2011年01月19日

まるいち・江尻店@香川県坂出市江尻町本村

「てっちゃん」を食べて、まだ食べれそう・・と、讃岐うどんのお店を探します。もう17時過ぎていたので空いているお店も少なく、そういえば「てっちゃん」に向かう途中にセルフのお店があったな・・と向かったお店が「まるいち」さんです。調べてみると香川では、何店舗かチェーン展開されている讃岐うどん屋さんのようです。

お店は、けっこう大きめの店舗です。もう閉店時間が近いためなのか、駐車場に車は一台しかなく、閑散とした雰囲気でした。それほど大きく店名を示す看板などがなくチェーン店にしては、素朴な雰囲気。お店の前に「まるいち」と書かれた暖簾がかけられています。

店内は、広々とした大衆食堂風。テーブルと座席が並べられていて、奥のほうには、座敷もありました。広〜い店内に、先客は一人だけで、すごくのんびりとしていました。ただ閑散としているのですが、お店のおばちゃんの笑顔と接客がとても心地よいお店で、ほのぼの温かい雰囲気でした。

お店のシステムは、一般的なセルフうどんと同じで、うどんを注文し、天ぷら、お惣菜、おでんなどを自由に取り、会計を済ますシステム。

メニューは、讃岐うどんの一般的なメニューは一通りそろってます。一般的なセルフと同じような価格帯ですが、かけ100円が安いなぁと思いました。ざるそばやミニ丼ぶりなどもありました。

もう閉店間際なので、天ぷらは少なかったのですが、11時〜16時の間は、好きな天ぷらを注文すれば、揚げたてで出してくれるとも書いてありました。

この日は、ぶっかけ(冷・小)290円を注文しました。

もう他にうどん屋に寄ろうと思っていなかったので、満腹になるように、何か天ぷらをと、、とても大きなゲソ天があったので、それを取りました。

うどんは、やや太めできれいに角が立ったねじれのまったくない麺。おろしとレモンが最初からトッピングされています。うどんをいただくと、なかなかしっかりとしたコシと粘り感。ちょっぴり味が硬いような感じはしましたが、なかなか高レベル。正直、客入りが良くなかったので期待していなかったのですが、良い意味で期待を裏切る味わいでした。

ぶっかけのダシは、イリコイリコした感じではなく、かつお節かな?と思えるような風味があり、ほんのり甘く優しい感じ。どちらかと言うと関西のうどんのダシに近いような感じがして、飲みやすいものでした。麺も心地よく、ダシの味わいといい、なんとなく関西でよくある「○○製麺」系のチェーン店ぽい味わいだった気がします。

そしてゲソ天、こちらはなんと言っても、そのボリューム感がすごいのですが、もうひとつ素晴らしい点が。それは、閉店間際だから、しなびたような衣かなと思っていたら、しっかりと揚げたての風味とパリパリ食感が残っていたことです。こちらも期待を裏切る喜び。

お店の外観や、お客さんがおられなかったことなど、期待薄〜と思って入ったのですが、接客の丁寧さ、味の良さに逆に満足して帰れるお店でした。香川で何店舗もお店を増やされるのは、ちゃんとした理由があるんだろうなと思いました。

↓ぶっかけ(冷・小)+ゲソ天
110119-1.JPG

↓うどんのアップ
110119-2.JPG

↓イカ天
110119-3.JPG

↓お店の外観
110119-4.JPG

110119-5.JPG

↓店内の様子
110119-6.JPG

110119-7.JPG
posted by たぬき at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ