2011年01月16日

土佐闘犬センター@高知市浦戸

桂浜を散策後、土佐闘犬センターへ。ちょうど闘犬が始まるとのことで見に行きました。

テレビなどで見てはいましたが、実際に見るとデカ!!迫力満点。まず大型の闘犬全国横綱の土俵入りから始まります。なんか写真撮影タイムがあって、、、「近寄って撮ってください!」なんて言われるんですが、迫力満点・・怖いです(^^;

その後、闘犬の試合が始まります。この日は小型の土佐闘犬が試合を行っていました。チケットを買った時、偶然、最前列の席になった私。試合が始まる前に「最前列の方には、試合の流れによっては、血や唾液が飛びます」なんて言われます(^^; 聞いてないよ〜

試合が始まる前から興奮気味の二頭の土佐闘犬。開始直後に激しく噛みあい、さらに最前列に座っているものだからその様子は1メートル前くらいで、、、迫力満点です。もう、こちらと言えば、びびってしまって目の前で二頭が噛みあうたびに頭が後ろに下がってしまいます(^^;

試合は、常に優勢に進めていた犬が勝ったのかな?と思いきや、ルールがあるそうで、少しでも泣き声をあげたほうが負けなのだそうです。優勢に進めていた犬は、興奮しすぎて泣いてしまって敗戦となっていました。

ものすごく興奮していた二頭ですが、係員さんに連れられると、不思議と落ち着いた様子で戻っていきました。

試合後は、飼育場を見学。あんなに獰猛そうで迫力満点の土佐闘犬。しかし子犬が飼育されていて、土佐闘犬と言えども子犬は、本当に愛らしく、それもまた逆の意味で驚きました。

↓迫力の横綱土俵入り
110116-5.JPG

110116-6.JPG

↓試合の様子
110116-7.JPG
posted by たぬき at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

桂浜@高知市浦戸

香川を後にし、昼前には高知県の桂浜に到着。人生初の高知です。

桂浜と言えば、龍馬さん。ということで、さっそく龍馬像を探しに。すこし小高い位置に龍馬像はありました。とても大きい像であることに驚きます。何度も見たことがある像の前で記念撮影。

その後、桂浜を散策。桂浜にある小さな水族館も見たかったのですが、時間的に余裕がなさそうだったので、次回ということにしました。坂本龍馬記念館では、龍馬の手紙や、龍馬、慎太郎の血痕の付いた屏風などが展示されており、じっくり見て回ると小さな博物館なのに、1時間以上は経過してしまいました。

桂浜は観光地なのに、意外と人が少ないんだなというのも印象的。昨年の大河ドラマの時期には、もっと人が多かったのでしょうか。ゆったりと見て回ることが出来ました。

↓桂浜
110116-1.JPG

110116-2.JPG

↓坂本龍馬像
110116-3.JPG

↓坂本龍馬記念館の前の龍馬像
110116-4.JPG
posted by たぬき at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場