2010年10月31日

ふくちぁんラーメン・神殿町店@奈良市神殿町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪のラーメンチェーンの「ふくちぁん」さん。私は、ずっと「ふくちあん」だと思っていたのですが、HPを見ると「ふくちぁん」なんですね。知りませんでした(^^; 東大阪付近のお店で、二度ほど食べたことがあるのですが、もうずいぶん遠ざかっていました。奈良に出来た支店に久しぶりに訪問。

このお店は、以前「藤平」さんだったのですが、撤退された後に「ふくちぁん」さんが入られています。ラーメンレストラン風のお店で、カウンター、テーブル席ありで、けっこう大きな規模です。この日もファミリー連れの客でにぎわい、テーブル席は大方、埋まっていたように思います。

「ふくちぁん」さんと言うと、ニンニクの効いたライト系とんこつというイメージがあるんですが、、久しぶりに、意識をしてメニューを見るといろいろとあるんですね〜。

メニューの中心は、とんこつ。それと名物チャーシューメン。チャーシューメンは、とんこつだけでなく、塩、味噌、醤油も選択できるとなっています。チャーシューもバラ肉、ロース肉、ミックスの3パターンから選べるとのこと。その他にも炙りチャーシューメン、厚切りチャーシューメンなどもあります。

それだけでなく、鶏ガラ和ダシ系のダブルスープのラーメン、にぼしラーメン、チャンポン、とんこつ新味(マー油、辛子味噌?入り)、スタミナラーメン(ニンニク野菜たっぷりの天理系?)などもありました。意外といろいろとやっておられるんだなと驚きます。

セットメニューや単品メニューも多かったです。またキムチ、大根生酢、漬物、紅生姜が無料サービスです。これはうれしかったりします。

この日は、普通のとんこつのチャーシューメン(チャーシューはミックス)で注文しました。

ほどなくすると注文からわずかな時間で、ラーメンが届きます。お店は混雑していたのですが早いことに驚きます。

ラーメンの見た目は、白濁した、とんこつスープに、ネギ、ニンニク、モヤシ、チャーシュー(バラとロース)が乗っています。シンプルな感じ。お店としてチャーシューメンを一押しとされていて、メニューにも大きく写真を載せておられるのですが、メニュー写真と比べるとチャーシューがずいぶん小さく感じます。このあたりは看板メニューだけに頑張って欲しいなと思います。

スープは、関西でよくある感じのライト系とんこつ。あっさりとした味わいですが、とんこつの風味と塩味の加減もバランス良く、万人受けする味だなと思います。ニンニクが意外と効いていて、大阪の薩摩っ子のスープを思い出します。昔から、関西ではこのライト系とんこつ+ニンニクという組み合わせが多く、受けている味だなと思います。このライト系とんこつは、紅生姜が意外と合う感じで、麺と絡めて食べるとなかなか良かったです。

麺は、多加水のやや細ストレート。スープとの絡み具合を考えると、もう少し別の麺を使用したほうが良いのかな?と思います。

二種類のチャーシュー。ロースは、醤油味で味付けされています。肉質が少しパサパサ感があるのが、残念ですが、味付けは濃くて存在感があります。バラは、柔らかくてジューシー。脂身が多く、若い人には、こちらのほうが受けるだろうなと思います。

久しぶりにいただいた「ふくちぁん」さんでした。スープが飲みやすくて、チャーシューがもっと、ボリューム感があれば、たまに通いたいなと思うお店でした。これからもがんばって欲しいと思います。

↓とんこつ・チャーシューメン(チャーシュー:ミックス)
101031-1.JPG

↓チャーシュー(バラ)
101031-2.JPG

↓チャーシュー(ロース)
101031-3.JPG

↓麺とスープ
101031-4.JPG

↓お店の外観
101031-5.JPG
posted by たぬき at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年10月29日

中華そば 殿・加茂店@京都府木津川市加茂町大野北出畑(3)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

仕事帰りに、たまに訪れるお店「中華そば 殿」さんです。滋賀県の本店とともに、ちょくちょく食べに行く機会があります。

このお店は、背脂醤油の京都ラーメンがメインですが、普通のタイプの「殿そば」と背脂醤油スープをベースに鉢一杯に唐辛子を振りかけた「スタミナそば」が人気です。他にみそ、塩もあります。

この日は、ひさびさに訪れたのですが、メニューを見ていると、みそラーメンのスタミナ(鉢一杯唐辛子入り)の「みそスタ」というメニューがあったので、思わずそれを注文しました。

さて、出てきたラーメン、やはりすごい見栄え。鉢一杯に唐辛子が振りかけられています。そこに味噌スープでは珍しく、若干の背脂が浮いています。スープの表面が真っ赤に色づいているので、すぐには分からないのですが、チャーシューが二枚入っています。その他の具は、ニンニクチップ、ネギ、ニラ、ワカメ、モヤシ、コーン。

コーン、ワカメなどは、背脂醤油では入っていなかったので、味噌系オリジナルの具のようです。またラーメン鉢が普通の背脂醤油系と違い、味噌は別のすり鉢状の器を使用していて、見栄えも良い感じです。

スープは、鶏ガラベースの味噌味。しっかりとした動物系の旨みと味噌のこってりとした味わいを楽しめます。ベースに感じる味わいは、昔ながらの味噌スープなのですが、意外なほど強力な辛さがあるのも特徴です。このお店の背脂醤油ベースの「スタミナそば」は、見た目に反して辛さは、それほどないのですが、この「みそスタ」は、見た目通りの辛味があります。おそらくベースの味噌スープが辛いのだと思います。

その辛めの味噌スープに、ワカメ、コーンの甘みが溶け合い、さらにニンニクの風味も重なり、複雑な味わいながらも、全体としてのバランスは良い感じです。

麺は、中細の多加水ストレート。玉子麺らしい風味と、心地よい食感を楽しめます。

チャーシューは、やや厚切りで、柔らかい食感。こちらもいつもながら、なかなかの出来です。ただ以前の訪問より、少し小ぶりになった気がするのは残念でした。

「みそスタ」は、背脂醤油ベースの「スタミナそば」と比べ、辛味の強い、個性的な一杯でした。昔ながらの味噌ラーメンが、ワイルドに仮装したかのような、懐かしさと強烈さが共存したようなラーメンで、意外と飽きのこない味わいなのでは?と思いました。

今度は、普通の味噌味も食べてみたいと思います。

↓過去の記録
中華そば 殿(1)スタミナチャーシュー
中華そば 殿(2)殿チャーシュー

↓みそスタ
101029-1.JPG

↓チャーシュー
101029-2.JPG

↓麺とスープ
101029-3.JPG

↓メニュー
101029-4.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年10月28日

ヱビスまろやか熟成(サッポロビール)

ヱビスビールの限定品。「まろやか熟成」です。

普段は、日本最大のクルーズ客船「飛鳥U」でしか飲めない限定品だそうですが、ヱビスビール生誕120年を記念して一般発売されているようです。上質な缶の雰囲気も良い感じです。

飲むと、まろやかな味わいと、深いコクが感じられます。それと意外なほど強力な苦みがあります。かなりビール好きが喜びそうな味わい深いビールでした。

↓まろやか熟成
101028-1.JPG
posted by たぬき at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年10月27日

まりお流@奈良市尼辻町(7)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ちょくちょく立ち寄る「まりお流」さん。最近は、行列が出来ていたりしますね。驚きます。この日も平日でしたが、客入りは多く、私が食べている間、外で待っておられる方がおられました。

このお店、メニューがたくさんあるのですが、スタンダードな豚骨を最近、食べていないな・・と。。と言ってもスタンダードな豚骨メニューは、「とんこつ」「まりお流」「濃厚とん塩」などのメニューがあるのですが、この日は、「とんこつ」をチャーシューメンで注文しました。

しばらく待つと出てくるラーメンは、大きめの器、見るからに濃厚そうなドロドロとした豚骨スープです。スープの表面には、若干の背脂が浮いており、脂分が少しある感じです。具は、少量のネギ、厚切りのメンマ、チャーシュー、玉子とシンプルです。

スープは、豚骨をとことん煮詰めたような超濃厚スープ。豚骨の旨みがしっかり生きたスープです。奈良の濃厚豚骨と言えば、無鉄砲さんの系列が思い出されますが、そちらと比較すると、煮詰めている部分、方法が違うのでしょうかゼラチン質がとても多くて、トロリとした食感が印象的です。また背脂が浮いている分、人によっては、くどすぎるように感じる人がいるかもしれませんが、私はこってりOKなので、意外と行けます。

麺は、いつも通りの中太ストレート麺。やや柔らかめで、もちっとした粘りのある食感が良い感じ。濃厚スープとの絡み具合もとても良い感じです。

具も、それぞれ良い感じで、まずチャーシューは厚さ1〜2センチの厚切りバラ肉がゴロゴロと入っています。分量もすごく多くボリューム感たっぷりです。

玉子も黄身の部分のとろけ具合がとても良い感じ。このお店の玉子は、いつでもレベルが高いと思います。またメンマも極太で食感が良く、濃厚なスープの中でも個性がある感じがします。

こってりフリークが集まる、独特の名物店という雰囲気で、いつ行っても楽しいなと思います。また近いうちに再訪したいと思います。

↓過去の訪問記録
まりお流(1)
まりお流(2)
まりお流(3)
まりお流(4)
まりお流(5)
まりお流(6)


↓とんこつ・チャーシューメン
101027-1.JPG

↓チャーシュー
101027-2.JPG

↓玉子と極太メンマ
101027-3.JPG

↓麺とスープ
101027-4.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年10月26日

ベアレン(ベアレン醸造所)(5)

またまたネット仲間のはんしんさんからいただいたベアレン醸造所のビールです。ビール好きが立ち上げた地ビール会社で多くのオリジナル商品を出されています。もう1カ月以上前に飲んだのですが・・アップします。

↓過去の記録
ベアレン(1)
ベアレン(2)
ベアレン(3)
ベアレン(4)

この日いただいたのは、以下の二つ。


フェストビール(濃色) 5.5%

ドイツのビール祭りのオクトーバーフェスト。この祭りが始まったとされる200年前くらいに飲まれていたビールを想像して醸造された商品だそうです。

ビールは濃色系。きめ細かい泡立ちと、とても良い甘い香りが漂います。味も甘さの中に深いコク、そして後味にほんのりと残る苦みが印象的なビールでした。

↓フェストビール
101026-1.JPG


ロゲンヴァイス(淡色) 5.0%

ライ麦麦芽、小麦麦芽、大麦麦芽の3種類を使用しているというビールです。ライ麦などを使用した地ビールは、他にも飲んだことがあるのですが、この地ビールの味は、小麦の風味が強く出ているのでしょうか。とてもフルーティーな味わいがしました。濁った色合いといいヴァイツェンのような感じでした。

またライ麦を使用しているからか、意外とあっさりとした味の中にコクを感じる、なかなか良い感じのビールでした。

↓ロゲンヴァイス
101026-2.JPG
posted by たぬき at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年10月25日

犬山城@愛知県犬山市

愛知で、うどんを食べ、コスモスを見たついでに、少し観光を・・と思い浮かんだのが犬山城。国宝の城ですが、一度も行ったことないな・・ということで、向かいました。

以前、仕事でこの付近に来たことがあり、その時は意外と観光客は少ないんだな・・と思ったのですが、この日は、大混雑。それもそのはず、偶然訪れた日が、犬山祭と重なっていたようです。

私の訪れた時間帯は、祭りの山車が犬山城付近の広場に一同に集まっていました。山車には、からくりが仕掛けられ、大津祭と似た雰囲気です。出店も多くあり、祭りはたいへんな賑わいでした。

犬山城もさすがに多くのお客さんが来られていて大混雑。こじんまりとしていましたが、美しいお城でした。このような名城を最後の城主であったゆかりから成瀬家の人々が近年まで個人所有されていたことは驚くばかりです。

↓犬山城
101025-1.JPG

↓お城の最上層から望む犬山の町並み
101025-2.JPG

↓犬山祭
101025-3.JPG
posted by たぬき at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2010年10月24日

138タワーパーク@愛知県一宮市光明寺

国営公園の木曽三川公園は、愛知、岐阜、三重に、いくつかの公園が点在しているようですが、そのひとつの愛知県一宮市にある138タワーパークです。ここは、コスモスがきれいと言うことで訪れてみました。

コスモスの花は、満開を少し過ぎた感じでしょうか。枯れた花もありましたが、ちょうど見ごろの雰囲気で華やかな雰囲気がありました。先週、亀岡の800万本のコスモス園を見たので、さすがに規模はこじんまりと感じましたが、10万本以上のコスモスが咲き誇っていました。

中には、コスモス園としては珍しい黄色のコスモスに統一された場所もあり、一風変わった風景を楽しむことが出来ました。

↓タワーを背景に咲くコスモス
101024-6.JPG

↓珍しい黄色に統一されたコスモス園
101024-7.JPG

101024-8.JPG

↓亀岡にもあったオレンジ色のコスモスです。
101024-9.JPG
posted by たぬき at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

名古屋麺通団@愛知県あま市篠田持竿

名古屋からそれほど遠くない「あま市」にある讃岐うどんのお店「名古屋麺通団」さんです。

お店は、舗装されていない砂利の広々とした駐車場に建っています。木造の素朴な造りの店舗で、どこか讃岐を思わせ得る風貌の店舗です。

お店の入り口に「名古屋麺通団心得」が書かれてあります。要約すると・・
・うどんの生地は「宮武讃岐製麺所」のものを使用。それを若手うどん職人が打つ
・数人の職人さんがおられるので、日によって麺の状態が違う
・いろいろな讃岐うどんを提案したいので、麺やダシを変更することがある
などなど。なかなか面白そうなお店です。

お店は、いわゆるセルフ式の讃岐うどん屋さんです。店内の造りも香川の製麺所を思わせるような素朴な感じ。カウンター席やテーブル席、少し外に出た感じのテラス席もありました。

メニューは、日によって若干変わるのでしょうが主なものは・・
あつかけ(ひやあつ)、ひやかけ、釜揚げ、生醤油、ぶっかけ、味噌生醤油、ざる、しょうゆおろし、釜たま、などなど。ほとんどのメニューが小で300円台です。セルフ式のチェーンと比べるとやや高いかな程度です。

変わり種のメニューは・・
ピリ辛しょうゆ、ねばたま(納豆釜たま)、塩釜たま、チーたま(チーズ釜たま)、カレー釜たま、たんたま(肉みそ釜たま)、秋景色(きのこあんかけ)、などがありました。

他にも数種類のうどんがあり、メニューは豊富です。

セルフ形式なので、うどんを注文して、天ぷら、おにぎりなどを取って支払う形式です。天ぷらとおにぎりも100円前後で、安かったです。

この日は、普通のぶっかけ(冷・小)に天ぷら3つ(げそ、鶏、玉子)を選択しました。トッピングは、ネギ、天かす、ショウガなどが自由でした。

ぶっかけうどん。麺は角がきれいに立ち、つややかで美しかったです。そして強いコシと、しっかりとした粘りが感じられ食感もよく、小麦の風味も感じられるとても良い印象の麺でした。最近いただいた、おうどんの中でも個人的に好みだなと思えました。

ぶっかけのダシは、イリコの風味が強めに出ており、魚の香りがプンプンしていました。味わいは、やや塩気が強い感じですが、とてもあっさりとして、冷たい麺との相性はとても良かったです。

天ぷらの3つも揚げたてでサクサクとした衣の食感が良かったです。特に玉子天は、中の黄身の半熟具合がとても良く、食べた後、もうひとつ食べたいな・・と思える一品でした。

スタンダードなぶっかけうどんをいただきましたが、とてもレベルが高く、麺が美味しいお店でした。雰囲気も素朴で良い感じで、家の近所にあれば何度でも通いたいなと思えるお店でした。

↓ぶっかけ(小・冷)
101024-1.JPG

↓麺の感じ
101024-2.JPG

↓左:鶏天、右:げそ天、上:玉子天
101024-3.JPG

↓心得
101024-4.JPG

↓お店の外観です。
101024-5.JPG
posted by たぬき at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2010年10月23日

頭塔@奈良市高畑町

奈良市高畑町にある史跡の頭塔。こちらも遷都1300年の関係で特別公開になっていました。普段も予約をすれば見学をすることはできるようです。

ピラミッド型に土で盛られた仏塔で、不思議な遺跡です。もともとは東大寺が造営していたそうで、仏塔の頂上には、盧舎那仏像が存在している構図となっているそうです。

近年まで、荒れ放題だったそうで、昭和に入ってから、頭塔の半分を昔の形に修復されたそうです。 残りの半分は、昔のまま荒れ放題。

なかなか今まで見たことがない史跡でした。

↓頭塔
101023-1.JPG

↓石仏の半分くらいは重要文化財に指定されているそうです。
101023-3.JPG

↓荒れ果てた半分にも石仏が点在していました。
101023-2.JPG
posted by たぬき at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良

2010年10月22日

味鮮・大津店@滋賀県大津市末広町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

JR大津駅前にある台湾料理のお店「味鮮」さん。この日は、大津祭を見たついでに何年かぶりに訪れました。

お店は、大津駅前ですが、少し分かりにくいところにあります。黄色い「台湾料理」と書かれた看板と「台湾ラーメン」と書かれた旗が目印です。

店内は、1Fと2Fがあり、私は1Fしか行ったことがありませんが、テーブルと座敷があり、けっこうな人数が入れます。

この日は、大津祭が開催されていたこともあり繁盛していました。お店は、台湾出身?と思われる一家で切盛りされています。お店の方どうしでは、中国語?が飛び交いますが、日本語も話されます。

メニューは、台湾料理メニューがかなり多くあります。その中で台湾ラーメン700円、台湾豚骨ラーメン700円が、「自慢」と書かれています。

麺メニューだけでも他に醤油ラーメン、豚骨ラーメン、叉焼ラーメン、中華麺、台湾焼きそば、台湾バリそば、冷麺、牛肉の台湾ビーフン、卵醤油ラーメンなどがあります。

その他に台湾料理が驚くほどいっぱいありますが、メニューに写真が添えられているので、どのような料理か想像しやすいです。また麺類とご飯もののセット、麺類と餃子のセットは、780円とコストパフォーマンスが良い感じでした。

この日は、自慢メニューと書かれていた台湾ラーメンを注文。

出てきたラーメン、わずかに濁った醤油スープ。具にそぼろ肉がたっぷり、ニラ、唐辛子、わずかにネギが乗っています。意外と見た目はシンプルな感じです。

スープをいただくと、最初はしっとりとした醤油味。豚骨ベースだと思います。その動物系のダシが効いていて、コクのある旨みを味わえます。それとほのかなニンニク風味が合わさり、なかなか美味しいです。ただ、スープを飲んで、数秒すると・・ガツンと強めの辛味が効いてきます。

この辛さ、嫌なものではなく、ベースのスープが美味しいため、なかなか楽しむことが出来る味わいでした。またそぼろ肉の優しい旨みとも合わさり、全体としては、本当に良くできたスープだなと思いました。

麺は、多加水のややカールした中細麺。そぼろ肉との絡み具合がよく、台湾ラーメンの美味しさをしっかりと口に運んでくれます。

辛味は、ピリ辛を通り越して、けっこう強烈なのですが、しっかりとしたベースのスープの美味しさを感じられる一杯で、お店が“自慢”と書いている理由がよく分かりました。セットメニューもお得で、大津駅まで昼食をお腹いっぱい食べるのに、よいお店だと思います。

↓台湾ラーメン
101022-1.JPG

↓麺とスープ、具
101022-2.JPG

↓お店の外観です。
101022-3.JPG
posted by たぬき at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀

2010年10月21日

京都丹波/亀岡 夢コスモス園

先週末に訪れた、京都亀岡にある「夢コスモス園」です。

入口付近では、丹波の特産品売り場でにぎわっており、お祭り的な雰囲気があります。京都からは少し離れた亀岡市ですが、観光客も多く訪れていました。

ここのコスモス園なんと20種、800万本のコスモスが咲き誇っています。今まで、いくつかのコスモス園を巡りましたが、もっとも大きい部類かもしれません。品種が多いため、通常のピンク、白だけでなく、変わった色合いの品種も多くありました。

また、このコスモス園、コスモスだけでなく、他の花々も美しくなかなか見ていて飽きない素晴らしい場所でした。

↓一面のコスモス園
101020-6.JPG

101020-7.JPG

101020-8.JPG

↓八重咲きのコスモス:ダブルクリック
101020-9.JPG

↓模様が変わっている品種:ハッピーリング
101020-10.JPG

↓濃淡が見事な品種:ピコティ
101020-11.JPG

↓舌状弁が筒状の品種:シーシェル
101020-12.JPG

↓世界初の淡いオレンジ色コスモス:オレンジキャンパス
101020-16.JPG

↓その他の花々:千日紅
101020-13.JPG

↓アサガオの一種:オーシャンブルー
101020-14.JPG

↓メキシカンセージ
101020-15.JPG
posted by たぬき at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

ブログの仕様が変更に

使用しているレンタルサーバー会社からの連絡で、24時間以上のサーバーメンテナンスとのこと。

その間は、ブログ更新などは出来ず、長いな〜と思っていると、、ブログがだいぶバージョンアップされてました。テンプレートもだいぶ増えてうれしい。

ちょこっとデザイン変更したり、写真を大きくしてみたり。

しばらくちょくちょくいじってみます♪
posted by たぬき at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

天下一品・柏木店@奈良市柏木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良の柏木町にある天下一品の柏木店です。奈良の天一の中では、利用する機会が多い店のひとつです。

以前は、24号線を挟んだ向かい側にお店を構えておられましたが、最近、道を挟んだ逆側の柏木ビルの1Fに移転されました。以前、ビビンバ屋さんだった場所です。移転前の店舗も、それなりに新しい感じでこぎれいだったのですが、移転されて、さらにきれいになりました。移転後は初訪問です。

この日は、夕食時に通りがかり2010年の天下一品祭りのポスターが飾られていたのを見て、思わず入店しました。

外観からは小さそうに見えるお店ですが、店内は意外と広い感じがします。明るい感じで清潔感があります。カウンター席、テーブル席があり、いろいろな人数のお客さんに対応できそうなお店です。

お店は、天一の基本的なメニュー構成で、シンプル。普通のラーメンが680円(こってり、あっさり、こっさり)。それと、味がさね730円です。チャーシューメンは+200円、味玉は+100円です。

その他、餃子、唐揚げ、メンマなどの一品、ライス、チャーハン、天津飯などのご飯ものもあります。また定食メニューも充実しています。

この日は、こってりチャーシューメンの味玉トッピングを注文しました。

さて、いつもどおりの見た目の天一のこってりラーメンが出てきます。なんとなくスープが少なめに見えます。そして鉢一杯にチャーシューが乗っています。具は、味玉、メンマ、ネギ。

スープは、いつもどおりの鶏ガラ野菜のドロドロしたこってりスープ。この日は、なんとなくですが、ややサラサラとしたあっさり感があるような気がしましたが、十分に旨みのある美味しいスープでした。なんとなくスープが少なく感じいたのですが、いつもこんなものだったかな?と思いました。

麺は柔らかめの茹で具合の中細ストレート麺。スープとの絡みがとても良く、濃厚なスープを口に運んでくれます。

チャーシューは、柔らかく煮込まれた赤身肉を使用。味付けは、薄い醤油味程度ですが、柔らかく、こってりスープ、麺と絡めると非常に美味しくいただくことが出来ます。分量も意外と多くてボリューム感があり、なかなかの満足度でした。

味玉は、特に黄身が半熟だったり、特別な味付けがあるわけでもなく普通な感じでした。

この店舗は、変わったメニュー構成などは、ありませんが、清潔感があり、気軽に天一を楽しむことが出来るお店です。接客も心地よく、これからも利用したいお店の一つです。

↓こってりチャーシューメン+味玉トッピング
101020-1.JPG

↓チャーシュー
101020-2.JPG

↓味玉
101020-3.JPG

↓麺とスープ
101020-4.JPG

↓お店の外観です。
101020-5.JPG
posted by たぬき at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年10月18日

本場讃岐うどん さか栄@京都府南丹市園部町埴生赤尾

南丹市の山間、のどかな田園風景の中にぽつんとあるお店「さか栄」さん。本場讃岐うどんのお店を唄っておられます。

お店は、木目調の外観で、意外と大きな感じです。二つの建て屋があり、大きなほうが、うどんやさん、もうひとつ小さいほうでは、丹波の名産品などを売っておられます。お店の前が駐車場になっていて、こんなにのどかな場所なのに、けっこうな台数が停まっていました。

店内も木目調の素朴な造り。カウンター席とテーブル席、座敷などがあり、一人客から大人数にも対応できそうです。

うどんメニューは、ぶっかけが中心。普通のぶっかけ 600円、温玉ぶっかけ、梅おろしぶっかけ 700円、天ぷらおろしぶっかけ、特選丹波牛ぶっかけ 800円があり、さらにおススメとして、ちくわ天ぶっかけ A(ちく天1本入り)700円、B(ちく天2本入り)780円、ぶっかけスペシャル A(えび天1本、和牛)1150円、B(えび天2本、温玉、和牛)1500円などがあります。

その他、カレーうどん、ざるうどん、ほほ肉付け麺、釜玉、釜揚げ、にしんうどんなどがありました。

またトッピングは、ちく天100円、温玉80円、生玉子50円。その他、丼ぶり、定食、おにぎりなども充実していました。

この日は、ちく天、えび天の両方を試してみたかったので、ぶっかけスペシャルA(えび天1本、和牛入り)+ちくわ天トッピングで注文しました。

出てきたおうどん、かなり大きめの鉢に入ってきます。最初に目につくのは、天ぷらの大きさ。えび天の大きさと、それを上回るちくわ天の大きさに驚きます。他にトッピングとして、しそ天、天かす、ネギが乗せられていました。

ぶっかけのダシを適度にかけていただきます。このお店の麺は、しっかりと角が立っていますが、それぞれの麺は不均一な太さで美しさには欠ける気がしました。麺のコシや粘りはそれほど強くは無いのですが、しっとりとした歯ごたえが心地よい麺でした。

ダシの風味は、とてもあっさりと柔らかい風味。讃岐と言うより関西風の和風な味わいで、昆布の風味が効いていて、なかなか旨みがありました。また天かす、天ぷらとの相性も良い味わいでした。

肉は、甘めに味つけられていて、柔らかくてボリューム満点。地元の和牛を使っておられるとのことで、お肉自身の味わいも噛むたびに味わえる良い質のものでした。

そして具のえび天の大きさと、プリッとした食感は素晴らしいものがありました。またそれ以上に、ちくわ天の大きさと、外はパリッと中はモチっとした食感は満足度が高く、これで100円なんだ・・と驚くばかりでした。このお店は、ちくわ天ぶっかけB(780円)が、一番コスト的にも安くて、良いのではないでしょうか。

京都や、亀岡の市街地からは離れた、のんびりとした雰囲気でいただく讃岐うどんは、麺はもう少し改善が必要かな?と思いましたが、具とダシは、なかなかの味わいでした。

そしてこのお店、一番記憶に残ったのは、店員さんの素晴らしい接客と笑顔でした。この店員さんだけで客を呼べそうだな・・と思える滅多に出会えないレベルの接客で、本当に気持ちの良いお店でした♪

※2010年10月から、以下のように営業時間を変更されるそうです。行かれる方はお気をつけて。

平日:11:00〜15:00
土日祝:11:00〜16:00
定休日水曜(祝日の場合は、水曜も営業)

↓ぶっかけスペシャルA+ちくわ天
101018-1.JPG

↓麺の感じ
101018-2.JPG

↓お店の外観
101018-3.JPG
posted by たぬき at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2010年10月17日

2010びわ湖高島マラソン〜マキノ健康栗マラソン〜

6〜8月の間、順調にトレーニングを再開していたので、秋の初戦に・・と選んでいたハーフマラソン。。。

ただ、9月ごろから、今まで痛めていた脚の逆側の脚に痛みを覚え始め・・練習休止。あえなく、この大会もとりあえずDNS(;_;)へこみます。

とりあえず、大会に行くのも久しぶりなので、空気を味わいに・・&参加賞をいただきに会場まで行きます。

ランナーのみなさんのトレーニングウェア姿がうらやましいやら、復帰に向けて希望を持っていたのに、いきなり躓いて悔しいやら・・・なんとも複雑な心持ち。

マキノ名物のメタセコイヤ並木を、会場に向かう途中にくぐり抜けましたが、こんなに気持ちの良く景色のいいコースを走れるなんて・・いいなぁ・・と思いました。来年は、ぜひ怪我を治して来ないと・・

まぁまだまだ、あと50年はマラソン人生を続けるつもり(笑)今は、ゆったりと怪我と向き合おうと思います。

↓スタート地点。早めに着いたので人もまばら。
101017-1.JPG

↓地元特産品などのブースもありました。
101017-2.JPG

↓参加賞の栗
101017-3.JPG

↓参加賞のTシャツ。デザインもシンプルで練習に使えそう。
101017-4.JPG
posted by たぬき at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年10月15日

ほそかわ・花屋町店@京都市右京区西京極南庄境町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の背脂醤油系の名店「ほそかわ」さんの本店です。年に1,2回、訪れます。

店舗は、数年前に店舗を変更されて、とてもきれいな店舗に変わっています。ただ、今でも伝統の提灯が掲げられ、歴史を感じます。そして移転されてからも、カウンターが中心の店舗で、庶民的な雰囲気が残っています。

メニューは、シンプル。ラーメン並650円、大750円、チャーシュー並850円、大950円。 その他、ライス小150円、中200円、キムチ100円、玉子50円など。昔よりかは、値段が高くなったような気がします。

この日は、いつもよく注文するチャーシュー(並)を注文。

さて、出てきたラーメン。伝統の背脂がきめ細かに浮いた、これぞ京都背脂醤油という雰囲気のラーメン。具は、チャーシュー、メンマ、ネギとシンプル。

スープは、鶏ガラのコクがしっかりと効いた深い味わい。醤油の柔らかな風味と、背脂の甘さも合わさりとてもマイルドです。スープに浮いている一味が味を引き締め、背脂の甘さが後に残らないくらいのシャープさもあります。

最近、同じ「ほそかわ」さんの西院店で食べた時は、この一味の味が意外なほど強く、辛さを感じたのですが、このお店では、それほどでもなくしっとりといただけました。

麺は、細麺ストレート。柔らかめの茹で具合で、マイルドなスープとよく合っていました。

チャーシューは、わずかに醤油で優しく味付けられた薄切りタイプ。脂身と赤身が適度なバランスで、柔らかく、スープや麺ともよく絡みます。量も多めでなかなか良かったです。

このお店は、京都の背脂醤油系を代表するお店ですが、個人的には元祖の「ますたに」さんよりも味が安定していて、これが京都の背脂醤油!といえるお店かな・・と思います。いつもよい味と、昔ながらの雰囲気。ほっとするお店です。

↓過去の訪問記録
ほそかわ(1)

↓チャーシュー(並)
101015-1.JPG

↓チャーシュー
101015-2.JPG

↓麺とスープ
101015-3.JPG

↓お店の外観です。
101015-4.JPG
posted by たぬき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年10月14日

大吉ラーメン@京都市中京区烏丸通錦小路西入ル占出山町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都、四条烏丸の街中にあり、以前から気になっていたこのお店。外観からは店舗名がよく分からず、なんという店名?と気になって、食べログで調べてみると「大吉ラーメン」とのこと。

たしかにお店に実際に行くと、お店の前に出されている看板の下のほうに小さく「大吉ラーメン」と書かれていました(^^;

ということで、お店に入ります。1Fは、カウンターのみの細長い作りです。2F席もあるようでしたが、入ってないので分かりません。店内は、やや雑然とした、ある意味、昔ながらのラーメン屋さんという雰囲気で、漫画や雑誌、新聞などが多く置かれていました。

メニューを見ると、、一目で・・あっ!このお店は昔、第一旭だったんだな・・と思える構成。胸が高まります。

ラーメンメニューは、醤油がメイン。ジャンボ、ミニ、デラックス(厚切り豚バラ入り)、ターローなど、構成はまさしく第一旭。その他に、みそ、コッテリ、塩バター、野菜、スタミナ、キムチ、激辛など多くの種類のラーメンがあり、さらに釜玉ラーメンというメニューまでありました。そして、つけ麺も存在しました。

また単品メニューも餃子、唐揚げ、焼飯などがあり、セットメニューも充実していました。

この日は、普通の醤油のチャーシュウメンにしようかと思いつつ、お店の方が準備しておられた厚切り豚バラ肉が美味しそうに見えたので、デラックスを注文しました。

さて出てきたラーメン、やや濁った醤油スープ、一般的な第一旭と違い大きめの背脂がわずかに浮いています。具は、ネギ、モヤシ、メンマ。モヤシとメンマはかなり量が多いです。

スープは、第一旭を思わせる豚骨醤油で、豚のコクを感じます。しかし豚の風味は控えめに効いている感じです。醤油の風味も柔らかで、全体的にまろやかであっさりとした、なかなか良い感じの豚骨醤油です。

背脂の味は、それほど効いておらず、入っていなくても良いのでは?と思いました。第一旭のお店で考えると、元祖 第一旭の久御山店のスープから豚骨臭を無くし、味もあっさりさせたような感じです。

麺は、第一旭とは違う麺を使用。細麺のストレート麺です。プチプチとした心地よい食感が楽しめます。ただ、私としてはこの京都らしいスープには、いつもの低加水の中細麺が合うのに、もったいないなぁという印象でした。

そして、厚切りチャーシューは、脂身が多くジューシー。味付けは控えめで、豚バラ肉そのものの味を楽しめます。一枚一枚が分厚くて、ボリューム感もあります。

具のモヤシは、見た目以上に多すぎるかな?という感じで、やや水っぽくて、せっかくの美味しいスープを薄めている感じがしました。メンマは、味付けが良く、単品としてビールのつまみとかに良さそうな味わいと食感でした。

スープの出来がよく、メニューも豊富で、気軽に立ち寄れそうな良いお店です。麺も京都の柔らかめの麺が苦手な方には、こちらのお店の使用している麺が合うかな?と思いました。

↓デラックス
101014-1.JPG

↓厚切りチャーシュー
101014-2.JPG

↓麺とスープ
101014-3.JPG

↓スープ
101014-4.JPG

↓お店の外観
101014-5.JPG
posted by たぬき at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2010年10月13日

世界ビール紀行 ドイツメルツェンタイプ(アサヒビール)

アサヒビールの出す限定ビール。第一弾として、ドイツビール(メルツェンタイプ)が出されました。

ドイツのビール祭り、オクトーバーフェストで飲まれる下面発酵タイプのビールを再現されています。

注ぐと、泡立ちもきめ細やかで好印象。淡色系のビールです。麦芽の心地よい香りがします。

飲むと、意外とあっさりとした、柔らかい感じです。すこし甘みを感じるほどなのですが、後味にググッと来る強い苦みを感じます。ビール好きにはたまらないなぁという飲みごたえがあるビールに思えました。

次は、第二弾としてベルギービールが発売されるそうです。その二カ国を出せば、ほぼ終わりのような気がするのですが、第三弾はあるのでしょうか・・

↓ドイツメルツェンタイプ
101013-1.JPG

posted by たぬき at 21:56| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年10月12日

大津祭り

体育の日は大津祭りへ。幼いころから二年に一度くらい見に来ていますが、今年は快晴&三連休の中日ともあり、例年より人がすごかったと思います。

祇園祭を少しこじんまりしたような感じがしますが、間近でみられ、迫力のあるこの祭りは、大好きな行事です。

大津祭りで曳山から撒かれる「ちまき」をモチーフにしたゆるきゃら「ちま吉」くんも大活躍。子供たちに大人気でした。

↓昼休憩で大通りに集まる曳山
101012-1.JPG

↓ちまきを求めて多くの人が集まります。
101012-2.JPG

↓ちま吉
101012-3.JPG

↓ちま吉自販機
101012-4.JPG
posted by たぬき at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2010年10月11日

大雨の天皇杯

京都0-4千葉(西京極)

大雨の西京極。寒さに震えながら、それ以上に試合内容の寒さに凍りついた試合でした。

J2上位とは言え、下部リーグ相手に完敗。観客1600人は、ある意味、楽しいものを見たのかもしれません。

↓雨に打たれる敗戦選手たち。
101011-6.JPG
posted by たぬき at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー