2011年04月03日

京都 拉麺昭屋@京都市伏見区深草西浦町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

伏見深草の名神高速のすぐそばにあるお店「拉麺昭屋」さん。

お店の前に駐車スペースがあります。お店の外観は、落ち着いた雰囲気でこぎれいです。

店内は、オールドアメリカンな雰囲気に作られ、お洒落な感じです。照明は、やや暗めにしてあり落ち着ける空間となっています。カウンター席とテーブル席がありました。このお店、水ではなく、冷たいお茶を出されるのも、なんとなくうれしかったです。

ここのラーメンは「まろやか鶏パイタンと、こくうま豚コツ、たっぷりの野菜、魚介を加えたオリジナル鶏ガラ豚コツスープ」と書かれています。

そのスープを用いた、特製ラーメン600円は「まろやか塩味」と「こくうま醤油味」から選択できます。その他、トッピングにより味玉ラーメン650円、チャーシューメン800円、豚玉ラーメン(うすぎり豚ショウガ焼きと生玉子入り)700円がありました。またカレーラーメン昭屋風750円というメニューもありました。

つけ麺もやっておられるようですが、この日(2011年3月)は、しばらくお休みさせていただきますと書いてありました。

また餃子、コロッケ、唐揚げ、ご飯、豚どん、やきめしなどの単品メニューも存在しました。

この日は、チャーシューメン(まろやか塩味)を注文。

出てきたラーメン、白濁したスープ、一面にチャーシューが乗っています。具に揚げタマネギ、焦がしメンマ、ネギが乗っています。

スープは、豚骨と鶏白湯の旨みがしっかり生きていてクリーミー。そこに、ほのかにカボチャのような野菜風味が加わります。そしてピリっと感じる塩の甘しょっぱい味も、とても良いアクセントになっています。濃さは、やや濃厚で鶏ガラ特有の粘度のようなものも感じますが、こってりスープが苦手な方にでも飲めるくらいのものだと思います。

麺は、細麺ストレート。柔らかめの茹で具合ですが、芯がある感じで食感が楽しいものでした。

チャーシューは薄切りで、とても柔らかく醤油ダレで濃いめの味付けになっています。麺やスープと絡めて食べるのにも良い感じです。

それと焦がしメンマは、香りも良く、食が進みます。揚げタマネギもサクッとした食感が美味しく野菜風味を感じるスープともよく合っていました。

なんとなく入ってみたお店でしたが、とてもレベルが高く、いろいろと工夫をされているなと感じるラーメンでした。醤油味やカレー味のラーメンも気になるので、またいつか訪れてみたいと思います。

↓チャーシューメン(まろやか塩味)
110403-1.JPG

↓チャーシュー
110403-2.JPG

↓焦がしメンマ
110403-3.JPG

↓麺とスープ
110403-4.JPG

↓お店の外観
110403-5.JPG

↓メニュー
110403-6.JPG

110403-7.JPG

110403-8.JPG
posted by たぬき at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都