2010年10月14日

大吉ラーメン@京都市中京区烏丸通錦小路西入ル占出山町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都、四条烏丸の街中にあり、以前から気になっていたこのお店。外観からは店舗名がよく分からず、なんという店名?と気になって、食べログで調べてみると「大吉ラーメン」とのこと。

たしかにお店に実際に行くと、お店の前に出されている看板の下のほうに小さく「大吉ラーメン」と書かれていました(^^;

ということで、お店に入ります。1Fは、カウンターのみの細長い作りです。2F席もあるようでしたが、入ってないので分かりません。店内は、やや雑然とした、ある意味、昔ながらのラーメン屋さんという雰囲気で、漫画や雑誌、新聞などが多く置かれていました。

メニューを見ると、、一目で・・あっ!このお店は昔、第一旭だったんだな・・と思える構成。胸が高まります。

ラーメンメニューは、醤油がメイン。ジャンボ、ミニ、デラックス(厚切り豚バラ入り)、ターローなど、構成はまさしく第一旭。その他に、みそ、コッテリ、塩バター、野菜、スタミナ、キムチ、激辛など多くの種類のラーメンがあり、さらに釜玉ラーメンというメニューまでありました。そして、つけ麺も存在しました。

また単品メニューも餃子、唐揚げ、焼飯などがあり、セットメニューも充実していました。

この日は、普通の醤油のチャーシュウメンにしようかと思いつつ、お店の方が準備しておられた厚切り豚バラ肉が美味しそうに見えたので、デラックスを注文しました。

さて出てきたラーメン、やや濁った醤油スープ、一般的な第一旭と違い大きめの背脂がわずかに浮いています。具は、ネギ、モヤシ、メンマ。モヤシとメンマはかなり量が多いです。

スープは、第一旭を思わせる豚骨醤油で、豚のコクを感じます。しかし豚の風味は控えめに効いている感じです。醤油の風味も柔らかで、全体的にまろやかであっさりとした、なかなか良い感じの豚骨醤油です。

背脂の味は、それほど効いておらず、入っていなくても良いのでは?と思いました。第一旭のお店で考えると、元祖 第一旭の久御山店のスープから豚骨臭を無くし、味もあっさりさせたような感じです。

麺は、第一旭とは違う麺を使用。細麺のストレート麺です。プチプチとした心地よい食感が楽しめます。ただ、私としてはこの京都らしいスープには、いつもの低加水の中細麺が合うのに、もったいないなぁという印象でした。

そして、厚切りチャーシューは、脂身が多くジューシー。味付けは控えめで、豚バラ肉そのものの味を楽しめます。一枚一枚が分厚くて、ボリューム感もあります。

具のモヤシは、見た目以上に多すぎるかな?という感じで、やや水っぽくて、せっかくの美味しいスープを薄めている感じがしました。メンマは、味付けが良く、単品としてビールのつまみとかに良さそうな味わいと食感でした。

スープの出来がよく、メニューも豊富で、気軽に立ち寄れそうな良いお店です。麺も京都の柔らかめの麺が苦手な方には、こちらのお店の使用している麺が合うかな?と思いました。

↓デラックス
101014-1.JPG

↓厚切りチャーシュー
101014-2.JPG

↓麺とスープ
101014-3.JPG

↓スープ
101014-4.JPG

↓お店の外観
101014-5.JPG
posted by たぬき at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都