2011年01月25日

珍遊・本店@京都市左京区一乗寺払殿町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の背脂醤油系の老舗のラーメン屋さんのひとつ「珍遊」さんです。京都のラーメン激戦区の一乗寺にお店を構えておられます。

お店は、最近でしょうか。テント屋根とかを改装されていると思います。そのためか、黒を基調としたシックな雰囲気の外観となっています。以前は、もう少し昔ながらの雰囲気を醸し出していたと思います。

店内も、大衆食堂風と言えるような感じですが、とてもきれいで新しい感じがします。カウンターとテーブル席があります。まわりの超人気店ほどではないですが、客入りも良いので活気ある感じがします。

ラーメンメニューは、スープの種類は、京都のスタンダードな背脂醤油系のみです。中華そば(小)480円(並)580円(大)680円(学割)550円という安めの値段設定。学割は、麺大盛りで焼豚は鶏肉をしようとのこと。トッピングは、生玉子、ゆで玉子50円、味玉、半キムチ、メンマ100円、焼き豚増し150円、珍遊三種盛り(味玉・焼き豚・半キムチ入り)300円。

その他、焼き飯、ライス、唐揚げ、焼肉、焼き豚、豚キムチなどの単品があり、それらと組み合わせた定食メニューも存在します。

この日は、中華そば(並)580円+焼き豚増し150円を注文。

ほどなく出てくるラーメンは、鉢一杯のチャーシューと大きな海苔が目を引きます。スープは京都のスタンダードな背脂醤油系で、やや白濁したような色合いです。その他の具はネギとメンマ。

スープは、鶏ガラベースの醤油に背脂が入っている京都では標準的なものですが、この系統によくある一味などが振りかけられておりません。ただメンマに味付けのため?か、一味のようなものがわずかに付いていました。

味は、鶏ガラだしの効いたマイルドなコクのある味わい。醤油も柔らかな味わいで背脂の甘みとも合っています。一味がかけられていない分、一般的な京都の背脂醤油系と比べるとスープを飲んだ後にも、やんわりと旨みが残るような感じがします。スープも鶏ガラ特有のトロリとした食感があります。

麺は、麺屋棣鄂さんの麺を使用。細めのストレート麺です。この麺、やや黄色がかったような麺で、京都で一般的な低加水麺だと思うのですが、なんとも独特の芯のあるような食感があり好みでした。京都ラーメンらしい柔らかさのなかに、新しい食感と風味が加わったような麺でした。

チャーシューは、薄切りの赤身肉を使用。こちらはとっても柔らかくて、麺や海苔、スープと絡めて食べると旨みが増すものでした。薄切りですが量も多く、一枚一枚が大きかったので、なかなか食べ応えがあったと思います。

とても京都らしいオーソドックスな背脂醤油系のスープと、とても美味しい麺が印象に残るお店でした。麺が美味しい背脂醤油系と言うと阪急大宮駅前の「きて屋」さんを思い出したのですが、あちらも背脂醤油に一味を加えないスタイル。麺は自家製麺を用いられてましたが、とても食感の良いタイプでした。「きて屋」さんは「珍遊」の姉妹店にあたるそうなので、似たようなスタイルでラーメンを作っておられるんでしょうね。どちらのお店も昔ながらの京都ラーメンを出すお店として頑張って欲しいものです。

↓中華そば(並)+焼き豚増し
110125-1.JPG

↓チャーシュー
110125-2.JPG

↓麺とスープ
110125-3.JPG

↓お店の外観
110125-4.JPG
posted by たぬき at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都