2011年12月31日

拉麺屋神楽・大津店@大津市別保

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

国道一号線、大津市の膳所付近を走っていると新しいお店があったので入りました。「神楽」(からく)というラーメン店です。

お店は、オオバコ系の店舗で、駐車場も完備されています。出来たばかりなのか新しい感じがします。

店内もとてもきれいで、内装もラーメンの鉢や、レンゲを使って、壁や照明をうまくデザインされていて、ラーメン店らしからぬモダンな雰囲気。お店にかかるジャズ音楽が、とてもラーメン店に思えない感じです。テーブル席、カウンター席があり、多くのお客さんが入れるようになっています。

それと・・メニューを見て思ったこと。あれ?「一風堂」さんそっくり!豚骨スープがメインなのですが、白楽(スタンダードな豚骨)650円、赤楽(香油入り)700円、辛か麺700円。「一風堂」さんで言う、白丸、赤丸、からか麺。真似なのかな・・?と思いました。

ただ、他に醤油や、塩、味噌ラーメン、ちゃんぽんなどもあるのが、少し違うところでしょうか。セットメニューや、単品メニューも「一風堂」さんと似ていますし、それとテーブルに置かれているトッピング・・・・辛子もやし、高菜、紅ショウガ、ニンニクなども「一風堂」さん、そっくりです。

この日は、とりあえず赤楽700円のチャーシュートッピング(+300円)を注文。

出されてきたラーメン、きれいに白濁したスープ、そこに、濃いめに味付けされているであろうチャーシュー、キクラゲたっぷり、ねぎ、もやしがトッピングされています。そして、スープに香油が浮いています。見た目は、一風堂さんとチャーシューの感じや、トッピングが少し異なりますね。

スープを飲むと・・・豚骨のコクがしっかり出ていること、それと癖がない感じ、クリーミーさ、なかなか高レベルに思いました。香油の香りがとても良いのも特徴でしょうか。香油は、スープに油膜を作る感じなのですが、くどさはなく、本当にコクがあるのに、飲みやすいな・・と思える味わいです。

実は、食べる前は一風堂の真似やん!とテンションダウンしていたのですが、味は予想外に、一風堂と遜色ないかも!?。それもそのはず・・帰宅後、ネットで調べると一風堂さんがプロデュースされているようなお店のようですね。なるほど・・と思いました。

麺は、やや細ストレート麺を使用。博多系のラーメンとしては、意外と細くないほうではないでしょうか。食感は悪くはありません。

そしてチャーシューは、見た目同様、濃いめの味付けで、しっかりとした存在感があります。薄切りで、脂身たっぷりのため、口の中でとろけるような味わいです。ただ、+300円だと、もう少し量があるとか、厚みたっぷりとかでも良いかなと思いました。

全体的に味もバランスがいいし、店内の雰囲気も、とても落ち着いて良い感じ。しっかりとこの味を続ければ、家族連れでも入りやすいですし、それなりの人気店になりそうだなと思いました。

↓とんこつ赤楽+チャーシュー
111230-1.JPG

↓チャーシュー
111230-2.JPG

↓麺とスープ
111230-3.JPG

↓お店の外観です。
111230-4.JPG
posted by たぬき at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀