)
100924-1.JPG

↓麺の感じ
100924-2.JPG

↓ちく天
100924-3.JPG

↓お店の外観です。
100924-4.JPG
posted by たぬき at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ