2011年04月04日

喜喜天@京都府城陽市平川大将軍(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

城陽・平川にある「喜喜天」さんです。東山にお店を構えておられた「来神」(閉店済)さんの姉妹店でもあります。以前は「新ラーメン工房 喜喜天」と名乗っておられ、ラーメン店のイメージだったのですが、最近は、お店の外にあるメニュー表には、ずらりと中華料理が書いてあり「中国料理 喜喜天」と書かれています。

お店は、それほど大きくないのですがラーメンレストラン風。お店の前に駐車場があります。

店内も、広さは感じませんが、座席はテーブル席、カウンター席と多くあり、意外と人数が入れそうです。それと、いつ来ても地元の方で、繁盛している印象があります。

メニューは、店内に入ると、昔の「新ラーメン工房」時代のまま。ラーメンメニューが中心です。中国料理のメニューは、なかったように思うのですが、お店の外のメニューを注文する人は少ないのでしょうか。

ラーメンは、しょうゆ、しょうゆこってり、和風、みそ、辛天、じょうとん(豚骨味)、白葱から選択できます。じょうとんは、にんにく味とごま風味から選択できます。それらにトッピングを組み合わせるシステムです。お店の一押しメニューは、しょうゆこってりのようです。

その他、お店の外にあるメニュー表にある本格的な中華メニューを加えると、たくさんの料理のバリエーションがあります。

この日は、じょうとん(ニンニク味)670円+チャーシュートッピング200円を注文。

出てきたラーメン、白濁したスープに、大きな海苔、ネギ、モヤシ、チャーシューがトッピングされています。

スープは、豚骨の風味がしっかりと出ており、とてもマイルドな味わい。ニンニクがほんのり効いています。温度はぬるめで、味は、ややこってりとした感じです。すこし、さらさらとした独特の舌触りがある感じです。それと食べ進めると、スープの中から意外なほどニンニクがゴロゴロと出てきます。翌日仕事の方は注意です^^;

麺は、中細の不均一な縮れ麺を使用。これが頼りないなと思うくらいの柔らかな麺です。私は柔麺は好きなのですが、人によっては苦手なくらいの柔らかさかなと思いました。麺が不均一だからか、こってり気味のスープとよく絡む感覚があります。

チャーシューは、薄切りの脂身が多い部分を使用。醤油ダレでしっかりと味付けされていて、柔らかくなかなかのものでした。

以前、いただいた「しょうゆこってり」のほうが、好みではありましたが、じょうとん(豚骨)も平均点以上のしっかりとしたスープでした。商品にはずれがなく、お店が繁盛している理由が良く分かる気がします。

↓過去の訪問記録
喜喜天(1)

↓じょうとん(にんにく味)+チャーシュートッピング
110405-1.JPG

↓チャーシュー
110405-2.JPG

↓麺とスープ
110405-3.JPG

↓お店の外観
110405-4.JPG

↓店内のラーメンメニュー
110405-5.JPG

110405-6.JPG

↓店の外にある中国料理メニュー
110405-7.JPG

110405-8.JPG
posted by たぬき at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

ベアレン(ベアレン醸造所)(6)

ネット仲間の「はんしん」さんから、いただいたベアレン醸造所のビールです。ビール好きが立ち上げた地ビール会社で多くのオリジナル商品を出されています。

もう飲んだのは、4ヶ月くらい前です(^^; 5本を5日に分けて飲みました。メモしてあるので、その内容をアップします。

↓過去の記録
ベアレン(1)
ベアレン(2)
ベアレン(3)
ベアレン(4)
ベアレン(5)


ミルクスタウト(アルコール:4%)

色合いがとても濃いビール。しっとりなめらかで優しい舌触りが印象的なビール。ほんのりとした甘みがあり、それが強すぎずしっとりとしていてとても良い風格がありました。

↓ミルクスタウト
110404-1.JPG

ESB(Extra Special Bitter) (アルコール:5.5%)
英国のESBを元にした、モルトの味わいが強く、コク、苦みがあり、
飲みごたえのあるビターエールです。

濁った色合いが特徴的。英国のESBを元にしたビールとのことです。舌触りは優しくなめらかなのが印象的。苦みが強く、深いコクの中に、ググっとくる苦みを感じます。ビール好きには、たまらない一杯だと思います。

↓ESB
110404-2.JPG


ラオホ(アルコール:5%)
ぶなの木で燻した麦芽を使用した、スモークフレーバーのする珍しいビール。
口当たりの良い味わいで、ハムやソーセージとの相性抜群です。

少し濁ったような色合いです。いわゆる燻製ビール(ぶなの木で燻した麦芽を使用)で、口当たりは柔らかいのですが、後味に残る燻製の風味と苦みがとても美味しいです。濃厚なおつまみとも、よく合いそうな味わいでした。

↓ラオホ
110404-3.JPG

ヴィット(アルコール:4.5%)

白濁した淡色系ビール。ホワイトビールにありがちなフルーティーな香りは控えめな感じです。柔らかい口当たりで美味しくいただける。苦みも強すぎず、飲みやすいビールと言う印象。

↓ヴィット
110404-4.JPG


アビィスタイル(アルコール:7.0%)

濁ったようなこげ茶のような色合いが特徴的。飲むと、とてもどーんと来るような、濃厚なコクがあります。甘みは少なく、ずっしりとした苦みを感じる。個人的には、本当に旨い!と思ったビールです。ビール好きは、この味を好むんじゃないでしょうか。

↓アビィスタイル
110404-5.JPG
posted by たぬき at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど