2011年04月09日

博多一風堂・錦小路店@京都市中京区

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

博多一風堂の京都の支店です。京都では、この一店舗のみで、大丸の裏手にお店を構えておられます。博多一風堂さんは、始めて関西に進出された頃に幾度か訪れたのですが、最近は訪れる回数が減っています。

お店は、細長い作りで、手前にテーブル席、奥にカウンター席が並びます。テーブル席は、半カウンターのような大きなテーブルで、合席になるような造りです。お店は落ち着いた雰囲気で、こぎれいです。接客も丁寧だと思います。

ラーメンメニューは、赤丸新味(香油、赤いうまみ玉入り)850円、白丸元味(スタンダード、麺は他のメニューよりさらに細い)750円、一風堂からか麺(辛味噌トッピング、辛さのレベル選択可)850円がメイン。3年くらい前に訪れたとき、極新味というメニューがあったように思ったのですが、それは、今はやっておられないのかな・・書いてませんでした。

それらにトッピングを追加すると、卵入り+100円、肉入り+200円、全部のせ+300円となるようです。替え玉は120円、小玉(少量の替え玉)は70円。

その他、餃子や明太子ごはん、チャーシューまぶしごはんなどの単品メニューもあります。辛子もやし、高菜、紅ショウガ、ニンニクは無料トッピング出来ます。

この日は、白丸元味750円の肉入り+200円を注文。お店の方が、麺の茹で具合を聞いてくださったので、普通でとお願いしました。

さて、出てきたラーメン、白濁した豚骨スープですが、少し醤油なのかなという茶色が混ざっています。表面がやや脂分多めの印象です。具は、チャーシュー、キクラゲ、ネギ、もやし少々。

スープの味わいは、しっかりと豚骨の味が効いていて旨みがたっぷりあります。味付けは、やや甘めでしょうか。表面に浮かぶ脂分はそれほど癖がなく、とてもクリーミーです。豚骨らしい濃厚さも、それなりに楽しめる高レベルなスープだと思います。

麺は、細麺ストレート。茹で具合を普通とお願いしましたが、それでもしっかりとしたプチプチとした食感を楽しむことが出来ます。

チャーシューは、バラ肉を使用していて、味付けも豚骨スープを邪魔しない程度で良い感じ。柔らかく良い味わいです。ただラーメンの単品も若干高く、+200円でのチャーシュー、、量は、とても残念なような・・これ京都で言うと、チャーシューメンじゃない、普通のラーメンで出てくるチャーシューの量と思ってしまいます。

ただ、スープの味わいなども含めて総合的にやっぱり一風堂さん、美味しいなと思いました。全国的にチェーン展開すると、ラーメン店って、評価が低くなるのは個人的に“?”に思いますが、このお店は、素直に美味しいと思えるお店の一つです。

↓白丸元味+肉入り
110410-1.JPG

↓チャーシュー
110410-2.JPG

↓麺とスープ
110410-3.JPG

↓トッピング
110410-4.JPG

↓メニュー
110410-5.JPG

110410-6.JPG
posted by たぬき at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

独歩(宮下酒造)(2)

岡山後楽園を訪れた際に購入した岡山の地ビール「独歩」。多くのタイプのビールを醸造されています。先日、2種類をアップしたので、つづいて3種類。こちらは、変わり種ビールばかりです。

↓過去の記録
独歩(1)


独歩スパークリングロゼ さくら旅情(アルコール5%)

さくらのラベルが印象的なビール。原材料に麦芽、米、さくらんぼ果汁、ホップ、アップりピール、コリアンダーを使用。さくらんぼ果汁を使用されているのが変わっています。桜のシーズンと、九州新幹線の「さくら」にちなんだ商品だそうです。

まず注ぐと、泡立ちがとても良いのと、色合いがやや赤っぽいのが印象的。飲むとさくらんぼの酸味、甘みがほんのり効いていて、たしかにスパークリングワインのよう。ただビールらしい苦みも最後にしっかり効いていて、なかなか美味しい。洋風料理と組み合わせると良い味わいだろうなと思いました。

↓独歩スパークリングロゼ さくら旅情
110409-1.JPG


マスカットピルス(アルコール5%)

こちらは岡山産のマスカットを使用されているとのこと。注ぐと淡色系のビールで、ほのかな甘いマスカットの香りがします。味も甘い感じで、マスカットジュースのような味と、ビールらしい、さわやかなのどごしが両立していて、なかなかのお味。とても飲みやすいビールだなと思いました。

↓マスカットピルス
110409-2.JPG


ピーチピルス(アルコール5%)

こちらは岡山産の桃を使用。注ぐと淡色系のビールです。香りが・・ピーチの甘ったるい香りと、麦・ホップの香りが意外と合わない感じで、これは・・美味しくないのでは・・と予感してしまいます。

しかし、飲むと、味自体はピーチの甘さが控えめで、ビール独特の苦みと良い感じで複雑に混ざり合うようで、独特の旨みがあります。予想外にイケルかも・・という味わいでした。後味に苦みと同時にピーチの酸味を強く感じるのも、とても独特の味わい。ちょっと風変わりなビールでした。

↓ピーチピルス
110409-3.JPG
posted by たぬき at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど