2010年10月18日

本場讃岐うどん さか栄@京都府南丹市園部町埴生赤尾

南丹市の山間、のどかな田園風景の中にぽつんとあるお店「さか栄」さん。本場讃岐うどんのお店を唄っておられます。

お店は、木目調の外観で、意外と大きな感じです。二つの建て屋があり、大きなほうが、うどんやさん、もうひとつ小さいほうでは、丹波の名産品などを売っておられます。お店の前が駐車場になっていて、こんなにのどかな場所なのに、けっこうな台数が停まっていました。

店内も木目調の素朴な造り。カウンター席とテーブル席、座敷などがあり、一人客から大人数にも対応できそうです。

うどんメニューは、ぶっかけが中心。普通のぶっかけ 600円、温玉ぶっかけ、梅おろしぶっかけ 700円、天ぷらおろしぶっかけ、特選丹波牛ぶっかけ 800円があり、さらにおススメとして、ちくわ天ぶっかけ A(ちく天1本入り)700円、B(ちく天2本入り)780円、ぶっかけスペシャル A(えび天1本、和牛)1150円、B(えび天2本、温玉、和牛)1500円などがあります。

その他、カレーうどん、ざるうどん、ほほ肉付け麺、釜玉、釜揚げ、にしんうどんなどがありました。

またトッピングは、ちく天100円、温玉80円、生玉子50円。その他、丼ぶり、定食、おにぎりなども充実していました。

この日は、ちく天、えび天の両方を試してみたかったので、ぶっかけスペシャルA(えび天1本、和牛入り)+ちくわ天トッピングで注文しました。

出てきたおうどん、かなり大きめの鉢に入ってきます。最初に目につくのは、天ぷらの大きさ。えび天の大きさと、それを上回るちくわ天の大きさに驚きます。他にトッピングとして、しそ天、天かす、ネギが乗せられていました。

ぶっかけのダシを適度にかけていただきます。このお店の麺は、しっかりと角が立っていますが、それぞれの麺は不均一な太さで美しさには欠ける気がしました。麺のコシや粘りはそれほど強くは無いのですが、しっとりとした歯ごたえが心地よい麺でした。

ダシの風味は、とてもあっさりと柔らかい風味。讃岐と言うより関西風の和風な味わいで、昆布の風味が効いていて、なかなか旨みがありました。また天かす、天ぷらとの相性も良い味わいでした。

肉は、甘めに味つけられていて、柔らかくてボリューム満点。地元の和牛を使っておられるとのことで、お肉自身の味わいも噛むたびに味わえる良い質のものでした。

そして具のえび天の大きさと、プリッとした食感は素晴らしいものがありました。またそれ以上に、ちくわ天の大きさと、外はパリッと中はモチっとした食感は満足度が高く、これで100円なんだ・・と驚くばかりでした。このお店は、ちくわ天ぶっかけB(780円)が、一番コスト的にも安くて、良いのではないでしょうか。

京都や、亀岡の市街地からは離れた、のんびりとした雰囲気でいただく讃岐うどんは、麺はもう少し改善が必要かな?と思いましたが、具とダシは、なかなかの味わいでした。

そしてこのお店、一番記憶に残ったのは、店員さんの素晴らしい接客と笑顔でした。この店員さんだけで客を呼べそうだな・・と思える滅多に出会えないレベルの接客で、本当に気持ちの良いお店でした♪

※2010年10月から、以下のように営業時間を変更されるそうです。行かれる方はお気をつけて。

平日:11:00〜15:00
土日祝:11:00〜16:00
定休日水曜(祝日の場合は、水曜も営業)

↓ぶっかけスペシャルA+ちくわ天
101018-1.JPG

↓麺の感じ
101018-2.JPG

↓お店の外観
101018-3.JPG
posted by たぬき at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ