2010年12月11日

長寿寺@滋賀県湖南市東寺

11月末に巡った湖南三山のひとつ「長寿寺」。アップするのを忘れていましたが、湖南三山のうち、このお寺は紅葉がすごかったので、、写真をアップします。

この日は、もう紅葉のシーズンも終わりつつある頃でしたが、長寿寺の参道は、紅葉のトンネルのようになっていました。

湖南三山は、数年前から町おこしの一つとして、常楽寺、長寿寺、善水寺を観光名所として立ちあげられているようです。特に常楽寺は、数年前までは一般客は参拝できなかったとか。。しかし、この三山、すべてのお寺の本堂が国宝だったりします。

どのお寺のお堂も美しく、落ち着いた雰囲気でしたが、長寿寺は紅葉がすばらしく、華やかさもあるお寺だったのが印象的です。

↓長寿寺・国宝の本堂
101211-5.JPG

↓山門から本堂へ続く紅葉のトンネルです。
101211-8.JPG

101211-7.JPG

101211-6.JPG
posted by たぬき at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@滋賀

ラーメン天@京都市山科区西野左義長町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

京都の老舗店のひとつ「ラーメン天」さん。高校生のころに数回、食べたことがあるのですが、(たぶん)それ以来の訪問です。

店舗は新幹線の高架下にあります。駐車場も高架下にあり、スペースは小さいですが、台数は結構、停められます。

店内は高架下にあることもあって、細長いつくり。長いカウンター席と、その横にテーブル席が4つほどあります。人数はけっこう入れます。

新幹線が通るたびに、小きざみに揺れる店内を見ると懐かしくなりました。お店には、高校生たちがいっぱいいて、学生に人気のお店なんだな・・自分も昔は、その中の一人だったんだな・・と思いました。

このお店は、基本は第一旭、ラーメン藤系の京都の醤油豚骨スープですが、味噌も選択できます。味噌にすると醤油豚骨より、どのメニューも50円アップとなります。

メニューは、ラーメン700円、ミニラーメン600円、ラーメン大盛800円、ラーメン特製(チャーシューメン)900円、ラーメン大盛特製1000円、ラーメン超大盛900円。その他は、唐揚げ、ライス、カッパ(きゅうり漬け)、玉子などがあるくらいでシンプルです。カッパというのは珍しいですね。それと、ラーメンとライスや唐揚げなどを組み合わせたセットメニューがあります。またキムチは食べ放題です。

この日は、久しぶりだったので、普通の醤油豚骨のラーメン特製(チャーシューメン)を注文。

出てきたラーメン、懐かしい見栄え。京都ラーメンのスタンダードのような風貌です。わずかに濁った醤油スープの表面に、きらめくような脂分が浮いています。鉢一杯に焼豚、そしてモヤシたっぷり。それとネギ、メンマ少々。

さて、懐かしのスープをいただくと・・豚のコクがストレートパンチのように効いた野性味のあるスープです。むむ!っと、のけぞるような力強さ、これが京都の味だと言わんばかりの豚骨醤油。醤油と動物系のダシのバランスも良く、なんて迫力あるのでしょう。学生時代、こんなに美味しいスープを食べていたんだな・・と驚くばかりです。

やや脂分が強い感じなので、若い方やスポーツをされている方には、とても合うスープなのではないでしょうか。第一旭で言うと、寺田店に近い味わいだと思います。

麺は、第一旭、ラーメン藤と同じく近藤製麺のものを使用。昔の記憶では、第一旭や藤と同じ麺だな・・と思っていたのですが、この日、いただくと少し変更でもされたのでしょうか。同じ近藤製麺ではありましたが、ややカールしたような中細の低加水麺でした。ただ麺の食感、柔らかさは、スープとの馴染み具合は、さすが近藤製麺という味わいでした。

チャーシューは、やや濃いめの味付けがされており、濃いめのスープの中でも、しっかりとした主張がある味わいです。一枚一枚が柔らかく、量も鉢の表面だけでなく、麺の中からゴロゴロと出てくる感じで、食べ応えがあります。麺やスープと絡めて食べるのにも、とても良い感じでした。

モヤシは量が多く、ボリューム感をアップさせています。逆にメンマは、本当に脇役のような感じでした。

長い間、行ってないお店でしたが、京都ラーメンのど真ん中に居座るような迫力ある一杯でした。第一旭や、新福菜館のような知名度はありませんが、その存在感は主役級。この一杯を食べずして京都ラーメン語るべからず、そんな風に問われているかのような老舗の魂の味でした。

↓ラーメン特製
101211-1.JPG

↓チャーシュー
101211-2.JPG

↓麺とスープ
101211-3.JPG

↓お店の外観
101211-4.JPG
posted by たぬき at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都