2011年10月23日

天天有・葛野大路店@京都市右京区西院安塚町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

高辻葛野大路の交差点付近にある「天天有」さんの支店です。天天有さんは、本店以外は、別の会社がチェーン展開しておられると聞きますが、本当なのでしょうか?

お店は、赤い色の外観で目立っています。駐車場もあり、車の方でも行きやすいお店だと思います。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。この日は、17時くらいに訪れたのですが、比較的空いていました。本店の昔ながらのラーメン店という雰囲気とは異なり、ジャズなどが流れる落ち着いたシックな店内です。

ラーメンメニューは、中華そば680円、チャーシューメン830円で、大サイズは50円アップです。スープは、基本は鶏と野菜を炊き込んだスープですが、背脂・一味入り(少しこってり)にすることもできます。また濃厚醤油スープに厚切りバラ肉入りという「黒」というメニューにも変更可能です。「黒」は、本店にはないメニューですね。

その他、餃子、唐揚げ、やきめしなどの単品メニューと、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューが存在します。

この日は、チャーシューメン(並)830円と餃子250円を注文。スープは、スタンダードなものを選択しました。

ラーメンは、少し小ぶりな器に入って出てきます。鉢一杯にチャーシューが乗っているのは、本店と同じ感じです。具は、チャーシューのほかにネギ、もやし、メンマとシンプルなものです。

スープは、京都の鶏ガラこってり系特有のとろ〜りとした粘度のある味わい。本店と比べると濃さという点では、ずいぶん控えめな感じです。ただ鶏ガラの旨みと、野菜から来る甘みが、しっかりと出ています。

麺は柔らかめの中細ストレート麺。スープの粘度が高いため、絡み具合は良い感じです。

チャーシューは、モモ肉を使用されていますが、味付けがそれほどされていないのと、スープがものすごく濃い味でもないので、スープと絡めて食べても、味がちょっとさみしい感じがしました。またメンマも、すごく申し訳なさそうな小さなものが入っているだけで、寂しい感じがします。

餃子は、小ぶりなものの、カリッとした食感と具もしっかり入っていて良かったと思います。

スープは、本店と比べると、ややあっさりしているものの粘度も高くて、なかなか良かったです。ただちょっと具がもの足りないな〜という印象でした。このあたりが変わると、もう少し客入りも良くなるかもしれないなと思ったりしました。

↓チャーシューメン(並)
111023-1.JPG

↓チャーシュー
111023-2.JPG

↓麺とスープ
111023-3.JPG

↓餃子
111023-4.JPG

↓お店の外観です。
111023-5.JPG
posted by たぬき at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都