2010年12月16日

まるちゅう@宇治市伊勢田町若林

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

この日は、普段通らない道を通っていると、名前だけ知っていたラーメン店「まるちゅう」さんが現れました。なんとなく美味しそうに見えたので、この店で食べるつもりもなかったのですが、入ってみました。

店舗は、それほど大きくはないのですが、まだ真新しそうな雰囲気です。メニューの看板が多く掲げられています。お店の横には、駐車場があり、けっこうな台数が停めれそうでした。

店内に入ると、、、あれ?と、家族連れの方が数人待っておられました。一方カウンター席は、がらがら。私はカウンター席にすぐに座れましたが、店内が小さめなので、テーブル席は少ないんでしょうね。しばらく家族連れのお客さんは待っておられました。ただ店内は、明るく清潔な雰囲気で、良い感じです。

ラーメンメニューは・・以下のとおり。黒丸と赤丸が中心です。
○黒丸(旨みのタレとコクのある背脂を合わせたあっさりの中にキレのあるスープ)・・・650円(大盛750円、チャーシューメン900円、野菜山盛り800円)
○赤丸(豚骨ベースに数種類のスパイス・旨辛)・・・700円(激辛800円)
○長崎ちゃんぽん・・・750円(大盛900円)
○長崎皿うどん・・・650円(大盛800円)
○塩らーめん・・・600円
○豚骨らーめん・・・650円

また追加で、トッピングに、野菜、もやし、メンマ、チャーシュー、味玉、のり などを追加することが出来ます。

その他、冬季限定メニュー「辛辛ちゃんぽん(食べるラー油使用)」、一品料理やセットメニューも充実していました。

この日は、とりあえず、黒丸チャーシューメンを注文しました。

実は、メニューを見てちゃんぽんがあったり、赤丸は豚骨ベースと書いてあるし、豚骨らーめんもあるし、、豚骨のお店なのかなとばかり思っていました。メニューの黒丸の写真もスープは黒いように見えたので、マー油入りの豚骨なのかな?とか勝手に思い込んでいました。

なので、出てきたラーメンを見て、普通の背脂醤油系ラーメンであることに驚きました。やや濁ったような醤油スープにきめ細やかな背脂が浮いています。具はチャーシュー、煮玉子、ノリ、太めのメンマ、ネギ多め、モヤシ。

まずスープをいただくと、これまた驚き。京都系の背脂醤油だと思っていたら、ずいぶんと違う味わいです。京都の背脂醤油スープは、豚や鶏の動物系のダシがベースに強く効いていることが多いのですが、このお店のスープは、動物系の風味は控えめで、野菜からダシを取っているかのような甘い味わいがします。また醤油も柔らかな味わいです。

このスープ、普段飲み慣れない味わいに、最初は、あれれ・・と面喰ったのですが、慣れてくると優しくて後味もすっきり。飲み飽きない旨みのあるスープだなと思いました。背脂も甘めのスープと合っている気がします。

麺は、低加水の細麺ストレート。玉子を使用しているとのことで、プチっとした食感が楽しい麺でした。またスープや、ノリと絡ませて食べるのも美味しい感じでした。

チャーシューは、切れ味の悪い機械や包丁で切ったのだろうか・・と言うほど、段々とした切り跡が残っているのが違和感ありました。しかし味わいは、あっさりスープの邪魔をしない優しい味付けがされており、食感も柔らかく、なかなかのものでした。

太めのメンマと、黄身がとろける煮玉子も、優しい味わいの一杯の中で主張のあるものでした。

京都の一般的な背脂醤油ラーメンとは、一線を画す、しっとりとした甘さと、後味もすっきりとした優しいスープが特徴の一杯でした。他にも多くのメニューがあったので、普段使いにもとても良いお店だと思います。

↓黒玉チャーシューメン
101215-1.JPG

↓チャーシュー
101215-2.JPG

↓麺とスープ
101215-3.JPG

↓煮玉子
101215-6.JPG

↓太めのメンマ
101215-4.JPG

↓お店の外観です。
101215-5.JPG
posted by たぬき at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都