2011年08月14日

肉拉麺SEN@新潟市中央区万代島

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日、新潟市内で仕事を終え、ピア万代という海産品などを売っているお店で新潟土産を物色。この日は、仕事仲間と飲みに行く予定もなく、一人で新潟名物の「へぎそば」でも食べようと思っていたのですが・・・ピア万代内に、気になる店名を発見・・・・「肉拉麺 SEN」・・・写真を見ただけでも、チャーシュー美味しそう・・と言うことで、誘惑に負けて入ってしまいました。

お店の外観は、土産物屋さんの屋外に出来た簡易的な建屋です。ただ、店長さんが真面目に麺を茹でられている雰囲気などから、本格的なラーメン店ぽい空気が漂います。駐車場は、ピア万代にいっぱいあります。

店内は、カウンターのみ。10席くらいだったと思います。

メニューは食券制で、ラーメン630円、肉拉麺790円が基本で、背脂入りとなしを選べます。他に、特製しお780円、冷しゴマつけ麺850円、つけ麺690円、肉つけ麺850円などがあります。トッピングに、たまねぎ50円、きつね50円、岩のり100円が選べます。

この日は、とりあえず肉拉麺の背脂入りを注文。

注文中、店内の注意書きを見ていると・・・トッピング(黒七味、たぬき、きつね、たまねぎ)について書かれています。中でも、黒七味、たぬきは、無料でテーブルに置いてあります。特にたぬき(天かす)については、食感が変わって良いということが書かれてました。

さて、ラーメンが出てきます。背脂たっぷりの醤油スープですね。スープの表面に背脂の浮かぶ脂の層が出来ている感じなのが印象的です。そこにチャーシューが一杯。そして、メンマ、ネギ、たまねぎ、ナルトが乗っています。たまねぎは、有料でトッピングしなくても、それなりの量が最初から入ってました。先日食べた、燕市のラーメンを思いだしました。

スープを飲むと、豚骨ベースで、魚介が強く効いています。魚介は、鰹?でしょうか。杭州飯店で食べた煮干しのガツン!と来るようなインパクトはなく、柔らかい味わいです。そこに背脂とたまねぎの旨みが混じります。スープの表面は、本当に脂の層になっている感じで、予想以上に脂っこいなぁという印象です。

麺は、太麺のややカールした麺を使用されていました。これは、もっちもち感があって、食べていて食感が楽しいものでした。

チャーシューは、厚切りのしっかりと炙ったものがドカンと乗っているのですが、一枚一枚、使っている部位が違います。バラ肉部分と赤身部分のチャーシューが、しっかりと醤油で味つけられていて、とても完成度が高いです。どのチャーシューも、やや厚切りで食べ応えがありました。

メンマも細めで、不均一なものですが強く味付けしてあり、良いアクセントとなってました。それと天かすですが・・私は、入れなくてもいいかな・・と思いました。十分、脂分が強いスープで、それに加えて天かすを入れても、特に味も食感も良くならないかなと。どうせなら、最初から入れておいてもいいのでは・・なんて思いました。

このお店も適当に入ってみたお店ですが、魚介の効いたまろやかさ+ちょっぴり脂っぽいスープ、太麺、さらにボリューム満点のチャーシューなど個性的で面白かったです。この内容で790円だと、かなり良いのではないでしょうか。関西では、あまり味わえないような特徴的なラーメンを楽しめて満足できました。

↓肉拉麺・背脂入り
110813-1.JPG

↓チャーシュー
110813-2.JPG

↓麺とスープ
110813-3.JPG

↓お店の外観です。
110813-4.JPG

↓メニューなど
110813-5.JPG

110813-6.JPG

↓こだわり