2011年05月12日

本家さぬきやセルフ・草津店@滋賀県草津市東矢倉

関西でちょくちょく見かける「本家さぬきや」さんが手がけるセルフうどんのお店(草津店)です。

お店は郊外型の大型店舗で、最近関西に多くある「○○製麺」系と似たタイプです。駐車場も完備されています。

店内も広々としていて、多くのテーブル席、座敷が並び、カウンター席もあったと思います。多くのお客さんで賑わっていました。

お店はセルフ形式で、うどんを注文後、天ぷらなどを取り精算するタイプ。メニューは、並サイズでは、かけ、ぶっかけ、ざる、釜揚げ280円、釜玉、おろし330円、カレー、とろ玉醤油380円、肉うどん480円など。価格も他の同様のセルフうどん店と同じレベル、メニュー構成も似たような感じで、特に面白みを感じません。

ただ、うどんを注文するときに、良く見ると・・ハーフサイズ(0.5玉)があるとのこと。あ、、いろいろ食べ比べ出来そうで面白そうと・・・・この日は、ぶっかけ(冷、0.5玉)180円、カレーうどん(0.5玉)280円を注文、そして、ちく天100円を取りました(合計560円)。

ネギや天かすは、トッピング自由になっていました。

まず、ぶっかけうどん。つややかに光った角の立った麺が印象的。ぶっかけのダシは、煮干しかな?という魚介の味が意外と強く、それと同時に鰹の風味もあります。香川でよく感じる魚介の強い味わいと、関西で食べるような味わいの中間くらいでしょうか。コクがあって素直に美味しいなと思えるものでした。

うどん自体もなかなかの弾力のあるコシが感じられ、食べていて楽しいものです。

そしてカレー。具は少ないのですが、とても濃厚でトロトロとした食感が良い感じです。味は意外なほど辛味を感じるスパイシーさが印象的。粘度があるので、うどんともよく絡みます。うどん自体は、熱いカレーの中でも程よいコシを保っていました。

ちく天は、揚げたてのサクサク感が良い感じでした。まぁ特筆するほどの味わいではないのですが、カレーと合わせて美味しくいただきました。

最近、よくある感じの郊外型のセルフうどん店でしたが、だしの味がしっかりとしていて好感が持てました。またハーフサイズメニューがあるのも、並サイズと比べると若干コスト的には、損をするものの、いろいろな味わいを楽しみたい人には、良いお店かなと思いました。

↓ぶっかけ(冷・0.5玉)
110512-1.JPG

↓うどんのアップ(ぶっかけ)
110512-2.JPG

↓カレーうどん(0.5玉)
110512-3.JPG

↓うどんのアップ(カレーうどん)
110512-4.JPG

↓ちく天
110512-5.JPG

↓お店の外観です。
110512-6.JPG

↓メニュー
110512-7.JPG
posted by たぬき at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ