2010年09月25日

おか泉@香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁

高松から移動し、丸亀市内を観光。夕刻になり、関西方面に帰る前に立ち寄ったお店「おか泉」さんです。

立ち寄った時間帯は16時くらいだったと思いますが、お店の前は行列が10〜15人くらい出来ていました。お店の外観は、レストラン風で、お店の裏手に大きめの駐車場がありました。

この行列の目の前に大きめのテレビが置かれていて、お店の麺、天ぷらへのこだわりを伝える映像が流れています。見ているだけで食欲がそそられます。

行列で待っている間にメニューが渡されるので、注文をします。このお店はセルフではないので、価格設定はやや高めです。それでも十分安い気はしましたが。

うどんメニューは、ぶっかけ系メニューが中心。ぶっかけは、冷しかないように思いました。ぶっかけ(冷)367円、ぶっかけおろし(冷)420円、ぶっかけ天ぷら(冷)727円、ひや天おろし(冷)945円

その他、生醤油(冷)、ざる(冷)、釜揚げ(熱)420円、湯だめ367円、天ざる893円、おろしざる472円、釜天945円など。かけ、カレー、肉、きつねなどもありましたがメニューの裏側に書かれていました。

その他、おでん、おにぎり、いなりなどは、セルフサービスで後から申告する方式だそうです。

この日は、お店の一押しメニューがぶっかけ(冷)に天ぷら、おろしなどをトッピングした「ひや天おろし」とのことで、それを注文しました。

待つこと10分くらいで店内に入れました。店内はこぎれいで、ファミレス風。カウンター、テーブル席があり賑わっています。お店の入り口近くに、おでん、おにぎり、いなりなどのセルフコーナーがあります。

また店内でうどんを打たれている様子を見ることが出来、迫力がありました。また店内でうどんも売られていて、そちらもお客さんが多くおられ活気があふれていました。

にぎやかな店内をいろいろと見ていると、ほどなく「ひや天おろし」が出てきました。

やや大きめの器にうどんが盛られ、大きなエビ天2つ、しそ天、カボチャ天、サツマイモ天が置かれています。その他、ネギ、ゴマ、おろしがトッピングされています。ぶっかけのダシ、レモンは別の器に用意されます。

ぶっかけのダシを適当にかけ、レモンを軽く搾りいただきます。麺は、角が立ち、なめらかに輝く美しい麺です。こちらの食感は、程よいコシと、噛むと反発するような弾力があり、とても良い感触です。小麦の風味もやさしく感じられ、とても美味しい麺でした。

ぶっかけのダシは、それほどイリコなどの魚介の香りが前面に出ず、さっぱりとした風味。ほんのりとした甘みも生きていて、こちらもとても飲みやすい味わいです。うどんとの絡み具合もよく、ツルツルいただけるものでした。

天ぷらは、衣のサクサク感とパリッとした食感が良い感じ。カボチャ天、サツマイモ天は、少し小さめですが、2つのエビはかなりボリューム感がありジューシーな感じです。

お店の宣伝文句には、大きすぎず、十分満足できるサイズのようなことが書かれていましたが、たっぷりすぎるくらいの大満足ボリュームでした。ただ、すごいボリュームなのですが、油が良いものを使われているのか、最後まで、胃がもたれない感じで、するりと食べることが出来ました。

とても満足できる、完成された讃岐うどんでした。値段設定もこのボリューム感では、安いくらいではないかなと思いましたし、お店の雰囲気も良かったです。また丸亀方面に立ち寄った際には、再訪したいお店の一つとなりました♪

↓ひや天おろし
100925-7.JPG

↓麺の感じ
100925-8.JPG

↓メニュー
100925-9.JPG

100925-10.JPG

↓お店の外観です。
100925-11.JPG
posted by たぬき at 09:37| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

たも屋・本店@香川県高松市朝日新町

朝に、うどん屋2件をはしごして、そのあと栗林公園をゆっくり散策。そのあと、他にも観光しようと思っていたのですが、予想以上に時間が早かったのと、小腹がすいた気がしたので急きょ、近くのお店を適当に本で調べて行くことに・・

ということで、高松の港近くで営業されているセルフうどんのお店「たも屋」さんです。

お店の外観は、最近建て替えられたのでしょうか?とてもきれいで、それなりに人も入りそうな大きめの建物です。それと、このお店、駅からも高松市街からも、少し離れていると思うのですが駐車場がありません。この日、お客さんは、店の周りにいっぱい路駐されていました。

店内もこぎれいで、意外なほど広々しています。セルフらしいカウンター席やテーブル席があるほか、奥のほうには家族連れ向け?の座敷があったりしました。また接客もハキハキされていて、とても心地よいものでした。

うどんメニューは、小サイズは、かけ、ひやかけ180円、ひやぶっかけ、あつぶっかけ、ざる、釜あげ250円、釜玉300円、カレー、肉、しっぽく350円、肉ぶっかけ420円、その他、うどんそばミックスメニューもありました。

天ぷらや揚げもの、おにぎり、お惣菜などの種類も豊富で、あまり見かけないようなものも置いてありました。

この日は、ひやぶっかけ(小)とカニカマ天を取りました。

このお店のセルフの形式は、注文したメニューに合わせた麺をお店の方が用意してくださいます。そのため、自分で湯がいたりはしませんでした。それぞれ、ひやぶっかけ用とか、かけ用とか、つゆを入れるボトルが置いてあるので、そこで自由につゆをかけます。

トッピングは、とても充実しています。天かすが二種類、松下製麺所にあるような細かい天かすと、荒い天かす。しょうが、ねぎ、わかめ、おろし、すだち、などなど、他にもあったかも、、種類が豊富でポイントが高いです。

さて、うどんに細かい天かす、荒い天かす、わかめ、ねぎ、すだちをトッピングしていただきます。

麺は、角の立った讃岐らしい麺で、表面がつややかに光っていて美しいです。食べると強い!という麺ではありませんが、噛んだときの心地よい粘りと、小麦の風味が感じられて、食べていて楽しい麺でした。

ぶっかけのダシは、とてもあっさりしていて、魚介の香りがそれほど強くなく、とても良い感じでした。すこし関西風なのでしょうか。やや後味に、さわやかな甘みを感じるような飲みやすいものでした。

天かすが二種類あるのも良く、あっさりしたぶっかけに、さらにわかめをかけられるのも楽しかったです。

カニカマ天は、あまり食べたことがないようなものでしたが、カニカマの味が強く、天ぷらとしては失敗?(^^;とか思いましたが、それも楽しい思い出として残りました。

突然、何の情報も無く立ち寄ってみたお店でしたが、とても美味しいお店で驚きました。店内の雰囲気も良く、価格もお手頃。こんなお店、関西に欲しい〜!!と強く思うお店でした♪

↓ひやぶっかけ(小)
100925-1.JPG

↓麺の感じ
100925-2.JPG

↓カニカマ天
100925-3.JPG

↓うどんメニュー
100925-4.JPG

100925-5.JPG

↓お店の外観です。
100925-6.JPG
posted by たぬき at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

飛瀧神社@和歌山県那智勝浦町

太地、勝浦を訪れた際に立ち寄った「飛瀧神社」です。いわゆる「那智の滝」を御神体とする神社です。

この神社は隣接している「熊野那智大社」の別宮に当たるそうです。

那智の滝は、この神社の境内から眺めるのが雄大ですが、隣接している「青岸渡寺」の三重塔とともに眺めるのも美しい気がします。

↓那智の滝
100924-5.JPG

↓御朱印です。
100924-6.JPG
posted by たぬき at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@和歌山