2011年06月14日

但馬ラーメン・六地蔵店@宇治市六地蔵奈良町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

六地蔵に昔からある「但馬ラーメン」さんの六地蔵店です。少し前に春日森店に訪れたときに、その濃厚なパンチ力ある京都ラーメンが、とても好みの味でした。こちらの六地蔵店は、何度も前を通ったことがあるのですが入ったことがなく、この日、通りがかりに訪れてみました。

お店は、一見、ラーメン屋に見えないような・・昭和の大衆食堂風です。お店の隣に駐車場があります。店舗には、ショーケースがあるのもラーメン店としては珍しいです。

店内も大衆食堂風で、カウンター席がなく、木の机が並びます。4人掛けが4つ、6人掛けが2つでした。お店は、夫婦でやっておられる模様です。春日森店の店長さんは、別の店舗に手伝いに行くこともあると、昔、新聞に書いてあったので、厨房を見てみたのですが、この日はおられませんでした。

メニューは、基本的に春日森店と似ていて、醤油スープと、味噌スープから選ぶようになっています。このお店、メニューの呼び方が、第一旭に影響を受けているのか、それとも関係があったのか、醤油(並)は「スペシャル」、肉多(チャーシューメン)は「デラックス」、味噌は「珍味」となっています。他にカレーラーメンもありました。

また夏季には冷麺もあります。一品類、定食も充実していました。

この日は、醤油の「デラックスラーメン」(肉多)800円を注文。

出てきたラーメン、やや濁った色合いの醤油スープ、表面に脂分が浮いています。そこにたっぷりの焼豚が乗っています。具はネギ、メンマ、モヤシとシンプル。

春日森店と、とても似た見た目のラーメンですが、すぐに分かるのがチャーシューの肉質。春日森店では、脂身が多めでしたが、こちらは赤身肉中心です。

スープの味は、豚のコクがしっかりと出た第一旭系の豚骨醤油スープ。ただあっさりとした昆布のような和風だしの味わいもします。塩分が強めに味付けされているのですが、モヤシの分量が多いのと、和風だしの風味が合わさり、後味があっさりとしています。

春日森店のスープのような豚のコクと脂分の強いパンチ力のあるタイプとは、味付けは似ているものの少し異なる感じです。この六地蔵店は、癖が少なく、誰にでも飲みやすいスープのように思いました。

麺は、京都の人が慣れ親しんだ、中細の低加水ストレート麺。直観的に、近藤製麺さんのものだろう・・と思いました。スープの旨みを吸う、しっとりとした味わいはスタンダードで美味しいものです。

チャーシューは、赤身肉中心で、やや硬い目。昔ながらの味わいで噛みごたえがあるものでした。

このお店も春日森店と同様に、しっかりとした京都らしい豚骨醤油スープが味わえるお店だな・・と思いました。お店の雰囲気も、ラーメンの味わいも、何度でも通いたくなる素朴なものでした。

↓「デラックス」(肉多)
110614-1.JPG

↓チャーシュー
110614-2.JPG

↓麺とスープ
110614-3.JPG

↓お店の外観です。
110614-4.JPG

↓メニュー
110614-5.JPG

110614-6.JPG

110614-7.JPG

110614-8.JPG

110614-9.JPG

110614-10.JPG
posted by たぬき at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都