2011年08月26日

丸亀製麺・松井山手店@京都府八幡市欽明台西2

セルフ式の讃岐うどんチェーンの丸亀製麺が「夏の冷かけフェア」をしているとのことで、香川で何度となくいただいた「冷かけ」の美味しさを思い出し、訪れました。

訪れたお店は、松井山手店です。何度か前を通ったことがあるのですが、入ったのは初めてです。丸亀製麺の中では、少し駐車場の規模なども小さめの店舗だと思います。

メニューは、いつもながらの讃岐うどんメニューに加えて、期間限定として、冷かけうどん280円、すだちおろし冷かけうどん330円、豚しゃぶ冷かけ(カレー風味)430円があります(それぞれ大サイズにすると100円アップです)。また、すだちセット(すだちおろし冷かけ+野菜のかき揚げ+鮭のおむすび)530円というお得メニューも存在しました。

この日は、冷かけ(並)を注文し、鶏天、いわし天を取りました。

冷かけうどん。澄んだ色合いのだしに、やや角の立ったきれいなうどん。美しい見た目です。

だしの味わいは、香川らしいイリコが効いた風味を想像していたのですが、ずいぶん違います。サバとカツオでしょうか。関西風の優しい味わいに仕上がっています。香川の冷かけを想像すると、肩透かしに合うような気分ですが、これはこれで全国、どこの方にでも食べやすい味わいだと思います。

うどんは、何と言うのでしょう・・・この日は、今まで味わったことがないくらいの強い硬さ、コシを感じました。冷かけだから?なのでしょうか。それとも偶然?粘り腰という弾力性が強い感じではなく、とにかく硬め!という感じです。強くて良い感じなのですが、茹で時間ミスなのかな?とも思いました。ただ麺そのものの美味しさは、なかなかのものです。

鶏天、いわし天は、いつもどおり大きめで、カラリと揚げられたばかりの食感が良いものでした。こちらは、とても満足できるものです。

香川の冷かけの味を・・・と思うと、少し違う、全国・万人受けする味の冷かけうどんでした。同じくチェーン店でも「饂飩の四国」の冷かけは、とてもイリコイリコしてましたし、「讃岐製麺」のかけうどん(温ですが・・)もイリコが強く効いていて、香川を思い出すものでした。万人受けするメニュー構成もいいですが、たまには冒険してほしいな?なんて思ったりした、今回の丸亀製麺です。

↓冷かけうどん(並)
110826-1.JPG

↓うどんのアップ
110826-2.JPG

↓左:鶏天、右:いわし天
110826-3.JPG

↓お店の外観です。
110826-4.JPG

↓夏の冷かけフェア('11)
110826-5.JPG
posted by たぬき at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ