2011年04月19日

百済寺@滋賀県東近江市百済寺町

湖東三山のひとつ、紅葉の名所でも知られる「百済寺」です。先週末に訪れたのですが、滋賀は少し気温が低いのか、まだ満開の桜がところどころで見られました。

この百済寺も山門前の桜が満開でした。昔は、ものすごい勢力を誇ったと考えられている百済寺、1500年ごろからの戦火で、その歴史を示す書物などは、ほぼすべて焼かれ、それ以前の歴史がよく分からないようです。ただ宣教師ルイス・フロイスが「相互に独立した多数の僧院、座敷、池泉と庭園を備えた坊舎1000坊が立ち並び将に地上の天国(Heavenly Paradise)が・・・・」と書き残しておられるようです。

ただ、その壮大な寺院は、信長と敵対した六角氏が、この地に城を築いたことにより、信長の焼き打ちにあい、ほぼ全焼したそうです。

現在の百済寺も、その広い境内から、昔の勢力がわずかながらもしのばれる気がします。山門を入って左側に庭園があり、右側を10分ほど山を登った奥に本堂があります。その参道には、三椏など変わった花も咲いていて、見応えがありました。

↓参道を登ると本堂が浮かび上がってきます。
110419-1.JPG

↓仁王門、大草履に触ると足腰健康に御利益があるそうです。
110419-2.JPG

↓庭園
110419-3.JPG

↓山門あたりの桜は満開でした。
110419-4.JPG

110419-5.JPG

↓三椏の花
110419-6.JPG
posted by たぬき at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@滋賀