2011年01月30日

サントリー京都ビール工場見学

ネット仲間&ビール仲間でもある「はんしん」さんとサントリーの京都ビール工場見学。

京都の朝は冷えます・・・ 最寄駅の長岡京の気温計を見ると・・2℃・・・寒・・ 朝からテンションダウン・・こんなんビール日和ちゃうやろ!!というノリです。

長岡京駅からビール工場までは、無料送迎バスが出ています。訪れたビール工場は、私が訪れたことのあるキリン(神戸)やサッポロ(千歳)の工場と比べるとこじんまりとした雰囲気でしたが、とてもきれい。それと、この工場見学、予約制だからか、しっかりとした案内が付きます。

工場見学は、サントリーのヒット商品「プレミアムモルツ」の原料から製造、梱包、出荷までを丁寧に解説いただけます。私は、個人的には、「プレミアムモルツ」や「ヱビス」といった高級系ビールは苦手な味だったのですが、原料の説明でアロマホップの素晴らしさを教えられたり、その香りをかがせていただいたりすると、なんとも親密感がわいてきます。

プレミアムモルツは、いろいろと説明を聞いていると、味と香りにこだわりをもった、しかも開発に30年近い時をかけた製品だそうです。

見学後にいただく、プレミアムモルツの試飲。それは、もう・・なんとも言えない至福の時でした。香りをかいでいただくビール。新しいビールの飲み方を教わった気がします。そして、いつもよくいただく、ノーマルのモルツも試飲。こちらは、とても軽い飲み味。しかしながら、ほどよいコクもあり、やっぱりビールは最高だ!と極寒のテンション下がりまくりだった一日を覆す、ビール見学でした♪

↓サントリー京都ビール工場
110130-1.JPG

↓瓶詰めのラインだそうです。
110130-2.JPG

↓工場裏に積まれた樽と瓶
110130-3.JPG

↓至福のひととき「プレミアムモルツ」試飲
110130-4.JPG

↓「モルツ」試飲
110130-5.JPG
posted by たぬき at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど