2010年12月29日

たも屋・女道場@高松市南新町

食べ歩き2件目を10時15分ごろに食べ終え、、向かったのは以前、香川を訪れたときに美味しかったな・・・と印象に残っている「たも屋」さんの支店「たも屋・女道場」さん。女性だけで切盛りされている店舗だそうです。

「たも屋」さんのホームページを見ていると、ここ最近フランチャイズ展開されているようですが、本店、林店、女道場店は直営と書かれていて、期待しちゃいます。

店舗は、高松市街地の商店街内にあり、お店もオープンして、それほど経っていないようで、とてもきれいでピカピカしたお店です。

店内は、細長い感じの造りで、ほとんどがカウンター席でした。カウンター席だけで、かなりの数が座れるんじゃないでしょうか。そして奥のほうにテーブル席が少しだけありました。本当に女性店員さんだけです。店内は、とてもこぎれい。讃岐でわざわざという庶民的な雰囲気はありませんが、だれにでも入りやすそうな明るく清潔な雰囲気です。

このお店は、10時30分が開店時間です。またまた・・・三店連続で、開店直後の訪問。そのためか先客は一人だけ。なので店員さんが、とても親切に誘導してくださいます。この女性らしいきめ細やかで、明るい雰囲気の接客が「女道場」の売りなんでしょうね〜。

メニューは、讃岐の基本的なメニューは普通にそろっています。値段は、かけ180円、ぶっかけ、ざる、釜揚げ250円、釜たま300円など。香川県にしては、若干高いのかな?と思ったりしますが、十分安い値段です。

それとこのお店の魅力は、トッピングが本店と同様に、ネギ、天かす二種類、おろし、すだち、わかめ、など多く置いてあることでしょうか。天ぷらの種類が多いのも魅力です。

この日は、寒い日に二件続けて冷たいうどんを食べていたことと、以前、たも屋さんの本店で、ぶっかけを注文したこともあり、釜たま(小)を注文してみました。天ぷらは、魅力的だったのですが、三軒目だったのでパスしました^^;

釜たまは、茹で時間を少しくださいとのことでしたが、ほどなく渡されました。釜たま用のだし醤油の場所が分からず、店内をきょろきょろしていると、店員さんがすぐに駆け付け、導いてくださいました。だし醤油は、セルフコーナーにあり、そこで注ぐシステムになっていました。適当にだし醤油を入れていると、親切にもどのくらいの分量が適切かとか、きめ細やかに店員さんがアドバイスくださいます。

さて、うどんをいただきます。麺は、きれいに角が立った讃岐らしいうどんです。食感は、温かいうどんですが、程よいコシと、とても良い感じの優しい食感が合って好印象。ものすごくコシがある訳ではないのですが、噛むとやんわりとした反発感。そして、小麦の風味も感じられ、やっぱりこの麺、美味しいな・・と思いました。

玉子とうどんの相性は、とても良いことは、当たり前と言えば当たり前なのですが、ここのだし醤油の風味は、この玉子とうどんの合わさり具合を邪魔しないくらいにまろやかで、優しい風味。そして醤油のコクもあり、なんとも言えない満足感でした。

以前、たも屋の本店に訪れたときに、イリコの風味がガツンと効いているタイプじゃなくて、関西風な感じがするなぁと思ったのを思い出し、今回、もう一度、確かめれば良かったな・・とか思いましたが、今回の釜たまは、これまた美味しくいただけ満足できました。

たも屋さん、関西では福知山にFC店を出店されているようなので、そちらにもいつかお邪魔出来ればなと思います。このお店は、女性店員さんのきめ細やかなサービスで、讃岐うどん初体験の方でも、とても入りやすく、そして味も上々、万人受けしそうな良店だなと思いました。

↓釜たま(小)
101229-1.JPG

↓うどんのアップ
101229-2.JPG

↓天ぷらコーナー
101229-3.JPG

↓トッピングコーナー
101229-4.JPG

↓お店の外観
101229-5.JPG

↓店内の様子
101229-6.JPG
posted by たぬき at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ