2011年10月30日

万両力石・浜大津店@滋賀県大津市浜大津

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京阪浜大津駅の近くに出来たお店「万両力石」さんです。ネットで調べてみると能登川にもお店があり、二店舗目のようですね。この店舗の場所は、以前、京都のラーメン店「しるそばたか」で、その後「廣田製麺」でした。

お店は細長い造りで、駐車場はありません。店内はカウンターのみで、以前の廣田製麺時代から、大きくは変化がないと思います。店内は清潔感があり、店員さんの対応も気持ちの良いもので、活気があります。

メニューは、ラーメンメインの中華飯店という感じです。ラーメンは、普通のラーメン、赤ラーメン(辛味)、黒ラーメン(マー油入り)、ネギタンメンとあり全て600円。チャーシューメンにすると150円アップです。

それとセットメニューが、とても充実していてネーミングも面白いものです。ストロング力石定食(ラーメン・餃子・チャーハン)とか、ミスター万両(ラーメン・チャーハン)とか。どれも1000円未満でコストパフォーマンスが良い感じです。

この日は、普通のラーメン600円のチャーシュートッピング+150円をお願いしました。

メニューの写真から京都によくある背脂醤油系かな・・・と思っていたのですが、出てきたラーメンは背脂が浮いているものの、透き通った色合いのスープ。少し見た感じが違います。そこにバラ肉チャーシューが4枚と少なめのネギ、メンマ。

スープを味わうと、鶏ガラベースの塩スープでした。鶏ガラの旨みがしっかり出ていて旨みがあるあっさりスープ。そこに絶妙な感じで背脂の甘みが合わさり、なかなか高レベルな感じです。

麺は中細ストレート麺です。つるりとした表面が特徴の昔からありそうな中華麺です。この麺自体は、少し安っぽい感じで、上品なスープなのにもったいないなと思いました。

チャーシューは、一枚一枚が大きなバラ肉を使用されています。醤油ダレで味付けされていますが、スープと合わせるように、控えめな味付けです。食感は、とても柔らかく量もたっぷりなので、食べ応えがあります。

背脂たっぷりですが、こってり感がなく上品で、万人受けしそうなスープでした。この場所のお店は、数年ごとに入れ替わっているのですが、お店の雰囲気も良かったので、長く続いてほしいと思います。

↓ラーメン+チャーシュートッピング
111030-1.JPG

↓チャーシュー
111030-2.JPG

↓麺とスープ
111030-3.JPG

↓お店の外観です。
111030-4.JPG

↓メニュー
111030-5.JPG
posted by たぬき at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀

讃岐うどん釜辰@奈良市神功

この日、お昼時。押熊を車で走っていると見たことのある看板が・・・「こころ一麺」(滋賀県大津市堅田にあったうどん店です。)

あれ!?と・・以前から入りたかったのですが、一度も入ることが出来ないまま最近、閉店されたお店が、まさか奈良に移転されたんだ・・ラッキー!と思って、ちょうど食べる場所を探していたので入ってみました。すると、店名は、小さな看板で「讃岐うどん 釜辰」と書かれています。うん??

お店に入ると、ちょうど開店直後だった模様。店長さんがあわてて、開店の支度をされておられました。「こころ一麺」との関係を聞くと、オーナーが同じで、その看板をそのまま持ってきたとのこと・・・ 「・・・って、“こころ一麺”の店名のほうが目立つ看板に、さらに“こころ一麺”のメニューも書いてあるのに、ええの?誰も“釜辰”って分からんよ!?」なんて、心の中でひとりつっこみしてしまいました(^^;

このお店は、もともと「まりおラーメン」(まりお流の前身)→「元気屋(ゴマの入った坦々麺風のラーメン店)」→「串まさ(串カツ屋さん)」のはずなのですが、今も1階は「串まさ」さんで、2階で「さぬきうどん 釜辰」として、営業されているようです。

店内は、少し暗い印象ですが、テーブル席が並んでいました。店長さんと女性の二人で切盛りされていました。いわゆるセルフ式の讃岐うどんのお店で、うどんを注文後、天ぷら、おにぎりなどを選んで、支払うタイプです。

うどんの値段は、かまあげ、ぶっかけ、かけ、ざるは、並280円、おろし醤油、かま玉は、並330円、カレー、キムチ坦々ぶっかけ、おろしぶっかけは並380円。それぞれ大にすると+100円でした。

天ぷらも安く、海老天が130円、その他は100円以下となっていました。

この日は、ぶっかけ(冷・並)280円に、鶏天100円、ゲソ天100円を取りました。トッピングは、ネギ、天かす、ショウガなどが入れ放題です。

うどんは、ややねじれた感じですが、きれいに角も立った讃岐らしい麺です。そこにシンプルにぶっかけのダシがかけてあります。お店の暗さと客入りが全くありませんでしたので、期待していなかったのですが、うどん自体は、しっかりとしたコシもあり、なかなか良い感じでした。

ぶっかけのダシは、強めにカツオだしが効いた濃いめもので、やや甘みがあります。香川のような味ではありませんが、関西の方にも、とても飲みやすい味わいだと思いました。

鶏天は、少し小ぶりなのと、ささみが使われているのか、ものすごくパサッとした感じの食感だったのが、残念です。逆にゲソ天は大きさも、そこそこ。揚げた感じも、カラリとしていてよい感じでした。

本当に誰もお客さんがおられませんでしたので、少し不安になるお店でしたが、味は、そこそこ良い感じでした。ちょっと紛らわしい?看板や、点何の雰囲気が明るくなるだけでも、客入りが増えそうな、そんな感じの味は悪くない讃岐うどん店だと思います。

↓ぶっかけ(冷・並)
111029-1.JPG

↓うどんのアップ
111029-2.JPG

↓左:鶏天、右:ゲソ天
111029-3.JPG
posted by たぬき at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ