2011年03月08日

喜龍軒@滋賀県彦根市平田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

10年くらい前、滋賀で豚骨と言えば、よくこのお店がグルメ本などに載っていました。ただこの10年は、滋賀は新進気鋭のラーメン店の出店ラッシュで、最近では雑誌などで見る機会がなくなったように思います。私も約10年前に2度ほど訪れたことがあり、思い出のあるお店です。

お店は、少し入り組んだ場所にあり、一度行ったことのある方なら分かると思うのですが、初めてだと迷いそうな立地です。外観は、民家で営むこじんまりとした、昭和の雰囲気漂うラーメン店。駐車場がお店の前にあります。

店内は、狭い感じで、カウンター席と、テーブル席が2つあります。昔の大将は引退されたのか、息子さんと、大将の奥さんで営んでおられるようでした。

ここのラーメンは、豚骨味で、他も九州系のメニュー構成です。値段も昔ながら価格。ラーメン550円、チャーシュー麺680円、ちゃんぽん600円、皿うどん650円などがメイン。

お店の方と話していると、これでも私が以前食べた10年ほど前より、ほとんどのメニューが50円アップされているそうです。

その他、焼そば、焼飯、焼ギョーザ、ヤキブタ、ヤサイ炒め、肉炒め、ライスなどの単品もあります。

この日は、チャーシュー麺680円を注文。

さて、白濁したスープの豚骨ラーメンが出てきます。具は、チャーシュー、ノリ、ネギ、ゴマとシンプルなものです。

スープの味わいは、とてもあっさりとした豚骨で、ゴマの風味がよく効いています。味付けは、ほのかに甘く、そして程よい塩加減。豚骨のコクはしっかりと感じるのですが、脂分も少なく、後味もすっきりとキレが良い。下手な塩ラーメンよりもあっさりとした豚骨スープは、一気に飲み干せそうな感じすらあります。

麺は、博多系にあるような細麺ではなく、中細ストレート麺を使用されています。表面はツルりとした食感があり、茹で具合は、とても柔らかいものです。

チャーシューは、とても柔らかく煮込まれてトロトロと、口の中で崩れるようなものです。脂分が抜かれてある感じで、厚切りなのですが、とても食べやすいです。ここのチャーシューは、本当に高レベルだなと思います。

豚骨=こってりという方には、拍子抜けするくらいの、あっさり豚骨ですが、毎日でも食べれそうな優しい味わいに仕上がっています。豚骨は苦手という方にも、おススメできそうな一杯です。

↓チャーシュー麺
110308-1.JPG

↓チャーシュー
110308-2.JPG

↓麺とスープ
110308-3.JPG

↓お店の外観
110308-4.JPG

↓メニュー
110308-5.JPG

110308-6.JPG
posted by たぬき at 19:46| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀