2010年12月06日

はなまるうどん・京都新堀川店@京都市伏見区竹田松林町

讃岐うどんチェーンの代表格「はなまるうどん」さん。京都の大丸の裏にお店があるのは知っていましたが、この伏見のお店は存在を知りませんでした。最近、長い間「はなまる」に行ってなかったので、入ってみました。

店舗は、書店などと同居した建物にありますが、駐車場はそれほど広くなく、ほぼ満車状態でした。駐車場が狭いため、客入りはそんなに良くないのかな?と思いましたが、意外なほど店内は混雑。けっこう近所の方が来られたりしているんでしょうね。外観で想像する以上に、店内は座席数が多い感じで、人数はけっこう入れそうでした。

メニューは、讃岐系のメニューは、ほぼそろっています。それと値段構成がシンプルで安いのが特徴。値段は、小サイズで・・・

かけ105円、しょうゆ189円、カレーうどん399円。それ以外のメニュー、ぶっかけ、温玉ぶっかけ、釜揚げ、きつね、わかめ、とろろ昆布、ゆずねぎ、ごまねぎなどは、すべて294円。

その他に鶏丼、カレーなどがあり、うどんとの組み合わせでセットもできるようです。お店のシステムは、うどんなどを注文後、受け取り、自由にトッピングの天ぷら、お惣菜、おにぎりなどを取るセルフスタイルです。

この日は、ぶっかけ(冷・小)に鶏天、ちく天、半熟玉子天を取りました。天かすは入れ放題です。

まず、おうどんは、しっかりとした角の立った、きれいなつやのある讃岐らしい麺です。これは、コシもしっかり、小麦の風味もしっかりしており、とても食べ心地の良いものでした。

ぶっかけのだしは、煮干しの風味が効いた味わい。香川で食べる讃岐うどんを思わせる風味です。とてもあっさりしながら、魚の風味が出ていて、なかなか良い感じです。

天ぷらは、最近はやりの「○○製麺」系のチェーン店と比べると、ややサイズは小ぶりでしょうか。それと衣が少しふやけた感じもして、揚げたてじゃないのかな?と思いました。しかし味わいは、どの天ぷらも良かったです。特に半熟玉子の黄身のとろけ具合は、とても良い感じでした。

最近の「○○製麺」系のチェーンは、どこに行っても画一的なワンパターンな雰囲気と味を感じるのですが、この「はなまるうどん」さんは、雰囲気もどこか讃岐を思わせる、のどかさもあり、天ぷらやお惣菜の雰囲気も手作り感を感じて、居心地が良いなと思いました。また気分が向いたときに、立ち寄りたいと思います♪

↓ぶっかけ(冷・小)
101206-1.JPG

↓麺の感じ
101206-2.JPG

↓左:ちく天、右:鶏天、奥:玉子天
101206-3.JPG
posted by たぬき at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ