2011年08月02日

城陽飯店@城陽市寺田袋尻

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

城陽市に昔からある大衆中華料理屋さん「城陽飯店」です。

お店は城陽市役所の前にあり、店舗前に駐車場があります。小さめの造りで、いつもお店の屋根にかかっている青と赤で彩られたアサヒビールの提灯が目印です。

店内は、入ってすぐのところにカウンター席、お店の奥に入って曲がるとテーブル席。少し入り組んだ構成ですが、意外と広い感じがします。

メニューは麺類のらーめん(醤油or味噌)、ちゃんぽん、皿うどん、天津麺、ソース焼きそばなどを中心に、ご飯もの、天津、揚げ物、炒め物と数多くの中華料理がそろっています。全体的に値段が安めです。

麺類には、麻らーめん580円(辛い味付けのラーメンだそうです)、天津麺580円、味噌チャーシュー730円の3種類におススメメークが付いていましたので、とりあえず味噌チャーシューを注文。ついでに餃子(7個)210円も注文しました。(餃子もおススメマークつきです。)

注文後、驚くことは、そのスピードの速いこと・・餃子の王将に負けないようなスピードで出て来ました。料理されている方は一人(もしくは二人?)のように見えましたが・・・なんたるスピードでしょう。

さて、おススメマークの味噌チャーシュー。スープは味噌らしく濁った色合いにゴマが浮いています。具にはチャーシューたっぷりと、ネギと太めのモヤシ、タマネギ、ニンジンが入っています。

スープの味は、豚骨ともうひとつ、野菜がベースだと思われる味噌スープです。スープを飲んだ瞬間に分かるくらい、強めの野菜の香りが効いています。タマネギ、ニンジン以外に何を使っているのでしょう?独特の香味野菜のような風味があります。そこにゴマの風味も加わり、独特の味ながらも絶妙の仕上がり具合です。すこし濃いめでサラサラとしたような食感なのも印象的です。

麺は、太陽製麺さんの中細ストレート麺を使用。しっとりとした食感がよく、この少し個性の強いスープの中でもしっかりとした存在感があります。

チャーシューも中華飯店のものらしく、昔ながらも醤油ダレで強めに味つけられ、しっかりとした味を楽しめます。また太めのモヤシの食感も良いアクセントとなるものでした。

また餃子は小ぶりですが、具はぎゅっと詰まり、なかなか味がしっかりしています。これで210円は安いと思います。

味噌スープは、ラーメン専門店に負けないような味と個性を持っていますし、餃子の美味しさからも、他の料理の値段も良いのだろうな・・・と想像付きます。値段の安さと調理のスピード、味、どの部分でも、とても好感が持てるお店です。

↓味噌チャーシュー
110802-1.JPG

↓チャーシュー
110802-2.JPG

↓麺とスープ
110802-3.JPG

↓餃子
110802-4.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都