2011年12月11日

奈良マラソン2011

今日は、奈良マラソンです。昨年、怪我で半分走り、半分歩いた奈良マラソンを除いては、約2年ぶりにフルマラソンに復帰です♪

奈良マラソンは、昨年は怪我のため自分の競技としては不本意に終わりましたが、奈良を挙げての盛り上がり、その雰囲気の良さ・華やかさに、何度でも出たいな・・と思った大会でした。

今年度も膝には不安を抱えていたのですが、なんとか42km持つだろう・・という身体に仕上がりつつあり、出場。ただ、2年前のように記録を狙える状態でないことは自分自身がよく分かるので、とにかく楽しんで走ろうと心に決めて出場しました。足も万全でないので、シューズは練習用の厚底のニューヨークを履きました。

スタートは、さすがに1万人規模とのこともあり、人が多いです。私は過去の記録から優先してもらえたのか、先頭に近いBブロックからスタートすることが出来たので、号砲からスタートまでの時間は、それほどかかりませんでした。

ただ、5kmくらいまでは大混雑。私は記録を狙う気分ではなかったので、マイペースで走りましたが、隣同士ぶつかってこけてる方もおられましたね^^; 鴻池をスタートし、平城宮跡→近鉄奈良駅→奈良公園→大仏殿前を通過して行きます。

このあたりは、マイペース走。そして10kmあたりから、あ・・・・と。膝にわずかに違和感を覚え始めました。すこしスピードダウンしながら、奈良から天理に向かう正暦寺、弘仁寺付近の坂を上ります。ここで昨年もおられた「忌野清志郎」さん風パフォーマーが!! 今年は、大人気でランナーがみんなタッチ!タッチ! パフォーマーも清志郎風に「ベイビー!ベイビー!」と叫んでました(笑)

そして白川ダム付近の名阪国道を越える道は、とても美しい景色で、なんだか心地よい感じ。

心配していた膝の痛みは、わずかに感じるものの、体が温まったからか気にならないくらいに。そして天理を折り返し。折り返し時点で、ゴールは3時間40分台くらいだなと思いました。

その後、奈良マラソンの難関と言えば、帰りの起伏。28〜30km、35km付近にある2つの坂は、本当に体力を奪います。ほぼ5分強/kmで走っていた私も、この区間は、ものすごくスピードダウンしました^^;

35kmを越えると、もう気力を振り絞るだけでした。膝は、確実に違和感あるな・・・と。それ以上に、やっぱり2年前ほどトレーニングが出来ていないので、股関節やら太ももなど、いたるところに余裕がない状態^^; この苦しい時間帯、奈良市に入るので沿道に観客が多くて・・温かい声援が・・ 本当に力になります。

最後の鴻池陸上競技場へ向かう坂道も、なんとか登り切りゴール。折り返し時点での予想通り3時間40分台。以前のタイムには全然及びませんが、とにかくフルマラソンを走れる体に戻ってきたことに感謝。感謝。なのでした。

沿道の温かい声援、ボランティアの方々、元気なボランティアの学生さんたち。みんなありがとうございました。本当に心地よく走れる華やかな大会でした。また来年も出場したいと思います。

↓前日・早朝の受付時間帯の様子。
111210-1.JPG

↓完走タオル
111210-2.JPG

↓完走メダル(表)
111210-3.JPG

↓完走メダル(裏)
111210-4.JPG

※完走メダルは、古来から元興寺・飛鳥寺・額安寺などに残る“瓦”をモチーフに、さらに奈良にゆかりの多い八角(南円堂、正倉院・八角鏡、東大寺・八角燈籠など)をイメージしてデザインされたもののようです。
posted by たぬき at 19:30| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会