2012年04月29日

Pizzeria Caffe Rucola@宇治市槙島町三十五

宇治市槙島町にあるイタリアンのお店「ルーコラ」さんです。

お店は、旧24号線を京滋バイパスより少し北上するとあります。駐車場も多くあり、車で行かれる方にも立ち寄りやすいお店だと思います。

店内は、とてもお洒落な雰囲気で、テーブル席が並びます。道路沿いに一人客向けのカウンター席?もあったと思います。接客は、とても丁寧なものでした。

メニューはピッツェリアとのことで、ピザがメインです。ただランチタイムは、メニューが3種類あるとのことです。
A:サラダ + 本日のピッツァ or 本日のパスタ + ドリンク 1000円
B:前菜5種盛り合わせ + スープ + お好きなピッツァ or お好きなパスタ + お好きなドルチェ + ドリンク 1500円
C:前菜8種盛り合わせ + スープ + お好きなピッツァ or お好きなパスタ + デザート盛り合わせ + ドリンク2000円

この日は、本日のピッツァが「マルゲリータ」、本日のパスタが「自家製ソーセージと春キャベツのオイルソース」とのことです。二人で訪れていたので、Aの本日のピッツァと、本日のパスタにしてみました。

まずサラダが提供され、そのうち焼きあがったマルゲリータ、そしてパスタが出されます。

まず、マルゲリータ。ここのピッツァは生地がとても美味しくて、カリッとした食感ではないのですが、噛むたびにじわぁ〜と広がる旨みを感じられる良い味わいです。トマトソースと、モッツァレラチーズのの風味もなかなかのもので、味わいを楽しめるものでした。

そして自家製ソーセージと春キャベツのオイルソース。多めのペッパーと、チーズがかけられているのが印象的で、そこに春キャベツ、細かく切られた自家製ソーセージ、一切れのピッツァがトッピングされています。

このブラックペッパーの強めの味わいと、シンプルながらもニンニクとオリーブオイルの風味が出たオイルソースが、とても合います。それと自家製ソーセージは、黒い斑点が見えましたが何が練り込まれているのでしょうか。このソーセージかなり本格的なもので、食べるたびに旨みが口の中にじわぁと広がります。やや脂分が強いのですが、シンプルなオイルソースのパスタの中で良いアクセントになっていました。春キャベツも優しい食感がうれしいものです。

食べ終わった後に残された一切れのピッツァをオイルソースいつけていただきます。ほんのりとニンニクの風味が効いた引き締まった味わいと、その生地自体のやわらかな味わいが調和して、なかなか満足できませいた。

このお店、実は、それほど期待せずに入ったのですが、あれれ?と思うほど美味しく、そして居心地も素晴らしいお店でした。また気が向いたら訪れてみたいなと思えるお店となりました。

↓自家製ソーセージと春キャベツのオイルソース
120430-1.JPG

↓マルゲリータ
120430-2.JPG

↓サラダ
120430-3.JPG

↓お店の外観です。
120430-4.JPG
posted by たぬき at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2012年04月28日

来来亭・西大津店@大津市柳が崎字南柳

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

161号線沿い、柳が崎の飲食店が並ぶところにある、来来亭さんの西大津店です。

お店は、それほど大きくはないのですが駐車場も完備されています。

来来亭と言えば、接客の良さですが、この大津店の特徴と言えば、とにかくノリが体育会系。

特にこの日は女性店員さんがおられなかったこともあるからか、その勢いには、すごいものがありました。ある意味、やり過ぎ感があるくらいの元気さ。接客は丁寧なのですが、ちょっと食事中、うるさい!と言いたくなる感じもしました^^;

ラーメンメニューは、背脂醤油系のラーメン650円がメイン。他に味噌ラーメン730円、こってりラーメン730円、葱ラーメン880円、旨辛麺830円など。単品メニューも充実し、定食類も多くあります。このあたりは、他の店舗とも変わりがありません。

この日は、普通にチャーシュー麺800円を注文。麺の硬さや、葱の量、チャーシューの肉質などは、すべて普通にしていただきました。

ほどなく、背脂がきれいにまぶされた京都らしい醤油ラーメンが出てきます。トッピングは、ネギ多め、チャーシュー、メンマとシンプルです。またスープには、わずかに一味がかけられています。

スープは、オーソドックスな、鶏ガラベースの背脂醤油スープです。この西大津店の味わいは、すっきり感が強くて飲みやすいなぁというのが印象に残っています。

麺は細めのストレート麺を使用。食感もそれなりによく、スープの背脂、チャーシューなどと絡めて食べるのも良い感じです。それと、いつも思うのですが、来来亭のラーメンは、麺、スープとネギの相性がいいですよね〜。この九条葱、本当に良い味しているなと思います。

チャーシューは、薄切りのものが数多く入っています。柔らかくて、しっとりと食べやすいものでした。

来来亭さんは、店舗による違いが少ないのが本当に良いですね。このお店の接客は、少しうるさいくらいかな・・とも思いましたが、それもしっかりとした教育があるうえでのこと。これからも、努力でお店をよくしていって欲しいなと思います。

↓チャーシュー麺
120429-1.JPG

↓チャーシュー
120429-2.JPG

↓麺とスープ
120429-3.JPG

↓お店の外観です。
120429-4.JPG
posted by たぬき at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀

2012年04月25日

京都北山元町らーめん@京都市中京区東洞院通錦小路下ル阪東屋町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の老舗店のひとつ「元町ラーメン」さんです。店長さんが代替わりされて、西京極にお店を構えておられましたが、こちらに移転されたようです。

お店は四条烏丸の交差点近く、少し入り組んだ路地内にありますが、近くに行くと、お店の案内図の看板などが立っていますので分かりやすいです。お店の赤い看板に書かれた「ラーメン」の文字もよく目立ちます。駐車場は存在しないと思います。

店内は、カウンター席のみ。まだ移転されて間もないため、とてもきれいです。落ち着いた雰囲気で、女性客にも入りやすい雰囲気だと思います。お店は、夫婦で切盛りされていて、接客も丁寧なものでした。

メニューは、元町ラーメンの伝統でもある濃厚醤油味のらーめん650円がメイン。他に白ラーメン(白醤油+削り節のあっさり味)650円、牛すじらーめん750円(濃厚醤油or白スープの選択可)、坦々麺700円、野菜らーめん780円(白らーめんに、たっぷり野菜)があります。他に単品や、定食メニューも存在します。

この日は、濃厚醤油味の「ちゃーしゅうめん」750円を注文。お店としては、濃厚醤油スープには、生ニンニクトッピングをおススメされているのですが、この日は用事もあったので、そのままいただくことにしました。

ラーメンは、とてもクラシカルな京都らしいラーメンです。スープの色合いが濃い茶色で濁っており、いかにも濃厚そうな雰囲気が伝わってきます。トッピングは、チャーシュー、モヤシ、ネギとシンプルなものです。

そのスープの味わいは、まず辛いくらいの強烈にくる醤油味。この醤油はうなぎのタレに使う、たまり醤油を使用されているとのことで、一口ごとに感じるインパクトは大です。ただ、醤油だけでなく、ベースの豚骨、鶏ガラのコクがしっかり出ていて深みのあるスープに仕上がっています。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用。この麺、しっかりと強烈な醤油味を吸いこみ、旨みをしっかりと口に運んでくれます。

チャーシューは、やや厚切りで、こちらも強めに醤油ダレで味付けされています。脂身の多い部分、赤身の多い部分のチャーシューがバランスよくトッピングされてます。その強めの醤油味はスープともマッチしていますし、ボリューム感もあり、食べごたえは抜群です。

この濃厚醤油のラーメンは、クラシカルな一杯ですが、インパクトもあります。ただ、インパクト勝負ではなく、ベースの動物系の旨みがしっかりしていて、なんとも味わい深い安心の味わいだと思います。

↓ちゃーしゅうめん
120425-1.JPG

↓チャーシュー
120425-2.JPG

↓麺とスープ
120425-3.JPG

↓お店の外観です。
120425-4.JPG
posted by たぬき at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年04月24日

2012年ツバメさん(3)

4/22以降のツバメさん。

4/22は、朝から奥様は、巣の中でじっとしていることが多く、ご主人が巣の周りを飛んでいることが多かったです。用事で外出後、夜に帰宅すると、奥様は巣の中で宿泊、ご主人はその横で、静かに眠りについておられました。


4/23も、朝から奥様は、巣の中が基本。なので、産卵中なのかな・・それとも産卵が終わり、抱卵が始まりだしたのでしょうか。でも、ずっと巣の中にいる訳でなく、外に行かれることも良くあります。ご主人は、基本は近くにおられるのですが、巣の中にいる時間帯は少なめです。

その日の夜は、ちょうど帰宅した時、奥様は巣の中、ご主人は巣の近くに泊まって眠りに着く途中のようでしたが、私が扉を開けたときに、眠りをさまたげてしまったのか。夫婦で近くをしばらく飛んでおられました。その後、気が付くと、近場の巣から離れた場所で眠りに着き、その後、深夜に確認しても同じ場所で熟睡されていました。巣を離れて眠ると言うことは、やっぱ産卵してないのかな・・


4/24は、出勤前にしばらく観察していると、奥様は巣の中でじっと・・旦那様は、近場で周りの様子を見ておられます。その時少し事件が・・ 見知らぬ(おそらく)オスツバメさんが・・ 巣の近くに来ました。すると、さっと旦那さまが飛び出し撃退されました。 きっとオスツバメさんは、まだ巣もお嫁さんも見つからず探しておられたんでしょうね・・

夜、帰宅すると奥様は、巣の中。ご主人は近くの「トユ(樋)」で眠りについておられます。


数日間、観察していて分かったことがいろいろと。奥様は、私のことをちっとも警戒していない感じです。近づいても、いつも写真撮って楽しいの?って感じで、じっと見ておられるだけです。ご主人は、少し警戒しているようにも思いますが、基本、人間は味方と思ってるよう。

それと夜は、ツバメさんは、本当にしっかり眠られるのかな・・と思いました。本格的に寝ると、本当に動かない・・・無防備な感じです。それが人の民家に巣を作る理由なんでしょうね。

巣のクッション(羽毛)は奥様が用意している模様。なので巣の外装は、夫婦共同だけど、内装は奥様がこしらえてるのかな・・。もし、本当に散乱しているのだとすると、基本は奥様が巣に居て、ご主人は、巣の周りを警戒しているのだな・・と思いました。

↓4/22夜:巣の中の奥様と、寄りそうご主人
120424-1.JPG

↓4/24夜:巣のそばにある「トユ」もご主人様の寝床となることが多いです。
120424-2.JPG

↓4/22早朝:巣の周りに怪しいものがいないかな?警護するのだ
120424-3.JPG

120424-4.JPG

↓4/22早朝:奥様は、巣の中の羽毛を丁寧に並べてます。
120424-5.JPG
posted by たぬき at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ツバメ観察

2012年04月23日

花洛@京都市中京区押小路通寺町西入る亀屋町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都市役所の裏手にあるお店「花洛」さんです。お店は、和風な落ち着いた外観です。駐車場は、街中にあるので、存在しません。

店内も外観と同じく、とても落ち着いた雰囲気です。座席はカウンターのみで、夫婦かどうかは分かりませんが、若そうな男女で切盛りされていました。

ラーメンメニューは、濃厚こってりラーメン690円、あっさり塩豚骨690円、濃厚辛か麺750円、濃厚カレー麺750円があります。トッピングの種類も豊富にあります。また単品メニューがいくつか存在し、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューもあります。

またお店の中に置いてあった夜のメニューを少し見ると、夜は居酒屋+ラーメン店となるようで、居酒屋メニューも結構豊富にあったと思います。

この日は、濃厚こってりラーメン690円+チャーシュー増し250円を注文。

出てきたラーメンは、かなり濃度が高そうなのが見た目でも分かる白濁したスープ。そこに背脂が振りかけられています。トッピングは、ラーメンには珍しいレンコン、他はネギ、メンマ、チャーシューです。

スープは、鶏ガラ+豚骨に、少し醤油で味付けされているのでしょうか。鶏ガラ・豚骨を強力に煮込んでいることが分かるコラーゲン質たっぷりの高粘度スープです。味も、鶏ガラ・豚骨の味がしっかりとにじみ出ています。背脂が入れられていますが、意外とくどさはありません。この京都らしい高粘度スープは、こってり好きな方には受ける味わいだと思います。

麺は、中細のやや縮れたような麺を使用。全粒粉か何かが練り込まれたような斑点があり、コシのある食感が良い麺です。高粘度のスープのため、絡みもよいです。

チャーシューは、ややレアな物を使用されていますが、いわゆるレアチャーシューと違って、しっかりと豚肉本来の味を楽しめるような仕上がりになっています。メンマは、やや辛味を感じる印象深い味わいで、レンコンのサクッとした食感もよいアクセントとなっていました。

このお店、意外なほど客入りがなかったのですが、市役所裏の立地と言い、意外とアクセスの良い場所に出来た、新しいこってりスープのお店だなという印象です。使い勝手が良さそうですので、また近くに来た際には立ち寄りたいと思います。

↓濃厚こってりラーメン+チャーシュー増し
120423-1.JPG

↓チャーシュー
120423-2.JPG

↓麺とスープ
120423-3.JPG

↓お店の外観です。
120423-4.JPG

↓メニュー
120423-5.JPG

120423-6.JPG
posted by たぬき at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年04月21日

デジカメの買い替え

コンパクトデジカメではよくあることのようですが、今まで使っていたものが、レンズ内にほこりが入ったのか、黒い斑点が写ってしまいます。もう3年使っているので買い換えました。

私は、パナソニックのLUMIXシリーズを使っているのですが、過去2台とも同じ症状でダメになりました。有償でクリーニングも出来るようですが・

過去に使っていたのは、DMC-FX100とDMC-FX150。LUMIXは、女性っぽいデザインのイメージがあるのですが、どちらも男性的なデザインなのが気に入っていました。それに使い勝手も良かったし。

なので、今回も同じように落ち着いた雰囲気の機種を。今回はDMC-SZ7です。使ってみると、電線で休憩するツバメさんとか、巣に材料を運ぶツバメさんとか・・・(要するにツバメさんしか撮影してない・・)

すごくオートフォーカスが早くって使い勝手がいいです。ズームも今までより長く光学10倍だし、動作の反応も速く、本当に心地よくサクサク動いてくれます。これからはこのデジカメが相棒になります。

↓新相棒:DMC-SZ7(FX150で撮影)
120421-1.JPG

↓これまでの相棒:DMC-FX150(SZ7で撮影)
120421-2.JPG

↓これまでの相棒:DMC-FX100(SZ7で撮影)
120421-3.JPG
posted by たぬき at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2012年ツバメさん(2)

順調に巣作りを続けるツバメさん、4/16〜18の間、毎日、帰宅すると、少しずつ巣が大きくなってきています。一生懸命、夫婦で巣作りされている模様。

毎日観察していると、いろいろと気になることが。毎晩、泊まっているのは一羽のみ。たぶんご主人さまでしょうか。でも出勤時に観察すると夫婦で、巣作りされているよう。

それと、4/19の私の出勤時間(6時台)は、夫婦で仲良く巣作りされていました。でも夜は、夫婦そろって外泊?戻っておられませんでした。。。

もしかして、カラスや猫に食べられちゃったのかも・・・なんて不安に駆られましたが、、、4/20の出勤時間には、夫婦そろって巣の周りを行ったり来たり楽しそうにされてました。で、夜はどこかに宿泊に行かれます。4/21も同じく。

ツバメのことを調べてみると、外泊されることは良くあることなんですね。

それと、4/20には、完成しつつある巣に柔らかそうな鳥の羽のようなものを巣の中のクッションとして入れられていました。どこから取ってくるんでしょうね。将来の雛のためなんだろうなぁ。4/21も同じく、クッションを運ぶ姿が見れました。本当に一生懸命巣作りされている姿は、かわいらしいのですが逞しくも感じます。

↓少しずつ大きくなる巣
4/16
120420-1.JPG

4/17
120420-2.JPG

4/18
120420-3.JPG

↓巣作りは大変なのよ〜
120420-4.JPG

↓どこに遊びに行こうかな
120420-5.JPG

↓出勤時には、よくここで挨拶してくれます。
120420-6.JPG
posted by たぬき at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ツバメ観察

2012年04月19日

麺屋たけ井@京都府城陽市観音堂甲田

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

24号線沿い、城陽市の南のほうにある人気のラーメン・つけ麺のお店「たけ井」さんです。この日は、平日のお昼12時ごろ、お店の前を車で通ると、4人しか待っておられなかったので入ってみました。

お店は、こじんまりとしています。お店の前に駐車場があり3,4台停められるでしょうか。それと24号線沿いを北側へ進んだところに、多くの台数が停められる第二駐車場が存在します。

店内は、カウンター席と4人掛けの座敷が3つ。女性の店員さんの接客がとても丁寧で、好感が持てるものでした。お店入ってすぐのところに食券機があり、並んでいる間に券を購入するシステムとなっているようです。

メニューは、つけ麺が並850円(麺280g)、小800円(麺220g)、大950円(麺400g)、ラーメンは並750円(麺180g)、小700円(麺230g)、大850円(麺280g)。これらにトッピングを加えることにより値段が変わるシステムになっています。

またカラアゲやギョーザなどの単品モノも存在しました。

この日は、ラーメン(並)750円のチャーシュートッピング+250円を注文。

さて、出てきたラーメン、驚きなのは、ドーンと乗った大判のチャーシュー!迫力があります。スープは、見るからに濃厚そうな豚骨スープで、その表面に魚粉が多く浮いているのが分かります。他のトッピングは、かなり太めのメンマ、海苔、ネギ、そしてきざんだ柚子でした。

スープをいただくと、かなり粉っぽさを感じるような独特の濃厚な豚骨スープです。豚骨だけでなく、魚粉からも、その粉っぽさは来るのでしょうか。濃厚に豚骨の旨みが出ていて、魚介の旨み、それと後味に柚子のさわやかさが引き締めていて、かなりこってりなのに、意外と飲みやすいなと思える味わいでした。

麺は、太めの全粒粉を練り込んだものを使用されています。ものすごい弾力感を想像していたら、意外とサクッとした感じの食感で食べやすいもの。京都では見慣れない太麺なので、しっかりと噛んでいただく感じで楽しむことが出来ました。

チャーシューは、味付けは薄い、煮豚系のものを使用。豚本来の味わいを楽しめるものです。とにかく、その豚肉の量がすごくボリューム感は抜群。ただしっかりと脂分が抜いてある分、独特の噛み切りにくさがある食感で、意外と食べるのに苦労しました(^^;

太めのメンマも存在感がありましたし、ネギもやや粗めの削り方で、それが逆に濃厚な豚骨魚介スープの中でもしっかりとした味を出していました。

いつも、このお店の前を通ると、すごい行列なので、強烈なインパクトのある味なのかなと思っていましたが、濃厚な豚骨魚介系のスープながらも、とても上品にまとまったような一杯でした。濃厚豚骨系スープが好きな方はもちろんのこと、この味なら濃厚スープが苦手という方でも意外といけるかもと思いました。

↓ラーメン(並)+チャーシュートッピング
120419-1.JPG

↓麺とスープ
120419-2.JPG

↓チャーシュー
120419-3.JPG

↓お店の外観です。
120419-4.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年04月17日

太陽軒@京都市伏見区向島西堤町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

24号線、観月橋の高架下に昔からあるお店「太陽軒」さんです。

赤い色合いの看板が目印で、外観は古風なラーメン店という雰囲気。内装も同じく昔ながらの食堂風ラーメン屋さんという感じで、テーブル席とカウンター席があります。お店は、夫婦で切盛りされてます。駐車場はありません。

ラーメンは、一番のメインが醤油味・すこしこってりめの「おいしいラーメン」550円。同じ価格で、醤油味・あっさりめの「あっさりラーメン」550円があります。他のスープは、みそ、白湯、塩があり、すべて+100円です。焼豚ラーメンにすると+200円。

その他、単品メニューや、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、醤油味・すこしこってりの「おいしいラーメン」の「焼豚ラーメン」750円を注文しました。

出てきたラーメンは、やや黄色がかった色合いの濁ったスープに、きめ細やかな背脂が浮いています。トッピングはネギ、少しのメンマ、焼豚とシンプルなものです。スープには、わずかに一味がかけられています。京都の背脂醤油系らしい雰囲気ですが、スープの色が特徴的です。

スープは、鶏ガラベースで、ややとろっとした食感。鶏ガラの風味が強く生きていて、玉子でも入っているのかな?と思えるほど、とてもマイルドな味わい。色合いは、黄色が勝っており一味も入っていますが、辛味はほぼ感じません。醤油の風味もまろやかなものです。

麺は、中細のややカールしたような麺を使用されています。こちらは、弾力のある独特の食感の麺です。やや濃いめのスープとの絡みは悪くありません。

チャーシューは、肩ロースを使用されており、昔ながらですが、しっかりとした味が入っています。やや厚みがあり、食感も良く、なかなか高レベルなものでした。

スープの鶏ガラの味が、しっかりとしていて、食べ終わるまで飽きずにいただける一杯でした。京都の背脂醤油のスタンダードと比べると、やや鶏の濃さや独特のまろやかさなど、変化がある感じですが、飽きのこない仕上がりだと思います。何度でも通ってみたい、そんなお店の一つです。

↓おいしい・焼豚ラーメン
120417-1.JPG

↓焼豚
120417-2.JPG

↓麺とスープ
120417-3.JPG

↓お店の外観です。
120417-4.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年04月16日

井手・玉川の桜@京都府綴喜郡井手町(3)

先週の平日の昼間に立ち寄った井手町、玉川の桜です。

約1.5kmの玉川の両側にソメイヨシノが並ぶ景色は、とても美しいものです。この日は、満開を若干過ぎた感じだったでしょうか。

平日だけに、人も少なくのんびりと歩いて観賞することが出来ました。

↓過去の記録
井手・玉川の桜(2)
井手・玉川の桜(1)

120416-1.JPG

120416-2.JPG

120416-3.JPG

120416-4.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年04月15日

2012年ツバメさん(1)

春。ツバメさんが、我が家にやってきました。周りのお家の方は、汚れが気になるのか・・・ツバメ対策をされておられるようで・・・

でも、ツバメさんが懸命に巣作りをされているのは、見ていて素直に応援したくなります。

観察をしていると・・小さなくちばしで、泥や石ころを運んでは、固めて・・ なんども往復されています。どうぞ、我が家に立派な巣を作ってほしいな・・と願っています。

↓一日目(4/13)。巣作りの偵察〜
120415-8.JPG

↓一日目。ここは良さそうだぞ・・作ってみるか。
120415-9.JPG

↓二日目(4/14)の夜。お眠り中。少し巣らしくなってきたでしょう。
120415-10.JPG

↓三日目(4/15)。夜。驚くかな・・と思ってフラッシュ炊いてみたら冷静。お休み中のツバメさんです。巣は完成形の途中でしょうか。
120415-11.JPG
posted by たぬき at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ツバメ観察

ラーメン翔龍@京都市伏見区深草一ノ坪町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京阪の伏見稲荷駅のすぐ近くにあるラーメン店「翔龍」さんです。お店の外観は落ち着いた感じです。駐車場は無いと思います。

店内は、それほど広くなく、カウンター席とテーブル席が3つあります。ジャズ音楽などもかかり、ラーメン店と思えないような、とても落ち着いた雰囲気です。お店は、夫婦と思われる方が切盛りされていました。観光地なので、メニューも英語表記があったりします。

ラーメンメニューは、7つのスープから選択できるようになっています。メインは、しょうゆ。他に、黒しょうゆ、味噌、煮干し(Wスープ)、しお、白湯、カレーとなっています。どのスープを選んでも並700円、大800円、ミニ600円、チャーシューメン850円。

単品では、焼き豚こま切れ丼250円が人気の模様。ランチタイム(11:30〜15:00)は、焼豚こま切れ丼は好きなラーメンに+50円で食べられるようです。他に餃子や、焼豚などがあり、それらと組み合わせた定食メニューも存在します。

この日は、お店のおススメとされている「しょうゆ」スープのチャーシューメン850円を注文。

出てきたラーメン、澄んだ感じ、でもよく見るとやや濁ったようなきれいな醤油スープ。そこに白菜、ネギ、チャーシュー、こま切れチャーシュー、ゴマがトッピングされています。

スープの味わいは、上品で優しい味わいです。ずいぶん以前、このお店が雑誌に乗った時に、ガラを使わず豚肉でスープを取ると書いてあったと記憶していますが、豚の旨みは、本当に控えめに効いている感じでしょうか。それよりもトッピングの野菜などから来る優しい甘みが調和していて、ほんのりと飲みやすいスープです。最近は、こってりなものが人気ですが、このような優しいあっさり風味もたまには良いなと思えます。

麺は、中細ストレート麺を使用。表面がツルっとした食感なのが印象的です。白菜などとの絡みもまずまずで、悪くはありません。

チャーシューは、やや厚切りで、味付けはスープと合わせてあっさり風味。脂身と赤身のバランスも良く、豚本来の旨みを楽しむことが出来ます。こま切れチャーシューもスープを浸していただくとスープの旨みが染みわたり、良い感じでいただくことが出来ます。

食後には、サービスとして、一口コーヒーを提供していただきました。お店の方の接客も優しく、ラーメンの味も優しく、くつろげる雰囲気です。比較的新しいお店のようですが、末長く続いてほしいなと思える雰囲気がありました。

↓しょうゆ・チャーシューメン
120415-1.JPG

↓チャーシュー
120415-2.JPG

↓麺とスープ
120415-3.JPG

↓お店の外観です。
120415-4.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年04月13日

ラーメン こがね家・京都本店@京都市南区東九条西山王町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

アバンティの地下1階にあるラーメン店「こがね家」さんです。以前「京都百年屋」というラーメン店が入っていたところに、お店が新しく入りました。

店内は、京都百年屋さんの頃と、大きく変わっていないように思いました。テーブル席が並び、島状のカウンター席もあります。それと、かなり店内に豚骨臭がただようのが印象的でした。

メニューは食券制となっています。このお店は、とんこつがメインで「超コラーゲン」という言葉がいたるところに書いてあり、濃厚さを売りにされているようです。ラーメンは、とんこつ750円、黒とんこつ800円、しょうゆ780円があり、トッピングにより値段が変わるようになっています。他に30食限定のつけ麺(濃度最強と書かれていました)780円もあります。

他にも、それほど種類はないもののサイドメニューなどもありました。

この日は、とんこつチャーシュー麺850円を注文。

さて出てきたラーメン、かなり白濁した濃厚そうなスープに、大判のチャーシューが3枚乗っています。トッピングに白髪ネギ、ネギ、太めのモヤシ、海苔など。海苔には、カルシウムを使って店名と「ありがとう」の文字が書かれているのがユニークです。

スープをいただくと、かなりの濃厚をイメージすると、少し違う印象を持つかもしれません。コラーゲン質の粘度は感じますが、濃さとしては、中の上くらいでしょうか。しかしながら豚骨のしっかりとした風味は出ており、悪くはありません。後味も意外とすっきりしていて、飲みやすさも両立したこってり感という味わいです。

麺は、かなり細めのストレート麺を使用。とても食感の良いタイプの麺で、噛み心地がとても心地よいものでした。

チャーシューは、大判の肩ロースを使用。こちらもチャーシュー麺として3枚だと少ないようにも思いましたが、味自体は、豚の旨みをしっかり生かしていて、なかなか良いなと思いました。

それと白髪ネギは、少し辛味で味付けされているのか、ネギ独特の辛味にプラスアルファの辛さがありました。これは特徴的でしたが、豚骨スープの旨みがしっかりしているので、必要ないかも?とは思いました。

全体的に、濃厚さを求めるとインパクトには欠けるような気がしましたが、普通にレベルの高い豚骨スープのように思いました。インパクトに欠ける分、集客力がないかも・・と心配になりますが、駅近くで手軽に良い豚骨スープを食べることが出来るので、利用価値のあるお店だと思います。

↓とんこつチャーシュー麺
120413-1.JPG

↓チャーシュー
120413-2.JPG

↓麺とスープ
120413-3.JPG

↓お店の外観です。
120413-4.JPG
posted by たぬき at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年04月11日

むつみ屋げんき軒・イオン奈良北登美ヶ丘店@奈良県生駒市鹿畑町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

北海道発祥のチェーン店「むつみ屋」さんのセカンドブランド「むつみ屋げんき軒」さんです。このお店は、イオン登美ヶ丘の2階レストラン街にあります。この日は平日の昼間に訪れました。

店内は、イオンの中のレストランらしく、テーブル席が並んでいますが、カウンター席もあり、個人客にも対応できるようになっています。

メニューは、メインが「げんきらーめん」750円(豚骨スープ+焦がしにんにく油+マー油)。他にとんこつ650円、とんこつ醤油630円、北海道みそ630円、しょうゆ590円、しお590円と一通りのスープのラーメンが存在します。他に野菜タンメン600円があり、香味つけ麺700円、冷し坦々つけ麺700円も存在します。

単品もご飯類やギョウザなどが存在します。また平日のランチセットは(お好きなラーメン or つけ麺)+(ギョーザ or 半チャーハン or 唐揚げ4個)+(ライス)で、780円とお得感があります。また丼ぶり(トンポーロー丼 or ねぎチャーシュー丼 or 明太高菜丼)+(ラーメン)のセットは、ラーメン+200円でいただけるようです。さらにネギ、もやし、紅ショウガが入れ放題となっています。

この日は、げんきラーメン750円のチャーシュートッピング+100円を注文。

出てきたラーメンは、白く濁ったクリーミーそうな豚骨スープに、マー油が入れられています。マー油は、トッピングにキクラゲが入っているのですが、その色と同じくらい黒々としていて、イカスミのように見えるくらいでした。他にトッピングは、チャーシュー二枚、角煮二枚、太めのモヤシ、ニンニクチップです。ネギはトッピング自由のため、入っていませんでした。

スープは、とてもクリーミーな豚骨スープです。そこに、マー油の香ばしさ、ニンニクの旨みが混ざり合い、なかなか素直に美味しいと思えるスープでした。豚骨スープですが、濃厚でない飲みやすさがあり、誰にでも受け入れやすい味わいだと思います。

麺は、多加水の中細ストレート麺で、食感が楽しいものでした。

厚切りの角煮は、かなり脂分が抜かれている感じがあり、意外と食べやすい感じです。ですが、独特のパサッとした食感が少し残念な感じがしました。チャーシューも同じく、縁の部分が濃い色合いになっているので、良い味が付いているのかな・・と思いつつ、食べると意外と味はなくて、パサッとした食感。角煮、チャーシューともに満足度は、少ない感じがしました。

ただスープの味わいは、とても良く、ショッピングセンター内のラーメン店としては、十分、満足できる味わいだと思います。平日のランチメニューの値段も安く、家族連れの方にも使いやすいお店だと思いました。

↓げんきラーメン+チャーシュートッピング
120411-1.JPG

↓角煮
120411-2.JPG

↓チャーシュー
120411-3.JPG

↓麺とスープ
120411-4.JPG

↓無料サービス:ネギ、もやし、紅ショウガ
120411-5.JPG
posted by たぬき at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2012年04月09日

支那そばや・イオン大和郡山店@奈良県大和郡山市下三橋

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメンの鬼、佐野実さんで有名な「支那そばや」のイオン大和郡山店です。

いつもは混雑しているイオンモール大和郡山。このお店も混雑していることが多いので、入ったことがなかったのですが、所用で平日の夜に訪れると空いていたので入ってみました。

店内は、意外と狭い感じで、カウンター席とテーブル席が存在します。

ラーメンメニューは、基本のラーメンは、スープが醤油850円、塩880円、味噌880円、焦がし香味GYU塩850円の4種類。塩、醤油はワンタンメンにも出来ます。他に濃厚魚介つけ麺850円など。それぞれ基本価格が高めなのが残念ではありました。そこにトッピングで値段が変わるシステムとなっています。

他にも3種の餃子、4種のチャーハンをはじめ、単品メニューもいくつか存在しました。

この日は、塩ラーメン880円のあぶりチャーシュートッピング200円を注文。

しばらくすると塩ラーメンが届きます。あれ?チャーシュー一枚・・・ チャーシューメンを注文したんだけど・・と聞くと、トッピングは、お持ちしますので、しばらくお待ちくださいとのこと・・・・ 壁に「このお店のラーメンは出来た直後が一番美味しいので、すぐに召し上がってください」なんてコメントが書いてあったのに、矛盾するような。。なぜ、ラーメンが先に出されて、しばらくトッピングの到着を待つのか、なぜ別皿なのか・・ すこし理解できませんでした^^;

しばらくするとトッピングのあぶりチャーシューが届きます。ラーメンは、透き通った塩スープに巻きチャーシュー、煮玉子、ワカメ、揚げタマネギ、メンマが乗っています。トッピングのチャーシューと違って、一枚入っているチャーシューは炙られていません。トッピングのあぶりチャーシューも同じ部位のようですが、炙られている分香りが強く漂います。

スープを飲むと、とても優しいお味で、トッピングのワカメからの風味がつよく感じられ、なんだかお吸い物を飲むかのような和風な風味に感じます。他にも魚介や昆布なども使っているのかな・・と思いましたが、とにかくあっさりとした中に、いろいろな旨みを感じることが出来る上品なスープです。

麺は、かなり細めの麺で、なにかが練り込まれたような極小の小さい黒い斑点が見られました。細さも食感も、まるで「にゅうめん」を食べているかのよう。ただし、にゅうめんよりかは、食感・コシは強めです。和風なスープとの相性はよく、ツルツルといただける優しい味わいでした。

チャーシューは、巻きバラ肉で、少し小ぶりな感じですが柔らかく良い感じ。あぶりチャーシューのほうは、醤油でも味付けされていて、濃いめの風味。最初から入っているものよりも厚切りで噛みごたえもありました。噛むたびににじみ出る脂身が強く、どちらかと言うと醤油スープなどと合うかも?と思いました。最初から塩ラーメンの器に入っていない理由が少し分かったような気もしました。

全体的に、値段の高さは気になったものの、優しく上品な仕上がりの食べやすいラーメンだと思います。こってり濃厚な味が受けることが多い中、こういう味わいも美味しいなと思いました。

↓塩ラーメン
120409-1.JPG

↓トッピングの「あぶりチャーシュー」(別皿)
120409-2.JPG

↓手前:あぶりチャーシュー、奥:ノーマルチャーシュー
120409-3.JPG

↓麺とスープ
120409-4.JPG
posted by たぬき at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2012年04月08日

たかばしラーメン・イオンモール久御山店@京都府久世郡久御山町森南大内

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

改装されて大きくなったイオンモール久御山の中にオープンした「たかばしラーメン」さんです。第一旭の中でも南インター店、直営亀岡店などが所属しているクーデションカンパニーが展開されている系列です。

この日、イオンモールはオープンしたてのためか、かなりの人だかり・・ で、、、たかばしラーメンも並んでいました。夜8時半くらいでしたでしょうか。10人くらいは並んでおられたと思います。ただ、待ってみるとラーメン店なので回転は早く5分ほどで入れました。

お店は、BiVi二条店と似た雰囲気で、落ち着いた店内です。ショッピング客を意識してか、テーブル席が多め、カウンター席は若干少なめのように思えました。それと、この系列店の良さと言えば、接客です。まだオープンしたばかりなのに、混雑に対しても素晴らしい接客をされており、バタバタ感はまったくなかったです。また厨房を見ると、どこかの店舗でよく見た職人さんもおられました。

ラーメンメニューのメインは、醤油スープの「たかばしラーメン」600円です。他に「熟成味噌ラーメン」700円、「炎ラーメン」(たかばしラーメンに辛味プラス)700円、たかばし新味(豚骨白湯)700円など。それらにトッピングや大きさを変更することにより値段が変わるようになっています。またサイドメニューを含めて充実した内容となっています。

少し気になったのは、全て税抜き価格になっていて、たとえば「たかばしラーメン」は税込では630円になってます。あれ?と思いました。以前は、600円しか支払わなかったのですが・・・ 帰宅後、HPを見ると、どのお店も2012年4月から値上がりしたようです。

この日は、初めて訪れたので、基本のたかばしラーメン600円+肉増し+150円で注文。ネギの多さや麺の硬さなど普通でお願いしました。

さて出てきたラーメン、いつもながらの京都らしい醤油ラーメンが出てきます。トッピングはチャーシューたっぷりに、ネギ多め、モヤシ多め、メンマ少々。このクーデションカンパニーの系列の第一旭は、スープの色合いが濃いのが特徴ですが、このお店の色の濃さは控えめでしょうか。スープ表面に多めに脂の層がある感じです。

実は、大混雑していたので、味は大丈夫かな・・・と心配していたのですが、スープを飲んでみると、醤油のコクと豚の旨みが両立していて、なかなか良い感じです。若干、豚の獣臭さのようなものを感じましたが、気になるほどではなかったです。初めて横大路店に行った時と同じような、味わいのスープだなと思いました。

麺は中細ストレート麺を使用。この系列は、第一旭の中でも麺屋 棣鄂さんのものだと思うのですが、この日は茹で具合が硬めのように思いました。私は柔らかめが好みなので、そのように注文しても良かったかなと思いました。

チャーシューは、スープや麺の合間から、ゴロゴロと出てきます。ボリューム感だけでなく、薄切りですが豚本来の味をしっかり噛みしめられるものでした。

大混雑ながらも丁寧な味に仕上げられていて、接客も良く、非常に好感のもてるお店でした。このイオンモールの前には、本家を名乗る第一旭の久御山店もあります。そのお店もなかなかの高レベルだと思いますので、味比べするのも面白いかもしれません。

↓たかばしラーメン+肉増し
120408-1.JPG

↓チャーシュー
120408-2.JPG

↓麺とスープ
120408-3.JPG
posted by たぬき at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年04月06日

はなまるうどん・イトーヨーカドー奈良店@奈良市二条大路南

イトーヨーカドー奈良店の1Fフードコートにある「はなまるうどん」さんです。この日は、夕刻ごろ、ふらっといただきました。

フードコートには、けっこういろいろなお店があり、その端っこに「はなまる」さんは、お店を出しておられます。座席は大型ショッピングセンターのフードコートとしては、すこし少ない感じかな?と思います。

お店のシステムは、いわゆるセルフ形式。うどんを注文し、天ぷら、おにぎりなどを好みのものを取って会計するシステムです。

この日、本当は、かけうどんを・・と思ったのですが、店頭に期間限定「塩豚フェア」と書かれていました。「塩豚フェア」は3種類。塩豚温玉ぶっかけ(温・冷)、塩豚おろしぶっかけ(温・冷)、塩だれ豚ねぎうどん(温のみ)。どれも小380円、中480円、大580円とのこと。

とりあえず塩豚温玉ぶっかけ(冷・小)380円を注文。天ぷらは、えび天137円を一つだけ取りました。

さて、おうどんは、豚肉が結構こんもりと盛られて、そこに温玉が乗っているので、小サイズでも意外とボリュームを感じます。ネギはあらかじめ店員さんが入れられます。トッピング自由の天かすは、少し安っぽいような業務用風の物。これは、はなまるさんの弱点ですよね。

さて、うどんですが、しっかりとしたきれいな角が立っていて、つややかな麺です。その味も小麦の風味が効いていて、さらにコシも程よくあり、心地よいものです。ぶっかけのおダシは、濃いめの味わいで、後味に少し甘みを感じるような飲みやすいものです。温玉をくずすと、その甘みと黄身のうまみが混ざり、おうどんと絡めて食べると旨みが増します。

それと豚肉、これが塩ダレと胡椒で味つけられていて、かなりいける感じです。若干、脂っこさがある感じもしますが、うどんと絡めて食べるのにも意外といけるものでした。

えび天は、かなり小ぶりなもので、他の○○製麺系のチェーン店と比べると、少し見劣りするかなぁ。ただ衣はパリっとしていて、食感はよかったと思います。

この塩豚メニュー、意外と美味しくいただけました。はなまるさんの期間限定ものって、あまり食べたことないので、また試してみたいなと思います。

↓塩豚温玉ぶっかけ(冷・小)
120406-1.JPG

↓うどんのアップ
120406-2.JPG

↓えび天
120406-3.JPG

↓期間限定「塩豚フェア」
120406-4.JPG
posted by たぬき at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2012年04月05日

サイゼリヤ・精華町店@京都府相楽郡精華町光台

サイゼリヤの精華町光台にあるお店です。学研地区の食彩プラザ内のレストランが並ぶ一角にあり、駐車場は多く停められるようになっています。この日は、ずいぶんひさしぶりに訪れました。

お店の混雑具合は、同じく食彩プラザにある「くら寿司」さんと比べれば、ずいぶんとましでしょうか。ただ、常にそれなりにお客さんがおられるイメージがあります。

サイゼリヤと言えば・・なんと言ってもメニューの安さでしょうか。パスタで言うと、一番安いペペロンチーノは299円。一番高いものが、カルボナーラ、ほうれん草のクリームスパゲッティ、イカの墨入りスパゲッティ、トマトクリームスパゲッティなど499円。全部、ワンコイン以内で食べれてしまいます。

ドリアやグラタン、ピザなども、ほとんど同等の値段ですし、ハンバーグ、ステーキ類も500円前後と安いものです。

この日は、イカの墨入りスパゲッティ499円+ムール貝のガーリック焼き399円を注文。

まずムール貝のガーリック焼きが提供され、それほど時間がたたずにスパゲッティも提供されます。スパゲッティは、見た感じからも、とてもシンプルなもので、イカ墨をパスタに絡めてあり、わずかですがイカがトッピングされています。

その味わいは、とても満足という訳ではないのですが、値段を考えると、まずますというところでしょうか。意外なほどオリーブオイルの香りが強めです。量は、それほど多くなく、するりと食べられます。

ムール貝のガーリック焼きは、ムール貝の表面にかけられているタマネギとパセリを和えたソース?が香ばしく、そこにガーリックが効いています。お酒とかに合いそうな一品で、意外と好みな味わいでした。しかしムール貝の貝柱って、うまく取りにくいものですよね^^;

サイゼリヤさんは、とにかくコストパフォーマンスに優れていて、さくっと気軽に食べれるのがいいところですね。家族連れでにぎわっている理由も良く分かります。

↓イカの墨入りスパゲッティ
120405-1.JPG

↓パスタのアップ
120405-2.JPG

↓ムール貝のガーリック焼き
120405-3.JPG
posted by たぬき at 20:51| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

2012年04月03日

ピノッキオ(PINOCCHIO)@京都府京田辺市田辺中央

近鉄の新田辺駅を降りてすぐのところにあるパスタ屋さん「ピノッキオ」さんです。

お店は二階にあり、お店の前に少しだけ駐車場がありますが、狭い感じです。お店の外観は、それほど派手にイタリアンと分かるような雰囲気ではありませんが、店内はとても賑わっています。

店内は、テーブル席だけでなくカウンター席もあり、女性の一人客の方もおられたりしました。禁煙席より、喫煙席のほうが景色良さそうな感じがしましたが、全体的に雰囲気は明るくて良い感じです。お店の方の接客もハキハキとしており、心地よいものです。

この日は、ランチタイムに訪れましたが、ランチのセットメニューが3種類。「日替りランチ」850円(日替りのスパゲッティ+パン+ミニサラダ)、「セレクトランチ」950円(好きなスパゲッティ+パン+ミニサラダ+コーヒーor紅茶)、デザートランチ1250円(好きなスパゲッティ+パン+ミニサラダ+本日のデザート+コーヒーor紅茶)です。パンは、おかわり出来るようでした。

パスタのメニューも、ソースごとに5つくらいはあり、かなり豊富。ピザなどもありました。

この日は、メニューが豊富なので、迷うなぁと思ったのですが、本日のスパゲッティが「厚切りベーコンのアマトリチャーナ」だったので、それでいいかなと、日替りランチを注文しました。

まずパンと、サラダが運ばれてきます。パンは、バケットと黒糖パンで、温かくてなかなか意外と美味しくいただけました。ミニサラダのほうは、本当に簡易的なものです。

そして、登場したパスタ。きれいな澄んだ色合いのトマトソースに、かなり厚切りのベーコンとマッシュルームが添えられています。意外と見た目はシンプルだなぁと。

そしていただくと、まず驚くのが、スパゲッティの食感。ものすごーく、モチっとした感じで、最初に思ったのは讃岐うどんのようでもあり、ちょっと違う。コシというより、とにかく弾力がすごいのです。噛むのが楽しいパスタというのも不思議な感じですが、なかなか満足度の高いものでした。

トマトソースは、タマネギの味も効いているのかな?トマトらしい酸味が素直に生きていてあっさりと味わいやすいものです。

それと厚切りベーコンのボリューム感もなかなかよくて、トマトソースとの相性も良く、噛むとベーコンの旨みと吸い込んだトマトソースの旨みが混じり合い、ジュワっと口の中に美味しさが広がるのでした。

とても独特の食感が楽しいお店でした。駅からすぐなので、新田辺駅はたまに利用するので、また他のメニューも試してみたいと思います。

↓厚切りベーコンのアマトリチャーナ
120403-1.JPG

↓パスタ、ベーコンのアップ
120403-2.JPG

↓パン
120403-3.JPG

↓ミニサラダ
120403-4.JPG

↓ランチのセットメニュー
120403-5.JPG
posted by たぬき at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2012年04月02日

マラソン3月度練習&今後の予定

3月のマラソンに関する最大の出来事は、篠山マラソンで3時間20分台と予想以上に良い結果を残せたことでしょうか。ずいぶん長い怪我を乗り越えてのことでしたので、良かったと思っています。

それと、篠山マラソン後、1週間半は休み、軽い6kmジョグからトレーニングを再開し、順調だったのですが不思議と仕事中になんでもない動きをしているときに膝に痛みが走りました。おそらく疲労がたまっていたのでしょうね。

数年前、篠山マラソンの後、怪我をした際も、仕事中に階段を上っていたときに痛みが走りました。フルマラソンの後は、疲労がかなり蓄積しているのだと思います。。

ただ、もう何度も経験している膝の故障。以前なら、焦ってしまいましたが、のんびりと、筋トレ&軽いジョグで怪我を治していこうと思います。今のところ5kmくらいのジョグなら出来るようです。しばらく休み休みのトレーニングで、ぼちぼちやっていきます。そのため3月の走行距離は、かなり少なく89kmでした。

走行距離
2011年
4月 93km
5月 130km
6月 127km
7月 72km
8月 206km
9月 302km
10月 337km
11月 319km
12月 204km
2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km

今後ですが、4月に出場を予定していた「日吉ダムマラソン(ハーフ)」は所用のために出場不可となりました。膝の痛みもあり、ちょうどいいので今シーズンは、これで大会出場は終了し、来シーズンに向けて怪我の治療とリハビリに取り組みたいと思います。
posted by たぬき at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン練習