2011年07月31日

京都のおうどん屋さん たなか家@京都府綴喜郡井手町井手玉ノ井(5)

京都南部のさぬきうどんの人気店「たなか家」さんです。平日の昼間に久しぶりに訪れました。

いつも行列が出来ていることが多い、このお店、この日は意外と空いていて、すんなりと入ることが出来ました。メニューを見ていると、限定メニューが3種類・・京都拉饂麺(らうめん)590円、カレーうどん小590円、中640円、大740円、特大840円、京都らうめんつけ麺680円という三種類がありました。

ということで、京都拉饂麺を注文してみます。説明には「かけうどん出汁をラーメンスープ風に仕上げ、さらにオリジナルラー油をかけています」と書かれています。

ちょっとの間待つと、京都拉饂麺を渡されます。そんなに量が多そうでもなかったので、鶏天も取りました。

京都拉饂麺の見た目は、坦々麺のような見た目ですね。麺は、細いうどんが使われ、トッピングにはネギが乗っているくらいのシンプルなものです。

そのスープをいただくと、かけだしの魚介の風味と、それと大量に野菜を使っておられるんでしょうね。驚くほど濃厚なザラザラとした食感で、ポタージュスープのような味わいです。そこにラー油が加わり、ピリッとしたアクセントとなっています。超濃厚なスープなのですが、野菜中心のため意外と、さらさらといただくことが出来ます。

細いうどんは、その濃厚かつクリーミーなスープとよく合っています。食感は、さぬきらしいコシは控えめ。ただ、もちっとした食感がとても楽しいものでした。

すごくしっかりとしたスープで、人気ラーメン店にも負けないような濃厚スープでした。面白いメニューで、ラーメン好きな方にも受ける味わいだと思います。

↓過去の記録
京都のおうどん屋さん たなか家(1):ぶっかけ(冷・中)」
京都のおうどん屋さん たなか家(2):生醤油(小)
京都のおうどん屋さん たなか家(3):あつ玉子うどん(中)
京都のおうどん屋さん たなか家(4):ぶっかけ(冷・中)

↓京都拉饂麺
110731-1.JPG

↓麺とスープ
110731-2.JPG

↓鶏天
110731-3.JPG

↓限定メニュー
110731-4.JPG

110731-5.JPG
posted by たぬき at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月26日

中華料理・翔麗@京都市南区上鳥羽苗代町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメンに分類するものとは、違うと思いますが・・・京都で刀削麺をいただける中華料理屋「翔麗」さんです。場所は任天堂本社のすぐ近くにあります。駐車場も完備されていて、外観は、ちょっと暗いような中華レストラン風です。

お店に入ると、若干暗いような内装。ただ中国の方がお店を営んでおられて、笑顔で迎えてくださります。広い店内で、テーブル席が並び、カウンター席もあります。

メニューは、中華料理もたくさんあるのですが、刀削麺が売りとして前面に押し出されています。一番の売りは石鍋刀削麺700円。こちらは、ジャガイモはるさ麺に変更したり、刀削麺とのハーフ&ハーフにも出来るようです。

その他、和風ジャージャー刀削麺(ダシ入り)700円、中華風ジャージャー刀削麺(ダシ無)750円、野菜刀削麺700円、鶏ガラスープ刀削麺700円、五目刀削麺800円、トマタマ刀削麺700円、坦々刀削麺700円など・・夏は特製冷麺としても提供されているようです。

どれにしようかな・・と迷いましたが、ダシ無しの中華風ジャージャー刀削麺が、本場っぽいのかな?と思い、それを注文しました。

テーブル席に座っていたのですが、ちょうど調理が見える場所で・・・中国の料理人の方が、まな板のような板の上に分厚い生地を乗せ・・それを左腕の上のほうへ置き・・・そして刀で鮮やかにそぎ落としていかれます。麺は踊るように、鍋の中へ・・・思わず拍手したくなるような美しい職人芸でした。

しばらく待っていると、中華風ジャージャー刀削麺が、小鉢、漬物のサービス?が付いて出てきます。ジャージャー麺らしく炒めた肉みそのようなものが乗り、そこに白髪葱がトッピングされています。お店の方に「ラー油」をかけて、混ぜてくださいと言われます。混ぜると・・鉢の底に、かなり多めのキャベツが入っていることに気が付きます。

そのジャージャー刀削麺のお味は・・まずジャージャー?(肉みそ?)の味は、よくあるような、少し甘い感じの味付けです。とてもまろやかで柔らかすぎるくらいの味わいで、個人的に、少し多めにラー油をかけたほうがピリッとした深みが出て美味しくなるような気がしました。

そして刀削麺。こちらは、やや柔らかいような独特の食感で、もっちりというのとは違った、しっとりとした美味しさがあります。不均一な麺は、ジャージャー、ミンチ肉、多めのキャベツや、白髪葱とよく混ざります。それぞれの具が合わさると、食感の変化、味の変化を常に楽しめるようで飽きのこない食べ物でした。

とても美味しくいただくことができる刀削麺でした。他のメニューもまた、試してみたいと思います。

↓中華風ジャージャー刀削麺
110726-1.JPG

↓ジャージャー刀削麺を混ぜた後
110726-2.JPG

↓小鉢と漬物
110726-3.JPG

↓お店の外観です。
110726-4.JPG

↓メニュー
110726-5.JPG
posted by たぬき at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月25日

天下一品・同志社前店@京田辺市三山木字垣の内

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の京田辺の支店です。このお店に入店するのは7,8年ぶりだと思います。

記憶が正しければ、その当時の店舗は、もう少し北側で、今は「華ふさ」というラーメン屋+中華料理屋の店舗になっているところだったと思います。今は、移転され、丼ぶり屋さんの二階にお店を構えておられます。店舗前に車は駐車できるようになっています。

階段を上がり、店内に入ると、すぐ目の前にカウンター席、奥にテーブル席が並ぶ造りとなっています。大学に近いだけあり、多くの学生さんで賑わっていました。

メニューは、天一としては普通な構成かな・・・と思いきや「ふかひれラーメン」870円なんてメニューが存在しました。(実は、注文後、しばらくたってから気が付き・・・注文すればよかったと後悔しました^^;) ざるラーメンもありましたが、どうも天一のこってりスープとは別物のようでしたので、今回はスルー。

その他、定食、単品メニューも充実していました。

この日は、チャーシューメン(こってり)を注文。ニンニク入れますか?と聞かれましたので、入れていただきました。

厨房を見ていると、天一のスープを小さな鍋に入れて・・・グツグツ・・グツグツ・・と長く煮込まれています。なんか珍しいものを見たような。。。スタンダードなスープをさらに煮込んで、濃厚さを出そうとしておられるんでしょうか。

しばらくすると出てくるラーメン。天一らしく濃厚そうなスープにメンマ、ネギ、薄切りのチャーシューが乗っています。

スープは、煮込みの効果が出ているのか、天一の中でも濃度が高いように思えました。多少ざらついたような感覚のスープ、鶏ガラ野菜のコクがしっかり出ていて、あの濃厚さ・・・あぁ旨〜い。至福の時です。

麺は、やや柔らかい感じの茹で具合で、天一の濃厚スープとしっかり絡みます。本当に麺と言うより、スープを食べているかのような感覚です。

逆にチャーシューは、天一の数ある店舗の中でも貧弱だと思いました。薄っぺらくて、ちょっとたよりなさげな豚肉が4枚でした。薄切りなので柔らかくスープとは絡まるのですが、ちょっと食べごたえはない感じがしました。

京田辺の支店は、かなり久しぶりに立ち寄ったのですが、意外とレベル高いなぁという印象です。これだったら、また立ち寄ってみたいなと思いました。次はふかひれラーメンに挑戦です。

↓チャーシューメン(こってり)
110725-1.JPG

↓チャーシュー
110725-2.JPG

↓麺とスープ
110725-3.JPG

↓お店の外観です。
110725-4.JPG

↓メニュー
110725-5.JPG
posted by たぬき at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月24日

来来亭・京田辺店@京田辺市田辺深田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

お昼時、前を通ったので、ふと京都の背脂醤油系のラーメンが食べたくなって入りました。来来亭さんの京田辺にある支店です。

店舗は、来来亭さんらしい中規模くらいのラーメンレストラン風。カウンター席と座敷があります。店員の活気ある接客がとても好印象です。

メニューは、背脂醤油系のラーメン650円を中心に、トッピングにより値段が変わります。またこってりラーメン730円、味噌ラーメン730円、葱ラーメン880円(1日30食限定)、旨辛麺(1日30食限定)、冷麺(夏期限定)などもあります。その他、一品類、定食類も充実しています。

この日、普通のラーメンを食べるつもりで入ったのですが、来来亭の「こってりラーメン」食べたことないなと思い、こってりラーメン730円+チャーシュートッピング150円を注文。背脂やネギ、麺の固さなどは、普通。チャーシューは脂身でお願いしました。

出てきたラーメン、スタンダードな来来亭のラーメンと比べるとずいぶん黄色く白濁したようなスープが出てきます。そこに背脂たっぷりと一味が振りかけられています。具はネギ、メンマ、チャーシューたっぷり。

スープをいただくと、一瞬豚骨スープ?と勘違いするかのようなクリーミーな味わい。鶏ガラを強く煮込んだような、いわゆる濃厚とは違うのですが、優しくまろやかな味のあるスープです。背脂の甘みともよく合い、そこに強めに一味の味が効いていてピリ辛な後味に仕上がっています。

麺は、細めのストレート麺。しっとりとした食感で食べやすくスープや、多めのネギ、チャーシューと絡めて食べるのに適しています。

チャーシューは、脂身多めのものがゴロゴロと入っています。一枚一枚が柔らかく、とても食べやすく、量も満足できるものでした。

来来亭は、いつ行っても味もお店の雰囲気も良いなと思います。次は、好みでもあるスタンダードなラーメンを食べたいです。

↓こってりラーメン(チャーシュー麺)
110724-1.JPG

↓チャーシュー
110724-2.JPG

↓麺とスープ
110724-3.JPG

↓お店の外観
110724-4.JPG
posted by たぬき at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月23日

岩船寺@京都府木津川市加茂町(2)

6月末に訪れたアジサイの名所、京都南部、加茂町にある岩船寺です。

この日は、かなりの猛暑日で、肝心のアジサイは、少し日光にやられたのか・・しおれ気味でした。重要文化財の三重塔を背景にするアジサイの景色も、少し満開時よりかは、華やかさに欠けました。

ただ、やはり奈良公園や観光地からは少し離れた、この地域。ゆったりと観光することが出来ました。静かな境内は、心が落ち着くものです。

↓過去の参拝記録
岩船寺(1)

↓重文の三重塔を望むアジサイ景色
110723-1.JPG

↓やや暑さにやられていましたが、アジサイは咲いていました。
110723-2.JPG

110723-3.JPG

110723-4.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2011年07月22日

第一旭・木津店@京都府木津川市木津川原田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の第一旭では、最南端に位置する第一旭・木津店です。この店舗は第一旭のFC店になります。

お店は、数年前まで連なった建屋となっていましたが、木津駅付近の再開発に伴い、隣接する建物は今はなくなっています。工事が始まったころには、第一旭が・・もしや閉店?と心配になりましたが、この店舗のみは残りました。お店からは、少し離れたところに駐車場が確保されています。

店内は、テーブル席とカウンター席があり、「誠実」と書かれた木の看板が印象的です。このお店、意外なほど地元客が次々と来られ、いつでも繁盛している印象があります。

メニューは、第一旭のFC店らしい構成。豚骨醤油スープが中心で、普通のスペシャル580円、厚切りバラ肉チャーシュー入りのデラックス730円、大盛りのジャンボ780円、学割500円、ミニ480円。それに、みそ630円です。FC店名物でもある甘辛く煮た厚切りチャーシュー入りのターローは、このお店には存在しません。

この日は、デラックスを注文。

しばらくすると厚切りバラ肉が乗った第一旭らしいラーメンが出てきます。やや濁った色合いの醤油スープ。トッピングにメンマ、ネギが乗っています。

スープをいただくと・・・うむむ!豚骨の迫力があり、醤油の味わいも深い。素直にうなずける第一旭の味。少し塩分が強い感じでしたが、かなり完成度が高いです。数年前に訪れたときに、味が落ちたような気がして、木津店をこの2年くらい訪れなくなっていたのですが、後悔しました。京都南部の第一旭は、レベルが高いお店が多いなと思います。

そして麺。このお店は、本店などと同じく近藤製麺さんのものを使用されていると思います。しっとりとした食感と、迫力あるスープを吸いこむ味は、いつもながらに安心して食べられるものです。

そしてデラックスの厚切りチャーシュー。薄い味付けでスープの迫力を邪魔しない味わいです。そして、脂身たっぷりで柔らかく、厚切りのため、とても食べ応えがあります。豚の脂身本来の美味しさを味わえる一品です。

基本に忠実に作られたかのような一杯。店内の「誠実」の看板がすべてを物語っているかのような、オーソドックスながらも、飽きない味わいでした。店内がいつも繁盛している理由がよく分かります。

↓過去の記録
第一旭・木津店(1)

↓デラックス
110722-1.JPG

↓厚切りチャーシュー
110722-2.JPG

↓麺とスープ
110722-3.JPG

↓お店の外観
110722-4.JPG

↓誠実
110722-5.JPG

↓メニュー
110722-6.JPG
posted by たぬき at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月20日

ラーメンくーた・高の原イオン店@京都府木津川市相楽台1丁目1番1

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

高の原イオンのフードコートにあるお店「ラーメンく〜た」さん。同じフードコートにある、もうひとつのラーメン屋さんは好みで、たまに利用するのですが、こちらは食べたことがなくトライしてみました。

メニューは、とんこつメニューを中心に提供しておられます。とんこつく〜た(煮玉子入り)682円、とんこつちゃーしゅう714円、ねぎとんこつ、もやしとんこつ、からねぎとんこつ、味玉とんこつ630円など。一番の特徴は、どのメニューでも替玉無料とのことです。

他にもチャーハンなど、単品メニューも存在しました。

この日は、とんこつちゃーしゅうを注文。714円のフードコートのチャーシューメン、どんなものでしょうと思っていたら、意外と見た目は本格的そう。やや黄色がかった豚骨スープにキクラゲ、ネギ、モヤシ、チャーシューがトッピングされています。

スープは、塩分がやや強めのマイルドな味わいの豚骨味。やや後味に辛味があり引き締まった味わいに仕上がっています。豚骨らしいコクもあり、誰にでも美味しくいただけそうです。

麺は、博多風の細麺ではないものの、やや細くらいの多加水縮れ麺を使用。それなりにコシがありスープとの絡み具合も悪くはありません。お腹が空いている方には、替玉無料は良さそうな味わいです。

チャーシューは、薄切りのバラ肉を使用。こちらは、とても薄すぎるくらいの肉でボリューム感は、かなり物足りない感じがしました。またキクラゲは、太めで食感を楽しめるものでした。

フードコートらしい味なのですが専門店と同じくらいの値段設定ですので、もう少し頑張ってほしい気もしました。ただ替玉無料は、うれしいもので、若い人には嬉しいサービスだと思います。

↓とんこつちゃーしゅう
110719-1.JPG

↓チャーシュー
110719-2.JPG

↓麺とスープ
110719-3.JPG

↓お店の外観です。
110719-4.JPG
posted by たぬき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月18日

熟成細麺 宝屋・伏見店@京都市伏見区西大手町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

伏見桃山駅近くにある京都の人気チェーンの一つ「宝屋」さんの伏見店。かなり久しぶりに訪れました。

お店は木目調の外観に仕上がっており、落ち着いた和風の雰囲気があります。駐車場はないのですが、近くのコインパーキングに停めると、その料金の一部(100円)がキャッシュバックされるシステムになっていました。

店内も和風できれいな空間となっています。灯りが調節されており、落ち着いた雰囲気です。店員が女性のみなのが、とても印象的で、明るくハキハキとした接客をされています。カウンター席とテーブル席があり、ほぼ全席、埋まっていました。

メニューは、背脂醤油系のラーメンがメインです。チャーシューメンには普通のタイプと、数量限定のトロ肉チャーシューメンがあります。背脂醤油スープ以外には、辛味噌ラーメンがあります。また夏季限定の冷麺もありました。

単品は、焼餃子、キムチ、玉子かけご飯、チャー丼、焼きめし、おむすび、ごはん、宝ぷりんなど。それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、トロ肉チャーシューメンを注文。

出てきたラーメン、京都らしい背脂醤油系のスープに、真ん中のあたりにしゃぶしゃぶのような感じで、トロ肉チャーシューが乗っています。具は、ネギにメンマとシンプルなものです。

スープは、豚骨・鶏ガラベースだと思われ、わずかにトロミのある食感です。その柔らかな口当たりと、コクのある風味は、京都の背脂醤油系の中では、とても上品な味わいに仕上がっています。こってりしたスープが苦手な方にも、味わいやすいとお思います。

麺は、細めのストレート麺。その程よい食感と、スープとよく合った風味は、とても良い感じです。

そしてトロ肉チャーシュー。こちらは、とても柔らかな脂身で、口に入ると本当にトロけるかのよう。宝屋さんが大王さんだった時代から、このチャーシューはメニューに存在したと思いますが、その当時、こんなに美味しかったかな?と思うくらい、柔らかく美味しいものでした。

ひさびさに訪れましたが、この味わいが多くの人に受け入れられていることが良く分かりました。上品で優しく老若男女、どなたでも食べやすい一杯だと思います。

↓トロ肉チャーシューメン
110718-1.JPG

↓チャーシュー
110718-2.JPG

↓麺とスープ
110718-3.JPG

↓お店の外観です。
110718-4.JPG
posted by たぬき at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月17日

Dry Finish(ハイト)

コンビニエンスストアに売っていた、韓国のハイトビールの製品「Dry Finish」。名前からして、アサヒスーパードライなどとの競合品なのでしょうか。

缶のデザインは、日本ではあまり見ないようなシャープなデザインですが、慣れるとビールらしく見えるのかもしれませんね。

飲んだ印象は、辛口、ドライ感はあるものの、意外なほど飲みやすく淡い印象でした。私個人的には、日本で流行っているドライ製品より美味しくいただけました。今年の夏、暑い中、日本市場でどれだけ受け入れられるか、楽しみな製品です。

↓Dry Finish
110717-4.JPG
posted by たぬき at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

新福菜館・本店@京都市下京区東塩小路向畑町(3)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

約半年ぶりの新福菜館さん。この日は、行列はできていなかったものの、ほぼ満席でした。

注文は、いつもどおり「肉多め」を注文。

しばらくすると出てくるラーメンは、いつもの見た目。黒い独特の色合いの醤油スープに、ネギたっぷり、チャーシューがゴロゴロ。

この日のスープの味わいは、いつもながらの力強くもあっさり感のある豚骨醤油味。ただ、少し酸味を強く感じ、やや後味がイマイチな感じもしました。

麺は、やや太めの低加水ストレート麺。いつもながらのスープを吸いこむ力強く優しい味わいです。柔らかめの茹で具合の食感の良さも、食べていて楽しいものです。

チャーシューは、本当に舐めるなよ・・と言わんばかりにゴロゴロと入っています。ボリュームたっぷりで食べ応え十分でした。

いつもながらの安心の味わい。これからも長く通い続けたいと思います。

↓過去の記録
新福菜館(1)
新福菜館(2)

↓肉多め
110717-1.JPG

↓チャーシュー
110717-2.JPG

↓麺とスープ
110717-3.JPG
posted by たぬき at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2011年07月02日

マラソン6月度練習&今後の予定

6月、蒸し暑くなってきました。今月は、なかなか天気の都合もあり、練習しにくかったのですが、合計は127kmの距離を走ったことになります。

4月 93km
5月 130km
6月 127km

5月に比べると膝の状態は、かなり普通に近く・・・痛みはほとんど感じません。たまに違和感を感じるくらいになりました。2回ほど10km以上走ってみましたが、意外と走りこなせる状態です。

徐々に距離を増やしていって、以前のように20km走、30km走をなんなくこなせる体に戻したいと希望を持っています。7月は、仕事の都合もあり出張が多く、練習量が落ちると思います。なので、8月から長距離走を出来る体に持っていくトレーニングをしようと思っています。
posted by たぬき at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン練習