2010年11月08日

好来道場@名古屋市千種区春岡通

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

名古屋の老舗のお店「好来道場」さんです。私は、名古屋のラーメンは詳しくないのですが、このお店は薬膳ラーメンという系統の元祖だそうで、名古屋には、同じような系統のお店がたくさんあるようです。

お店の外観は、とてもラーメン店には思えないような、素朴な雰囲気が漂います。なかなか、知らない人はラーメン店と思わないのではないでしょうか。お店の周りには駐車場がありますが、人気店なのでほとんど埋まっているようでした。

店内は和風な空間。一見、お寿司屋?と思わせるような独特の雰囲気です。店長さん店員さんの服装も和式で、木目調の店内。席はカウンター席のみで、10席前後だったと思います。常にお客さんが来られるので、数人は待っておられ、店内に待つための席とテーブルが用意されています。

このお店、店内に入ると、まず注文を聞かれます。そして、注文するとメニューと番号が書かれた札を渡されるので、それまで席に座って待つというシステムです。次から次へとお客さんが来られるのですが、ひとつひとつ丁寧に接客されている姿は好印象でした。

メニューも和風なネーミングで、以下の通り。
松 800円:並
竹 1000円:メンマ多し
寿 1000円:チャーシュー多し
寿竹 1200円:チャーシューメンマ多し
大松 1000円:めん多し
大竹 1200円:めんメンマ多し
大寿 1200円:めんチャーシュー多し
大寿竹 1400円:全部多し
快老麺(並) 800円:松よりチャーシューが一枚少なく、鉢一杯のとろろ昆布とノリ2枚
快老麺(大) 1000円:快老麺の大サイズ
ねぎ多し 100円

あまりこのお店に関する前知識もなかったので、とりあえず寿竹(チャーシューメンマ多し)を注文してみました。注文すると札を渡されるので、椅子に座って待ちます。待ち合い席に愛知のラーメン本が置いてあったので、読んでいると、このお店の薬膳スープは、鶏ガラ、豚骨、野菜のダシと載っています。楽しみです♪

そのうち番号を呼ばれるので、席に座ると、ほどなくラーメンが運ばれます。

ラーメンを見て、まず笑ってしまいました。とにかく大量のメンマ!メンマ!メンマ!しかも極太!(笑)見た目は、古風なラーメンと言う感じです。スープは、やや濁った感じの醤油スープで鉢に満杯に入っています。そのスープ上にネギがまばらに浮いています。

とりあえず、スープをいただくと、あっさりとした和風の味わい。鶏ガラや豚骨の風味は、とても控えめで、どちらかというと野菜の風味が効いていると思います。醤油の酸味は感じず、あっさり、優しく、後味のキレが良いです。最近、流行りのパンチ力勝負のようなラーメンにはない、素材そのものの風味が効いたとても旨みのある味わいでした。

とにかくメンマを・・・・とメンマをいただくと極太だけに食感がとても良いです。味付けはスープに合わせてあるのか、あっさりしていてスープの旨みを邪魔しないように仕上がっています。これだけの分量があるので、食べ終わる頃の満腹感はけっこうありました。

メンマの層の下にチャーシューの層があります。チャーシューは脂身部分のロールタイプです。予想以上に分量が多く、数を正確に覚えていないのですが、10枚くらい入っていたと思います。これらも味は控えめですが、肉の旨みがしっかり出ているのと、適度な柔らかさと食感があり、とても良い出来でした。

一番下の層に麺があります。麺は分量少なめです。やや太の縮れ麺で、茹で具合は、やや柔らかめです。太めの麺らしい、もちっとした食感がとても良かったです。麺自体もスープを吸いこんでいるのか、ほのかな旨みを感じる美味しい麺でした。

老舗店らしい店内の雰囲気と、接客の丁寧さ、ラーメンの個性、味、どれをとっても満足できるお店でした。私が待ち合い席で読んだ本には、一日80杯と書かれており、売切れもよくあるようです。食べたい方は、早い時間帯に行かれるほうが良いと思います。

↓寿竹
101108-1.JPG

↓メンマ
101108-2.JPG

↓チャーシュー
101108-3.JPG

↓麺とスープ
101108-4.JPG

↓メニュー
101108-5.JPG

↓外観
101108-6.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他