2010年11月07日

第一旭・五条大橋店@京都市下京区御影堂町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

五条通りを、山科から京都市内方面へ進むと、五条大橋を超えてすぐ左手に見えてくる第一旭さん。昔からずっと、車で通るたびに気になっていたのですが、駐車場がないので立ち寄ることが出来ず。この日は、上徳寺の阿弥陀如来像が特別公開されていたので、参拝するついでに立ち寄りました。

お店の外観は、昔ながらのラーメン店という素朴な雰囲気。第一旭のFC店らしくパネル式のメニューが壁に貼り付けられています。

店内は、カウンター席が中心ですが、4人掛けテーブルが2つ、奥のほうに6人掛けの座敷が2つあります。かなり老年の職人風の店長さんがもくもくとラーメンを作られています。他に店員さんが一人おられました。

メニュー構成は、基本的には第一旭のFC店と同じ。スペシャル(普通の醤油)650円、デラックス(厚切りチャーシュー入り)900円、ターロー(焼肉ラーメン)950円、鉄人(こってり)700円、珍味(味噌)690円などなど。味噌ラーメンを「珍味」というメニュー名にしている第一旭は初めて見ました。

その他、キムチラーメン860円、がくわり560円があります。それぞれ大サイズにすると100円〜150円くらいアップ。ミニサイズは、100円前後値段が下がります。

また餃子、チャーハン、唐揚げ、焼豚などの単品メニュー、セットメニューも充実していました。

それと、このお店うれしいサービスが。「肉まし無料サービス・キャンペーン中」と書かれていて、中、大サイズのラーメンは肉ましが無料とのことです。さらに肉増しにしたい場合は「肉ましの肉まし」と言えば、150円プラスで、ダブル肉ましのようにしてくださるそうです。

このキャンペーン中とかかれた紙は、ものすごく年季が入っていて、色も変色しているので期間・期限などなく、ずっとやっておられるものだと思われます(笑)

こんなキャンペーンの紙を見たら、注文せざるを得ないでしょう・・・とうことで、スペシャルの「肉ましの肉まし」を注文。

さて、出てきたラーメン、澄んだ色合いの醤油スープにネギたっぷり、そして焼豚たっぷり!メンマも多め、モヤシ少々。一般的な第一旭と比較すると、スープの表面に脂分が多めに浮いているのが、このお店の特徴でしょうか。

スープは、第一旭らしく豚の風味が効いた豚骨醤油味ですが、動物系のダシの強さ、醤油の風味もとても控えめで、他の店舗と比べるとあっさり感が強いスープです。一言で表すと“あっさり版・第一旭”でしょうか。しかしながら、しっかりとした奥深い旨みがあります。たかばし本店や寺田店あたりが濃いと思われる方は、このお店がいいのではないかなと思える味でした。

麺は、いつもの近藤製麺さんの低加水のやや細ストレート。しっとりとした柔らかな麺で、スープをよく吸いこみ、旨みを口に運んでくれます。

そして焼豚・・・これが写真ではよく分からないのですが、鉢の表面にびっしりどころか、、3層くらいの焼豚が乗っていて・・・過去いただいた第一旭の店舗の中でも圧倒的に焼豚量が多いです。「肉ましの肉まし」をなめるな!と言われているかのよう。食べても食べても肉ですと言った感じでした(笑)

焼豚の味付けは、スープと同じく、とてもあっさりと味付けされています。スープのあっさりとした風味を邪魔することなくいただくことが出来ます。赤身肉が中心ですが、柔らかく煮込まれていて食べやすいものでした。

またこのお店、メンマが細かめで多く入れられています。この分量も、今まで食べた第一旭の店舗の中で一番多いのではないでしょうっか。食感もよく、食が進む一品でした。

このお店、駐車場がなく、京都の中心からも少し離れていますが、次から次へとお客さんが来られていました。その理由がよく分かる、味、量、コストパフォーマンスの良いお店でした。また11時〜翌朝5時という長い営業時間も魅力だと思います。日曜日が休みという点だけが、惜しいところです。

私自身も、いままで食べ歩いた第一旭さんの中ではお気に入り店のひとつとなりました。また再訪したいと思います。

↓スペシャル(肉ましの肉まし)650円+150円
101107-1.JPG

↓焼豚
101107-2.JPG

↓麺とスープ
101107-3.JPG

↓メンマ
101107-4.JPG

↓外観です。
101107-5.JPG
posted by たぬき at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都